鉄道コム

2012/3/23  7:03

勤続25年旅行その12:キハ40系2連 津軽線  気動車(急行・その他)
おはようございます。

昨夜はパソコンの動きがあまりにも遅かったため、待ちきれずに寝てしまいました。
時間が無いので1枚だけ。


クリックすると元のサイズで表示します
平成24年3月11日 青森駅にて 津軽線 345D キハ40 2連

遅い時間に感じますが、写真の時点で19:45です。
日曜日なので、通勤客の動きが全く無いため、ローカル然とした感じになっているようです。
津軽線も改正以降、単行になってしまった?ような話を聞いています。本来ならラッシュに該当する時間。今はどうなったでしょうか?


十和田観光電鉄の詳細記事第2弾をアップいたしました。

惜別:十和田観光電鉄(保存車両編)

惜別:十和田観光電鉄(施設編)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2012/3/22  1:58

勤続25年旅行その11:キハ100系 快速「しもきた」  気動車(急行・その他)
こんばんわ。

今日はメチャクチャ眠いので、ちょいネタでご勘弁。
まあ、続きなんですけど。


快速「しもきた」は、青森駅から青い森鉄道野辺地を経由し、大湊線の終着大湊駅を結ぶ列車です。
東北本線が新幹線開業により青い森鉄道となったことで、大湊線や八戸線までが孤立したJR線となり、なんとも複雑な気持ちになります。


クリックすると元のサイズで表示します
平成24年3月11日 青森駅にて キハ100−21 3534D 快速「しもきた」

初日、ちょうど青森駅に到着した際に遭遇しました。
ちゃんと愛称も表示されていて、撮り甲斐のある列車です。
それにしても、単行とはさびしい。キハ100が検査時はキハ40系が使用されることもあるらしいです。


クリックすると元のサイズで表示します
平成24年3月13日 青森駅にて キハ100−204 3534D 快速「しもきた」

撮影最終日、時間があったので駅をぶらつきに行ったらまた逢いました。
反対側から撮るとバックにハープ橋が写せることが分かったので、1両でまとまりも良いことだし、ちょっと凝ってみました。

考えてみれば、キハ100系って全然撮ったことがないような気がします。
ちなみに、0番代は64両を製造、200番代はたった5両のみ。
0番代がプラグドアなのに対し、200番代は引き戸化されているということです。

折りしも2回のみ逢うことが出来た中で、2種類の番代に遭遇できたのはラッキーでした。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2012/3/21  0:20

勤続25年旅行その10:初めての789系「スーパー白鳥」とスーパーでない「白鳥」  特急型電車(交直流・交流)
こんばんわ。

青森から帰ってきて早くも1週間となってしまいました。ほんと、1週間なんて早いもんです。
分割で青森編をご紹介しておりますが、10回目になってしまいました。実はまだ半分くらいかも。また、別立てで『惜別:十和田観光電鉄(施設編)』もアップしておりますので是非ご覧下さい。

現在の青森と言えば、個人的な感情を除くとやはり海峡線の「スーパー白鳥」ではないかと思います。「はつかり」時代を知るものとしてはかなり違和感があるわけですが、ここは現実として受け止めることにいたしましょう。
青森駅時点で言うと1時間に1本くらい設定されているのですが、現在は新青森からの列車がスイッチバックの如く出入りし、さらに上下線とも発着するわけですから、なんか常に駅に789系が居るようなイメージがありました。

私自身はこの車両も初めての出会いですが、初日に青森〜新青森間をデッキ乗車しましたので、取り敢えずはクリアという感じです。


クリックすると元のサイズで表示します
平成24年3月11日 青森駅にて 「スーパー白鳥25号」


クリックすると元のサイズで表示します
平成24年3月11日 青森駅にて 「スーパー白鳥31号」


クリックすると元のサイズで表示します
平成24年3月12日 青森〜油川間にて 「スーパー白鳥25号」


「スーパー白鳥」にはJR北海道の789系、「白鳥」にはJR東日本の485系3000番代が使用されており、列車名によって車種は統一されていますが、時折り代走があるようです。

青森車両センターで写真を撮っていたところ、地元のファンに会いました。
なんでも、789系を使用したスーパーじゃない「白鳥」が間もなく来るということです。
そこで、便乗して撮影することにしました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
平成24年3月13日 青森〜油川間にて 789系 「白鳥28号」

こちらが青森車両センター脇を行く海峡線で撮影したスーパーじゃない「白鳥」。
遠目には区別が付きません。


クリックすると元のサイズで表示します
平成24年3月13日 青森駅にて 789系 「白鳥23号」

こちらは暇つぶしに入った駅で偶然に捉えた返しのスーパーじゃない「白鳥」。


クリックすると元のサイズで表示します

ヘッドマークのアップ写真です。赤の「Super」が無いだけなんですけど。
これが貴重なんです。


クリックすると元のサイズで表示します
平成24年3月13日 青森駅にて モハ789−200

中間に簡易運転台が付いた車両。

結果的に485系の「白鳥」が撮れなかったのは残念でした。
さらに、初日の「日本海」のバルブ待機中、増結用の785系300番代も来たのですが、場所取りの関係で動くことができずに撮影は断念。翌日からは増結が解除されてしまったため、会うことができませんでした。ちょっと課題を残してしまいました。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2012/3/20  22:14

2012/03/18 下り「カシオペア」&貨物列車  写真撮影
こんばんわ。

順番が詰まっているので今日はもう1本

※撮影は、平成24年3月18日です。


クリックすると元のサイズで表示します
EF510−505 安中貨物

新ダイヤでも田端経由で残りましたね。カマ交換とかの必要性があるのかな?


クリックすると元のサイズで表示します
EF641040 3071レ

せっかくの原色も単機・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
EF641038 2073レ

こちらは淡々と。


クリックすると元のサイズで表示します
EF510−509 下り「カシオペア」

正調「カシオペア」。もちろん、今日の上りも確保しました。

ワラニシさんに貨物時刻表をお渡しするついでに撮影したものですが、その貨物時刻表が大変なことになっています。
簡単に言うと落丁だらけ。私も最初に見た時点で気が付いていたのですが、地図及び本文に掲載されているページ案内が全くデタラメ。というか、昨年のままいじらないで印刷してしまったみたい。誰も気が付かないなんて、ちょっと緊張感が無さ過ぎますね。

交換するといっていますが、回収するのにも経費が掛かりますし、どう出てくるでしょうか?
ワラニシさん、一応捨てないでとっておいてね!


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2012/3/20  17:12

十和田観光記事について  マル鉄アーカイブズ
こんにちわ。

十和田観光電鉄の詳細な記事を『マル鉄・鉄道写真館』でアップいたしましたのでご案内いたします!


平成24年3月20日 アップ 惜別:十和田観光電鉄(施設編)


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2012/3/20  13:17

勤続25年旅行その9:青森港にて  その他乗り物写真館
こんにちわ。

またサーバートラブルで更新できませんでした。
こんどはアタマにきて直接クレーム出しました。対応がいい加減で腹が立ちます。

遅い更新になってしましましたが、青森編の続きです。


撮影の合間、時間つぶしとお散歩がてら、青森港に寄ってきました。
青函連絡船がなくなってからは着地していないので、24年振りということになるでしょうか。


クリックすると元のサイズで表示します
平成24年3月11日 八甲田丸

おっと明る過ぎた!


クリックすると元のサイズで表示します

実際にはこれくらいで良いかな。
メモリアルシップとして今でも置かれている八甲田丸。

先般ご紹介いたしました『どうなる?元青函連絡船「羊蹄丸」』で、どうも情報では四国に運ばれて解体処分になってしまうようです。

こちらの八甲田丸は外観も大変きれいです。
夜の八甲田丸は撮ってみたかったんですが、さすがに21時も回ると極寒です。


クリックすると元のサイズで表示します
平成24年3月13日

青森駅脇で休憩スペースとして使われているキハ56・キハ27ですが、冬季は閉鎖のようです。しかし、積もってますね。埋もれているという感じ。痛みもかなり激しそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
ヨ4493

こちらも然り。


クリックすると元のサイズで表示します

かつては対岸側から青函連絡船を撮影しました。


クリックすると元のサイズで表示します
海上保安庁「おいらせ」

初日にはいなかったですが、ここは通常の係留場所なのでしょうかね?


クリックすると元のサイズで表示します

最後に昼間の八甲田丸。

懐かしいです。青函連絡船。
かつて5往復も乗ったんですけどね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2012/3/19  6:03

勤続25年旅行その8:急行「はまなす」もバルブる  客車 列車・車両(ブルトレ以外)
おはようございます。
1週間振りに仕事です。いやいや、良く休みました。仕事すっかりアタマから飛んでいます。大丈夫かな?

今回の青森はさよなら色一色な撮影になってしまいますが、せっかくここまで来てそれは勿体無い。
予てから撮りたかった急行「はまなす」も撮っておかにゃ。って訳で、22時過ぎにまたもや青森駅で応戦します。まだこの時間でも熱心なテツたちが集まっています。

※撮影は、平成24年3月11日です。


クリックすると元のサイズで表示します
DE101122

青森センターからDE10が逆向きで牽引してきます。22時15分。乗客は少ないですね。この日は所定の編成です。


クリックすると元のサイズで表示します
スハフ14501 テールマーク

急行「はまなす」のテールマーク。撮影するのはもちろん初めて。
ストロボを使えばきれいに写せますが、明暗差を出すのは難しい暗さ。画像を加工してなんとか14系客車の2本線を導き出しました。


クリックすると元のサイズで表示します
ED795牽引 急行「はまなす」

バルブ開始です。3列車目なので大分慣れましたかね。「日本海」ほどテツは居なかったので、やや余裕も出ましたが、相変わらず熱心なテツもいます。
北海道へは、過去に直通「はつかり」やこの急行「はまなす」も利用しましたが、時間帯の悪さもあり、撮影したことはありませんでした。あの頃はヘッドマークも無かったかな。
まして、快速「海峡」も乗ったことがなかったので、ED79自体の写真も初めてです。


クリックすると元のサイズで表示します

連結部の写真ですが、逆側にもヘッドマークが付いています。函館から上りを牽引してくるんでしょうね。そう言えば、「日本海」も両側に付いてました。


クリックすると元のサイズで表示します
カーペットカー

窓が特殊な形態のカーペットカーも。
私が乗ったとき、最初はモノクラス、2回目はB寝台が付いたくらいで、ドリームカーやカーペットカーなどというアイテムはありませんでした。

季節がこの時期だけに、走行写真が撮れないのが残念です。
翌日の撮影も早いのに、1日で早朝からこの時間までの活動は結構キツかったです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2012/3/18  20:54

2012改正前日の貨物列車  写真撮影
こんばんわ。

青森ネタはまた中断いたしまして、ダイヤ改正前日となる平成24年3月16日に撮影した貨物列車などの写真をアップいたします。
ワム疎開回送のガセに踊らされてしまったくやしさがありますが、まあ、普段撮ることの出来ない貨物列車もありますんで、それはそれで。


クリックすると元のサイズで表示します
185系「草津3号」

14連「草津」もなくなってしまいましたなぁ。まあ、実際これは長過ぎるって。
危なくカブって来ました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
EF641046+EF651119 配6794レ

何とか間に合いました。
PF1119が牽引しているような情報だったんですが、次ムだったんですね。


クリックすると元のサイズで表示します
EF210−122 5683レ


クリックすると元のサイズで表示します
EF641038 配8592レ

見慣れた列車もここで撮ると新鮮に見える。


クリックすると元のサイズで表示します
EF651079 3066レ

思わぬところで原色が。
この辺りでガセと諦め撤収。PF廃車回送を捕獲するために西浦和へ。


クリックすると元のサイズで表示します
EF641017 8076レ

内回りは順光で撮れて良いですね。


クリックすると元のサイズで表示します
EH200−16 2080レ

ホーム通過は良くない!


クリックすると元のサイズで表示します
EF651079 98レ

また原色?と思ったら同じカマだった。しかもビーム影ど〜〜〜ん!


クリックすると元のサイズで表示します
209系500番代

行先表示が全く見えない・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
EF210−164 4093レ

いよいよ来たか!と思ったら違った。


クリックすると元のサイズで表示します
ガレキコンテナ 4093レ

最後部に1両フル積載のガレキコンテナ発見。

この後続行で『廃車回送 EF651055&EF651064が帰らぬ旅に・・・』が来ました。

この後、改正前日の東武鉄道業平橋駅へ行き、改正前の〆といたしました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2012/3/18  1:18

勤続25年旅行その7:苦労の弘南鉄道  列車・車輌カタログ(私鉄)
こんばんわ。

青森編の続きです。

雪中撮影の後、電車に乗って峠を越え、弘前へと向います。
もしかしたら・・・と淡い期待を持っていたのですが、見事に打ち砕かれました。
弘前はさほど雪は降っていませんでした。

※撮影は、平成24年3月12日です。


クリックすると元のサイズで表示します
弘前駅にて 弘南鉄道 弘南線

ここも東急かぁ〜って感じです。この車両、人気があったんですね。(鉄道事業者に)

お昼前後は1時間に1本。待っていられないのでこれにて終了。

撮影していると満足の行く食事をする時間がないので、小刻みにパン食ったりしているもので、とにかく腹が減るんですよ。パンばかりなので、あったかい麺類が喰いたい。
弘前駅は立派な駅ビルの橋上となっており、運良く立ち食い(というか、ちゃんと着席)がありましたので、そばかうどんか迷ったのですが、やはりうどんにしてみました・・・これが失敗。めちゃくちゃ不味かった。普通の茹で麺ではなく、乾麺を茹でたような感じの麺。
普段、家でうどんを食べる時には乾麺を使うので、キライなわけではありません。茹で加減が悪いんだろうね。コシが全く無く、まるでにゅうめんみたいな感じ。ようは茹で過ぎたうどん。

ここでケチが付いたか、大鰐線への案内図を記憶したアタマの中が狂ってしまったみたい。
記憶を頼りに歩くものの、全く駅に行き当たらなくなってしまいました。結局1時間近く歩いたのですがどうにもならず、また弘前駅に戻ってきました。
また地図を見に行ったら、肝心なところで逆方向に行ってしまったらしい。
再出発したのですが、、またも不安に。思ったより時間が掛かり過ぎる。
そしてようやく駅を見つけたのですが、なんとも分かりづらいところ、こんな裏路地みたいなところにあるんですね。
しかも、街中の周辺地図からもシカトされてしまっているんで、その存在すら素人には分からない。
完全に地元から無視されている感じすらします。


クリックすると元のサイズで表示します
中央弘前駅

ですか・・・。
確かに、家が沢山あるような場所ですが、人通りは少ないです。しかもこんな外観。でかい駅名が無かったら素通りしてしまいそうでした。

1時間以上もロスしてしまったので、かなり厳しくなってしまいましたが、1時間に1本しかない列車、待つしかありません。
一服して、記念に入場券かって、完全な乗り鉄ですね。同じような輩がもう一人居ました。


クリックすると元のサイズで表示します
中央弘前駅

ここも東急です。車内は仕切りの無い座席だったのが印象的。


クリックすると元のサイズで表示します

ワンマンですが、何故か女性車掌のような方が乗っています。ドアは1箇所しか開閉させず、このおねぇちゃんが右に左に行ってドアを開け閉めしています。
運賃はあくまでも運転手が取り扱っており、最近流行のガイドかもしれません。
髪の長い、カッコイイ感じの女性でした。


クリックすると元のサイズで表示します
7031 聖愛高校仕様

青帯のヤツもいるんですね。とっさだったもので、ガラス越しからの撮影。
途中の車庫で6000形も見たんですが、停車位置が悪く、写真に撮れませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します

終点の大鰐駅へ到着、なんとか顔写真を撮ってみようと試みるも、カメラを意識してしまったのか、なかなか顔を上げてくれなくて。でも、降りる時はきちんと目を見て、笑顔で挨拶してくれました。
本当は頼んで写真を撮らせてもらおうと思ったのですが、JRの接続がかなり迫っていたので、そこまで出来ませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
大鰐駅にて 跨線橋から

クリックすると元のサイズで表示します
JRホームから

クリックすると元のサイズで表示します
大鰐駅にて 大鰐駅にて ED221+キ105

やっぱり今日はお休みでしたね。
30年前と電車は変わってしまいましたが、このコンビはしっかり生きていました。


クリックすると元のサイズで表示します
大鰐駅駅舎

弘南鉄道の駅舎は、弘南のホームがある側がメインで、JR側は無人になっています。
面白いことに、中に入ると跨線橋はJRと共用なので、どちらからでも入れてしまいます。
まして、JRは「大鰐温泉」駅、弘南は「大鰐」駅で、JRが駅名を改称してしまったため、両社で駅名が違ってしまったのです。でも、駅構内の通路は共用。なんとも滑稽です。

一服する間もなくJRの下り列車が到着。慌ててタバコを消し、ホームに駆け込みます。
30年前に急行「津軽」の車窓から見た景色。初めて足を下ろしました。

下校時間のラッシュに揉まれ、青森駅へと戻ります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
2

2012/3/17  15:30

勤続25年旅行その6:雪中の「日本海」「あけぼの」  写真撮影
こんにちわ。

今日は本格的な雨なんで、まったりとした時間を過ごしてます。
ダイヤ改正関連でアタフタ状態でしたから、良い休養?状態です。

ネタが詰まっているので続編を。

※撮影は、平成24年3月12日、奥羽本線 鶴ヶ坂〜津軽新城間にて。


青森からも大変至近な撮影地である、津軽新城に行ってみました。
前日の天気では、青森地方は大荒れのようでしたが、早朝に現地に到着、撮影地まで歩いても雪は降っておらず、特に風も強くなく、比較的安定している状態でした。


クリックすると元のサイズで表示します
701系 629M

駅から20分強くらいでしょうか、着いた時は1人の先着のみでしたが、時間が経つごとに人数が増えました。
最終的には10人近くなりましたか。
道路橋に着いた頃にはかなり風が出てきており、雪も段々と吹き付けてくるようになりました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
EF81106牽引 下り「日本海」

今日もローズピンクの106号機。
雪が若干の障害となり、ピンの合いが悪くなってしまいました。ヘッドマークが見えるだけでもマシと思うしかないでしょう。
「日本海」のみを撮影する人たちが立ち去り、地元の人を含めて4人だけ残りました。
この頃から雪は絶好調、吹雪状態になります。


クリックすると元のサイズで表示します
EF510−5牽引 4094レ

赤いゴトーさんも関東では見られないので新鮮です。
しかし、風上に向っての撮影は非常に厳しいです。


クリックすると元のサイズで表示します
701系 639M

「日本海」の時とは比べ物にならないほど雪が強くなってしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します
キハ40 快速「深浦」

昔に比べ、気動車の普通列車が減りましたね。殆どが701系電車で、スピードも半端ではなく飛ばします。
そうした中で、キハ40系の快速列車も貴重な存在です。


クリックすると元のサイズで表示します
EF81137牽引 下り「あけぼの」

この時点でまだ9:40です。1日が始まったばかりの時間ですが、これにて撤収することになります。
こんなに激しい吹雪になってしまい、とてものんびりしていられません。何せ、オートフォーカスも全く利かない状態で、マニュアルにしてなんとか、ナンバーすら見取れないほどの降りです。

駅までの帰り道、現地の人たちと別れて2人で帰ってきたのですが、遭難するんじゃないかというほどの困難な道程でした。向かい風だからなおさら。
津軽新城駅近くの踏み切りで、ローズピンクのEF81がコンテナを牽いて通過して行きました。カメラを出す気力はありません。

かなりハードな撮影になってしまいました(笑)。
でも、1日が始まったばかり。これで宿に帰る訳には行きませんから、峠を越えて足を伸ばしてみることになります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
私が雪ダルマになってどうするよ!
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ