鉄道コム

2012/11/15  6:59

第12回ふれあい鉄道フェスティバル その5完  写真撮影
おはようです。

尾久車両センターで開催されました「第12回 みんなあつまれ!ふれあい鉄道フェスティバル」ですが、やっとこさラストです。

最後はブルートレイン軍です。

※撮影は、平成24年11月10日です。


クリックすると元のサイズで表示します

オハネフ25500。こちらは展示物ではなく、ピットへの転落を防ぐための「蓋」として置かれているみたいですね。(笑)
それでも時間を置いてテールマークを変換するものだから、ある意味一番人だかりができて撮りづらい場所でした。
私が行ったときは「さくら」。そしてこの「出雲」へと変わりましたが、0番代時代を含めて使用されたことは無いと思います。


クリックすると元のサイズで表示します

こちらは展示車両として仕立てられたスハネフ14の「北陸」。
4両編成と言うことですが、ブルトレも普段乗れない人たちが居ますので、開放しても良いように思います。
考えてみたら、14系の現役は北海道にしか居ないんですね。昔の隆盛を知る者としては信じられません。


クリックすると元のサイズで表示します

オロハネ24501。
展示外車両ですが、トップナンバーを意識的においているような・・・。


クリックすると元のサイズで表示します

オロハネ24551。
こちらも番代区分上ではトップナンバーです。美しい車体が青空に映えます。


クリックすると元のサイズで表示します

東北新幹線開業前は、多くのブルトレや旧型客車で賑わった洗浄線や留置線も、今や「あけぼの」と「北斗星」くらいしか居なくなってしまいました。
ここから客車編成自体が消滅してしまうのも、あまりと遠くはないかもしれません。

1週間お付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ