鉄道コム

2012/3/27  0:16

勤続25年旅行その16:初青森車両センター  写真撮影
こんばんわ。

またまた続きです。

撮影最終日、「あけぼの」を撮って早々に予定が終わってしまうのもなんなんで、本来は海峡線への撮影に望む予定でいたものの、貨物ダイヤの乱れと不安な雲行きの為キャンセル。
青森車両センターが新青森から近そうなので、徒歩で行ってみることにしました・・・思ったより全然遠かった。

※撮影は、平成24年3月13日です。


クリックすると元のサイズで表示します

まず最初に発見したのは211系の疎開車両。快速アクティーの方向幕が悲しい。


クリックすると元のサイズで表示します

新幹線新青森開業で運用を離脱し、4両化されて復帰したE751系ですが、余剰となった中間車が雪に埋もれていました。定期の「つがる」を見ましたが、乗車率はかなり悪いですし、このまま余剰となってしまうのは勿体無いですね。かといって、交流区間のみの転用先もちょっと見当たらないですし・・・。


クリックすると元のサイズで表示します

保留車か?と喜んで近寄るも、EF81136がお休みしていただけでした。


クリックすると元のサイズで表示します

DE101109。この日はお客さんも来ていたようで。


クリックすると元のサイズで表示します

DE101761。客車が無くなり、希少になりつつある入換機。
地方だからこそなおさら、逢ったら押さえておきたいアイテムです。


クリックすると元のサイズで表示します

ED7910「はまなす」。パンタグラフは下りていますが、エンジンは掛かったままです。
なんとかキレイに撮りたかったのですが、遠いし、構内の架線がうるさくて・・・。

それなりに撮影は出来ましたが、3時間以上も掛けた割には密度が無かったです。
昔は在来特急車両や旧型客車で一杯だったんでしょうけど、今は「夢のあと」と言った状態です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ