鉄道コム

2011/8/9  6:45

EF66:昭和時代の勇姿  国鉄・JR機関車(直流型)
おはようございます。
昨夜は更新できずに寝てしまいましたので、今日は出勤前の編集です。

久し振りになりますが、過去何度かに分けてアップいたしました、EF66の現役バリバリの頃の勇姿です。
それなりの力強さを強調するため、写真は大きくなるようにしておきます。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年10月4日 瀬野〜八本松間にて EF6631

画像が不鮮明なのですが、緊締装置が4つに見えるので、コキ10000系の編成でしょうか。残念ながら殆ど空状態ですね。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和58年5月15日 瀬野〜八本松間にて EF6623

こちらは一般貨物を牽く23号機。ワム80000が中心の組成ですが、ヨ5000が連結されている点で59・2大合理化前の良き時代を感じさせます。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和58年5月15日 瀬野〜八本松間にて EF6629
 
こちらは29号機が牽引するやはり一般貨物列車です。
次位にレサ10000が連結されており、工場回送かな?と思っていたのですが、さらにレム5000も続いているので積荷があるのでしょうか?その後ろにはワラ1?がズラズラとつながり、さらに続く形式不明のタンク車も今となっては興味をそそります。

この頃はまだ現像を自分でしていた名残でモノクロが中心でした。
これらの写真もカラーで撮っていたら、かなり時代の再現性が違っていたかもしれません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ