鉄道コム

2011/8/31  6:34

大井川鉄道:モハ1906(元小田急デハ1906)  列車・車輌カタログ(私鉄)
おはようございます。
今日で8月も終わり。別に学生じゃないんで夏休みがどうのと言うことではありませんが、今年は不毛な夏休みばかり取得してしまい、後悔というか、自分に嫌気が差しています。

今日もネタがありませんので古いところから。しかも大井川鉄道。ブログを始めて4年半ですが、あまりネタにしたことがない分野です。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年11月29日 モハ1906 大井川鉄道 千頭駅にて

硬調な画像なので大きくなるようにしておきました。
この時が初めての大井川鉄道訪問だったと思います。しかも何故か九州からの帰り道。「みずほ」に乗ってきたかな?
なんとも古めかしい旧型電車は、元小田急電鉄のデハ1906。相方となる北陸鉄道の6000形が電圧の関係で自走するための改造が出来ず、この1906が牽引していました。
当時は関心なくただ撮っていた写真ですが、こんな17mの電車が小田急を走っていたなんて、今となってはとても信じられません。
相方の6000形の写真も見つかりましたので、また後日アップいたします。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2011/8/30  2:01

「ぶらり途中下車の旅」のナレーション 滝口順平さん死去  
先日、「ぶらり途中下車の旅」を見ていて「声が違うね、どうしたんだろう」と女房と話をしていたばかりだったんです。

【訃報】ドクロベエの声、滝口順平さん死去


80歳だそうです。
普通のサラリーマンならとっくに引退しているご年齢。頑張りましたね。

滝口順平さんと言えば、私的にはなんと言っても「トクロベエ」でしょう。
今の若い人たちにも知られるスペシャリストですね。

ご冥福をお祈りいたします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
0

2011/8/30  0:10

昭和59年 紀勢本線の113系  その他電車
こんばんわ。

8月ももう直ぐ終わりですね。早いもんです。
一昨日、夕方の3057レの撮影に出て、かなり暗くなってきていることに実感しました。
このところあまり撮影意欲が湧かなくて、っていうか、何もする気力がないんです。


ネタがないので今日も昭和ネタから、紀勢本線を走っていた関西色の113系です。

※撮影は、昭和59年7月6日です。


クリックすると元のサイズで表示します
周参見〜見老津間にて


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
白浜〜朝来間にて

下の写真はどちらかが阪和色で、もう一方が関西色だったと記憶していますが、モノクロの印象がどちらも変わらないので分からなくなってしまいました。
この頃はモノクロを多用したので、こういう写真こそはきちんとカラーで使い分けるべきだったなと思います。

電化からかなり年数が経っていますので、急行「きのくに」を除いて電車化されていましたが、EF58牽引の客車列車が残っていたのは印象的です。おそらく、荷物輸送の需要がまだあったのでしょうね。

EF5866(最期の大窓ヒサシ車)
EF58149・170(竜華のゴハチ)


にほんブログ村 鉄道ブログ JR(・国鉄)へ
にほんブログ村
0

2011/8/29  9:09

2011/08/28 久し振りにEast i-E  写真撮影
おはようございます。

昨日は天気が良かったですね。そんなんでちょっと出掛けてきました。

現地ではスノ・ラビさんがスタンバイ済み。


クリックすると元のサイズで表示します
クモヤE491 試9290M

久し振りのイーストアイ。今日は京浜東北線の検測です。前列車に接近し過ぎ。


クリックすると元のサイズで表示します
EH500−39 3054レ

39号機・・・もうおなかいっぱい・・・


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
クモヤE491 試9491M

イーストアイの返し。後向きも撮りましたが、車体の白を拾ってしまって撃沈。


クリックすると元のサイズで表示します
EF510−513 安中貨物

安中貨物も久し振りです。カムバックEF81!


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

もう直ぐ交代か?な状態なので、タキ師匠も撮ってみました。


クリックすると元のサイズで表示します
EF641047 2073レ

運用が差し変わった?広島更新色。これも久し振りだぁ。
ここで一旦撤収。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
EH500−58 3057レ

床屋に行く前にちょっと寄り道(完全に反対方向!)
2回目のご対面である58号機。しかし、例の下半分のピントが合わない現象にやられた!

まあ、午後からの割には撮った方。陽が差したり陰ったり忙しかったです。
地元メンバーは浦電の辺りに居たそうな・・・。

今回は久し振りのご対面が多かったです。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR(・国鉄)へ
0

2011/8/28  2:37

昭和59年 「ブルートレイン&とちぎ博の旅」  EF58のアルバム
こんばんわ。

昨日の記事、「一昨日の豪雨で浸水」と書いたことに対し、親戚からご心配のコールがありました。
話によると、付近の道路は膝下くらいの洪水状態となり、エンストで止まってしまった自動車が多数出たと言うこと。
しかし、我が家は昔からの洪水に対応するため盛土がしてありますので、まったく問題はございません。ご心配お掛けしてすみません。

さて、今日は更新が遅くなってしまったので1枚ネタです。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和59年9月16日? 与野駅にて EF5889牽引 団体列車「ブルートレイン&とちぎ博の旅」

昭和59年に宇都宮市で開催された「とちぎ博」。私はその内容について全く記憶がありませんが、かなり盛況な内容で、多額の黒字が出たイベントらしいです。
そんな「とちぎ博」関連で、このイベント列車が走ることは知っていました。もちろん、局報を見ていたからです。

ただ残念なことに、この列車が走る日は泊まり番。まして返しの通過時間は日没後です。撮ることができる筈がないのですが、2つ偶然が重なって撮ることができました。
一つは通過が休憩時間であったこと。しかもホームの事務室での休憩時間ですから、パッと撮ってサッと引っ込めるんです。
二つ目は、直近の撮影で夜間のEF58牽引工臨を撮影した際に使用したASA1000のフィルムが入っていたこと。多分、1/125秒くらいで撮影していますが、横走りフォーカルプレーンなのでブレづらかったんでしょう。

ただし、画質性能的にはどうにもならないですね。粒子が粗いのなんの。それでも、当時の技術として夜の電気の光の中で走行写真を撮るなんて不可能でしたから、写っているというだけで脅威でしたね。

ただの記録と言う意味だけの写真ではありますが、茶色の89が24系25型のブルートレインを牽いた数少ない貴重なシーンであることには違いありません。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR(・国鉄)へ
0

2011/8/27  6:16

485系「ひばり」:総集編(その9) ボンネット型終焉  特急型電車(直流)
おはようございます。

昨日はすごい雨と雷でしたね。
女房によると、我が家の近所の道路(合流式下水道完備)も膝下くらいまで冠水し、市内でも床上・床下浸水の被害が出たようです。このような水害はここ数年でも見たことがなかったです。

そして、昨日の説明会の合間に一服していたところ、目の前の公園に落ちる雷を見てしまいました。落雷といっても通常は平面でしか見ることが出来ませんが、高層の建物から3Dで見下ろす公園に落ちてきた雷は凄まじい迫力でした、ガラスが分厚いので音はかなり抑えられてしまいますが、外に居たら耳が裂けるほどだったことでしょう。建物の中に居る安心感は大きいですね。


このところの天気の悪さで撮影ネタも殆どありませんので、今日も昭和の写真です。
過去ログで数々のご紹介をしておりますが、地元で一番メジャーな特急「ひばり」です。
クハのボンネット型もこれが最後です。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年6月22日 貝田〜越河間にて


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年6月22日 金谷川駅構内にて


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年5月 栗橋〜古河間にて

最後の写真だけ画像が大きくなるようにしました。
やはりボンネット型はカッコいいですねぇ。洗練されたスタイル。しかも文字マークだからなおさらイイ!
昔は青森から鹿児島までの電化区間でどこでも見られたボンネット型ですが、先般の489系が廃車され、完全に消滅となってしまいました。当たり前だった時代が懐かしいです。

  ・485系「ひばり」:総集編(その1)クハ ボンネット型

  ・485系「ひばり」:総集編(その2) 貫通型

  ・485系「ひばり」:総集編(その3) 続ボンネット型

  ・485系「ひばり」:総集編(その4) 非貫通型T

  ・485系「ひばり」:総集編(その5) 非貫通型U

  ・485系「ひばり」:総集編(その6) クハ481-1500番代

  ・485系「ひばり」:総集編(その7) 非貫通型V

  ・さようならの風景:昭和57年11月 「ひばり」よ!永遠に・・・

  ・485系「ひばり」:総集編(その8) 冬っぽいボンネット型

  ・上野駅 食堂車サシ481:特急「ひばり」


にほんブログ村 鉄道ブログ JR(・国鉄)へ
1

2011/8/26  0:25

キハ181系「おき」 :総集編(その3完)  特急型気動車
こんばんわ。

今日はまた滅法蒸し暑かったですね。外回りが厳しいですが、今月は昨日が最後でした。
このところ外回りでは良い路線或いは時間帯に恵まれず、全然写真を撮れませんでした。
そんな状況ですので、今日も古いネタから久し振りに特急「おき」の総集編です。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和58年5月15日 篠目〜仁保間にて


クリックすると元のサイズで表示します
昭和58年5月15日 仁保〜篠目間にて


クリックすると元のサイズで表示します
昭和59年8月18日 撮影場所忘れた


クリックすると元のサイズで表示します
昭和59年8月18日 仁保〜宮野間にて

いずれも文字マーク時代、新緑〜夏っぽい写真です。
すべてSL「やまぐち」の待ち時間の待ち時間に撮影したものですが、先般、このキハ181系もとうとう絶滅してしまいました。

北海道のキハ183系ですら絶滅危惧種になってしまった現代、準国鉄な気動車もキハ40系を残すのみとなってしまいそうです。

この回をもってキハ181系特急「おき」は終了です。

キハ181系「おき」 :総集編(その1)

キハ181系「おき」 :総集編(その2)


にほんブログ村 鉄道ブログ JR(・国鉄)へ
1

2011/8/25  7:37

コメントに呆れる  
おはようございます。

あまりのアクセス数に更新する気力が出ません。
それに追い討ちをかけるようなコメント。

ここではないのですがYouTubeへの投稿コメです。

モノはシキ611なんですけど。


「この箱の中には何が入っているのですか?」

「中に何が入っていると言われても困るんですが・・・この箱そのものが変圧器です。」

次の日・・・

「変圧器ってなんですか?」













まさか大人じゃないだろうな?

相手がどんな人か分からないからなんとも言えないが、とにかく疲れる。

そんなんで今日は鉄ネタお休みです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2011/8/24  6:51

久し振りのいすゞジャーニー:国際興業バス  バスの写真館
おはようございます。

先日、撮影の合間に蕨駅前に行きましたら、久し振りにいすゞジャーニーに会いました。


クリックすると元のサイズで表示します
平成23年8月20日 蕨駅西口ロータリーにて いすゞジャーニー 2074

この間、川口駅にて京浜東北線の窓からチラッと見えたので、まだ全滅はしていないんだと思っていたのですが、蕨駅で見るのは本当に久し振りです。
5年位前まではいすゞキュービックと2大勢力となっていた同車も、すっかり見掛けなくなりました。
蕨駅前は、既にいすゞエルガで埋め尽くされています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2011/8/23  1:00

飯田線 旧型国電:クモハユニ64  旧型国電
こんばんわ。

この時間も霧雨が降っています。
関東は晴れることになっているんですが、どうでしょうか?外回りなので、雨は勘弁してもらいたいです。

さて、今日は近々ネタがないので、久し振りに旧型国電を引っ張り出しました。
飯田線の中でも後期では珍車中の珍車であるクモハユニ64です。


モハユニ61として誕生した郵便・荷物・客車の合造車。計3両が誕生しますが、折りしも第二次世界大戦の物資不足によりモーターを搭載することが出来ず、モハユニを名乗りながら「クハユニ」としての人生を歩みます。

戦後も物資不足が祟り、3両中の2両は電装化されないまま正式にクハユニとなり、クハユニ56010番代として最後まで人生を送ることになります。

一方、残された1両は幸運にも電装化されることになり、モハユニ61として本来の姿でありながら特異な道を歩むことになります。

昭和34年の称号改正によりクモハユニ44100番代に編入されますが、昭和36年に後位に運転台を増設、その際にクモハユニ64の唯1両の称号が与えられます。
大糸線などで活躍しましたが、晩年は飯田線に転入。転入時はぶどう色2号の塗装で異彩を放っていましたが、スカ色に改められています。



クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年11月22日 東上〜江島間にて


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年11月23日 不明


クリックすると元のサイズで表示します
昭和58年4月17日 向市場〜城西間にて


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
昭和58年6月28日 田切駅にて

唯1両の特殊な車両の割りに、出逢う機会は多かったようです。
戦争の混乱の中で数奇な運命を辿ることになってしまったモハユニ61ですが、最後は兄弟のクハユニ56010番代と飯田線で再会し、晩年を3兄弟で共に生き抜くことができました。


にほんブログ村 鉄道ブログ JR(・国鉄)へ
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ