鉄道コム

2011/8/3  1:30

現状で関東最古の地下鉄乗入車両:北総鉄道7260形  列車・車輌カタログ(私鉄)
こんばんわ。

なんだそうです。

以前から気にはなっていたのですが、撮影をすることが出来ませんでした。
一昨日、現場に向かう途中にすれ違い、「あ〜、あれ撮りたいなぁ」とは思っていたのですが、1編成しかない代物、そう簡単にはいきません。

午前中の現場から午後の現場絵向かう途中、いきなりチャンスがやって来ちゃいます。
乗り換えのために立会川駅で急行から降りると、反対側のホームになんと停まっていたのです。タイミングの関係で後部しか撮れませんでしたけど。


クリックすると元のサイズで表示します
平成23年8月1日 京浜急行電鉄 立会川駅にて 北総鉄道7260形

7260形は、元京成電鉄の3300形です。リースという形で北総鉄道が使用しています。以前から1編成或いは2編成をリースしており、老朽化交代の度にお古が更新されていきます。
京成電鉄の3300形は昭和43年から登場した車両です。元祖の3300形は淘汰が進みつつある車両で、京急及び都営浅草線に乗り入れることが出来ますが、既に一線から退いてしまい、4両編成の固定でローカルな運用のみとなってしまいました。
一方、北総にリースされている7260形は未だに8両編成として京急への直通運転を行っており、本家よりも広く運用されています。

現役では一番古いと思われた東京メトロの6000系が昭和43年生まれですが、試作ハイフン車は北綾瀬支線に封じ込めとなっており、試作2号である6001が昭和44年の誕生であることから、現時点において関東最古の地下鉄乗入車両ということになるわけですね。

そう考えれば、京成電鉄の3300形を含め、この北総鉄道がリースしている7260形もいつなくなってもおかしくないと言うことですね。

とりあえず、タナボタでも撮影することが出来て良かったです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
にほんブログ村
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ