鉄道コム

2012/6/1  1:04

こんなヤツが居るんだ・・・  写真無しの情報など
こんばんわ。

パソコンの動きがあまりにも悪くて、更新をする気力がなくなってしまいました。

ニュースチェックをしていたら、こんな記事を見つけました。

飲酒事故の教頭、2次会へ…電話報告の校長合流- 読売新聞(2012年5月31日22時08分)

 高知県教委は31日、飲酒運転で物損事故を起こし、警察への通報が2日後だったとして、四万十町立興津小学校の浜田吉史教頭(54)を同日付で懲戒免職、事故の報告を受けていた北岡義彦校長(52)を減給10分の1(6か月)にしたと発表した。

 発表によると、2人は5月11日夕、同校近くでPTAの歓迎会に出席。教頭はビールを大瓶3本、日本酒を約2合飲み、近くの宿に車で向かう途中、ハンドル操作を誤り、道路脇のビニールハウスに衝突した。

 教頭は直後に校長に電話で報告。事故車両を放置したまま、2次会に向かい、校長も後で合流した。

 2人は13日になって町教委と警察に届けた。校長は「深酔いで正常な判断ができず、その後、どう報告すべきか悩んだ」と話しているという。



信じられません。
飲酒運転でどれほどの人が命を落としているのでしょうか?
何故それを分かることが出来ないのか?
良くそれで人間をやってられますね。

教育者とか警察官がと言うような職業だからと言う問題ではありません。
社会人として、人間として失格です。つまり、それは生きる価値が無いと言うことと同じ。

事故によって、死者、けが人が出なかったのは幸い。誰も巻き込まれなくて良かった。
こういった事故、殺されるのは何も罪の無い人たちで、人間として生きる価値の無い犯罪者が刑務所の中で税金で飯喰ってのうのうと生き永らえるんですよ。

不公平な世の中です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
13
タグ: 飲酒運転 教頭


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ