鉄道コム

2014/1/29  21:32

なんかムカツク車内放送  
こんばんわ。

今朝の東武東上線は事故で大混乱でしたね。
その影響もあって、埼京線はいつもに無いくらい混んでいました。
せっかくいつもより早い京浜東北に乗れたのですが、埼京線は乗り切れずに1本見送り。
さらに、いつもなら隙間のある新宿行きも積み残しが出るほどの大混雑でした。


私の乗った新宿行き、女性車掌なのですが、この放送がなんとも・・・
別に要領が悪いとか分かりづらいとかではないんですが、どうも変なんです。


「次ふぁ、十条、十条です・・・。お出口ふぁ、左側に変わります・・・」


初めは聞き違いか、発音が間違ったと思ったんですが・・・


「次ふぁ、池袋、池袋です。埼京線ふぁ、東武東上線の事故による混雑と、赤羽駅での緊急停止ボタン取扱いの影響で・・・」


「この電車ふぁ、終点の新宿で下りホーム3番線に着きます。渋谷方面ふぇは(注:ココの「」はちゃんと言えてる)、次の池袋でお乗換えください・・・」


死ぬほどギュウギュウの車内でこの放送、

あ〜、なんかムカツク。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
0

2014/1/27  2:15

2014/01/26 朝の特急タイム  写真撮影
こんばんわ。

日曜日の午前中は、雨が夜中のうちに上がったようで、土曜日よりも良い天気になりました。
夜行も定時で上っているようなので、久々に朝の特急タイムです。

※撮影は。平成26年1月26日です。


クリックすると元のサイズで表示します
185系OM08編成 「草津31号」

いきなり「カシオペア」が定時で来ないし。
しかもここでOM08が来ちゃったので、もう楽しみないじゃん。


クリックすると元のサイズで表示します
EF510−510牽引 「カシオペア」

2レの定時スジよりやや早めの中途半端なj時間でした。


クリックすると元のサイズで表示します
185系OM01編成 「あかぎ4号」

そして「北斗星」はやっぱり来ず。


クリックすると元のサイズで表示します
185系OM09編成 「あかぎ6号

切り位置間違えて影ど〜〜〜ン。

時間切れで撤収。
あ〜つまらん。

それにしても、前回の富士急に行ったときに壊れてしまった望遠ズームの絞り連動ピン。
どうも致命的なようで、全部露出オーバーになってしまいます。
修理しないとダメみたい。

参ったな・・・新しいのも欲しいし。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
1

2014/1/25  5:38

PEアルプスへ逢いに:下吉田の保存車両  写真撮影
おはようございます。

時間が空いてしまいましたが、富士急行の続きです。これで最後です。

河口湖駅を出たのが12時くらいでしたが、5時起きで朝イチの上り坂攻撃でかなりつかれてしまい、さらに11時頃からは富士山も雲に隠れて出てこなくなったので、もう写欲はなくなってしまいました。

行きに下吉田を通った時、保存車両が整備されていたことをすっかり忘れてしまい、帰りがけに寄ることにしました。

※撮影は、平成26年1月18日です。


クリックすると元のサイズで表示します
スハネフ1420

なんと言っても話題となったのがこのスハネフ14。一地方私鉄でまさか寝台車を購入して展示というのは、民営化3セクならともかく、珍しいというか勇気がありますね。
テールマークに「富士」があることも購入動機になったのだと思いますが、個人的には「富士」だったらオハネフ24かオハネフ25にして欲しかったな、というところ。
横サボは「富士 西鹿児島」になっていますので、おそらく後期の車両には準備されていないはず。古いものを手に入れたか、展示のために新規で用意したのかもしれません。ちなみに、我が家にはこのブルトレ全盛時代の幕があります。


クリックすると元のサイズで表示します
ワフ2

クリックすると元のサイズで表示します
ト104

クリックすると元のサイズで表示します
ワフ1

自社発注の古い貨車もされています。良く取ってあったものですね。


クリックすると元のサイズで表示します
平成18年10月22日 河口湖駅留置線にて

これは初めて河口湖駅に訪れた際、側線の一番外れに留置されていた車両を撮影したものです。
表記がほとんど見えないので詳細は分かりませんが、おそらく今回保存されたト104だろうと思います。はっきり言って状態は良くないですが、逆に良く復元したなと思います。

保存車両は少ないですが、ト104を除いてすべて車内に入れるようになっています。
しかも非常にきれいに整備されており、寝台車も見学客が少なければ寝てみることも可能ではないでしょうか。
せっかく良い状態に復元されていますので、少なくとも傷を付けたり汚したり、まして窃盗などすることのないようにしてもらいたいです。


クリックすると元のサイズで表示します
ホキ800?

こちらは保存車ではありませんが、側線に止まっていたホキ800と思われるホッパー車です。状態は良くありませんが、使用されているのでしょうかね?
自社発注か国鉄車かも分かりませんが、形態的にはホキ800或は同型であると思います。


ざっと見学してもせいぜい20分程度でしょうかね。
次の電車まで時間があるので、駅前のベンチで『初:ふじやまたいやき』を食べ、自分の乗る列車までに通過となる列車を構内に近いところで撮ってみます。


クリックすると元のサイズで表示します
1205編成 登山電車

どうも望遠ズームの絞り連動ピンを壊してしまったようで、露出オーバーになるようになってしまったようです。(泣)
構内での写真もかなり工夫をしないと、良い構図の場所はありません。


クリックすると元のサイズで表示します
2002編成 「フジサン特急」

ここはカーブしているので、後追いでなんとかなりそうと思ったのですが、左側の家を避けて大きめに撮ろうとしたところ、思ったよりカーブがキツイらしく、めちゃくちゃ大きくて枠に入らなくなってしまいました。
ここ数年、地元でばかり撮っているので、どうも本線級の場所じゃないと勘が対応できなくなってしまったようです。
最後のワンショットなのにお粗末な出来となってしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
三つ峠駅にて

帰路に着いたのは13:30頃で非常に早いのですが、とにかく疲れた。
大月を13:08に出る京王復刻車両の列車も撮ろうと思ったのですが、なんと至近の三つ峠駅ですれ違ってしまいました。
どっちにしろ、撮影地を選択して移動するような余裕はありませんので仕方ないですが、電車本数の少ないローカル線の痛いところに当たってしまいました。

大月でも次の普通列車まで30分以上の空き時間。思いっきりロスですが、駅前のベーカリーでパンを買い、やっと昼食にありつきましたが、駅のベンチはマナーの伴わないハイカーに占領されてしまい、結局は立ち食いで1個のみ口にしただけ。
帰りはところどころで記憶が欠落しています。
立川行きの普通列車だったので、もちろん立川まで乗車。ここまで来るとホッとします。

写真の内容としては充実感に欠けてしまいますが、予想に反して富士山バックの「フジサン特急」が撮れたのは収穫でした。それもギリギリのところで間に合ったという、半ば拾い物のようなものでしたので、大変充実した一人旅でした。

1週間お付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
1

2014/1/23  6:33

PEアルプスへ逢いに:7年振りに河口湖駅へ  写真撮影
こんばんわ。

ラスト2です。
2日分のフリーきっぷを1日しか使えませんので、元を取るために河口湖駅まで行きました。
河口湖駅は7年前に来ています。
当時、テンバイヤーが幅を利かせ始めた頃、バスコレブームが絶頂のときでした。
この時の販売方法の段取りの悪さ、裏切り行為とも言える富士急側の対応もあり、正直なところ非常に印象が悪いのです。これはネットでも大きな話題となる事件でした。
まだその頃はブログを始めていなかったと思うので、この辺りは記事にしていないですね。

今回は富士急の熱意あるファンサービスと受け取って出掛けましたので、過去のことは忘れて駅付近をブラついてみましょう。

※撮影は、平成26年1月18日です。


クリックすると元のサイズで表示します

まずは乗って来た「フジサン特急」を押さえておきましょう。

側線には「ホリデー快速富士山」が止まっており、7年前を思い出します。ただ、あの頃はあずさ色ではなかったですね。


クリックすると元のサイズで表示します

ここで富士山駅で邪魔されたバカ親子鉄またも妨害を受けました。バカ親子というより、親が一番邪魔をしてくれました。こうした空気を感じ取れないにわかテツのお蔭でトラブルが起きるんです。一度乱暴者に殴られでもしないと分からないんでしょうね。
この写真は帰り掛けに取り直したものです。
JR化後の国鉄車両が幅を利かせていた時代の立役者同士ですね。


クリックすると元のサイズで表示します

駅前にはモ1が鎮座している光景は今も変わりません。相変わらずきれいにしています。
確か7年前の時は整備されたばかりで、初めて鉄コレとバスコレのコラボセットとして発売され、その後も例のない商品となっています。


クリックすると元のサイズで表示します

「ホリデー快速富士山」も外から。651系からの押し出しで、ひょっとしたらこれも185系になってしまうのでしょうか。


クリックすると元のサイズで表示します

この日は運用に就いていなかった1202編成オリジナルカラーと1201編成マッターホルン塗装車です。
この辺りも追加の導入車があれば、真っ先に置き換えられてしまうことでしょう。

大宮(現在は小山?)からの快速がないので、ちょっと寂しい状態でした。


クリックすると元のサイズで表示します

折り返し時間まであまりないのでそそくさと駅に戻りますと、バス停に木炭バス風のアレンジがされたバスが止まっていました。
ロータリーを回り込んで前を撮ろうかと思ったら、ちょうどドアが閉まって出てしまいました。
この写真では前ドアが閉まりかけているみたい。


滞在時間わずかですが、ここは乗り鉄気分での訪問。いずれは懐かしいと言える記録になると思います。

ここから「フジサン特急」で富士山駅まで再び戻り、一段下げで最終目的地の下吉田駅へと向かいます。
関連記事は『富士急行線2000形:パノラマエクスプレスアルプス復刻塗装(乗車編)』及び『初:ふじやまたいやき』をご覧ください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2014/1/21  0:21

PEアルプスへ逢いに:富士山駅から河口湖駅へ  写真撮影
こんばんわ。

小刻みですみませんが、またまた続きです。

※撮影は、平成26年1月18日です。


クリックすると元のサイズで表示します
寿駅

前記事で飛ばしてしまったんですが、ケータイで撮った寿駅です。
幸福駅なんかよりもストレートですね。
無人駅ですが、富士山駅でD型の縁起物記念入場券が発売されていました。
今回は軍資金がなかったので購入しませんでしたけど。またお金がある時に。


元205系改造の6000形に乗って富士山駅へ。とにかくトイレ行きたい。
各駅では集札しながらのドア閉めをおこなうので、意外と時間が掛かる。早くして〜。


クリックすると元のサイズで表示します
115系 高尾行き

富士山駅へ着くと、反対側に大月から乗って来た115系がもう折り返してきてしまいました。
本当は走行写真撮りたかったんですが、とにかくトイレに行きたかったので。

トイレに行くと、なんと順番待ち。小便器2つに我慢してきた人が集中したか?まあでも、ここまでくれば一安心。



クリックすると元のサイズで表示します
クモハ169

部品取り用に同時購入された169系。この車両ももうすぐ役割を終えることになります。
現役時代にこの塗装は撮ったことがなかったんです。これに限らず、塗色変更車が鬱陶しくて、ほとんど撮ったことがありませんでした。
それにしても、せめてこっち向きに止まっていてくれれば良いのですが・・・


クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず河口湖駅へ京王車両を捕獲しに移動。次の列車までちょっとの時間つぶしで、コーヒーなんぞいただいてみました。
なんでも、富士山の伏流水で入れているらしい・・・という話題性で。


クリックすると元のサイズで表示します
6000形 「特急ふじやま」

コーヒーを飲んでいたら大月行きの特急が来るというアナウンスが。あまりゆっくり飲めなかった。
2001編成は検査中で、この間、代走が入ります。こんな場面に出くわすのも有りか。
一般型の時は「フジサン特急」を名乗らず、特急料金も少し安くなっています。
シャッタースピード下げるの忘れてたorz


クリックすると元のサイズで表示します
2002編成

私が乗るのも偶然に「フジサン特急」になってしまいました。
走行写真中心にしたかったですが、本数が少ないので移動のタイミングを合わせるのも大変なんです。
でもそのお蔭で乗る機会が出来ました。詳細は『富士急行線2000形:パノラマエクスプレスアルプス復刻塗装(乗車編)』でご紹介しています。


この辺りから空気読めないバカ親子に邪魔されることになります。

もう少し続く。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2014/1/20  20:22

PEアルプスへ逢いに:富士山見えた!  写真撮影
こんばんわ。

前回からの続きです。

※撮影は、平成26年1月18日です。

115系は、富士急線内も各駅に停車します。
撮影地の資料を一切持っていかなかったので、事前に見た地図情報(頭の中)を頼りに三つ峠駅で下車。フジサン特急の折り返し時間までそれほど時間がない筈なので、トイレにも寄らずに急いで国道を富士山方向へ。
これが大変でした。とにかく、登り一歩の道なので、まるでEF63のごとく、ひたすら登り道を歩きます。道路には雪も積り、歩道も整備されていないので歩きづらい。道路も段々混んできている感じです。

想像よりも意外と距離があり、なんとなく目標となっている風景が近付いてきたのですが、道路からは段々と離れて行ってます。そろそろ曲がる必要がありそうですが、行く先が曲がっていたり集落に隠れたり。どこを通ったら良いのかも全然わかりません。この時点では富士山も見えないですし。

えぇい、ここで曲がってしまえ!

えぇい、ここも曲がってしまえ!

すると家並みのその先に5〜6人の撮影者が見えました。勘が当たりホッとしたのも束の間、踏切が鳴り出す。みんな構えたので、これはフジサン特急に違いない。
しかし、車内で撮ったまま標準系のレンズ付けっ放しだし・・・雪の道を小走りしながら、レンズを交換しながら、絞り優先をしゃったスピード優先に変えながら・・・タイフォンが鳴り、もう視界に入っているし、シャッタータイミングも奥だし・・・構図を合わせてる暇もありませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
フジサン特急

焦点距離も構図も合わせる間がありませんでした。置きピンのみで精一杯。
でも、下り坂でスピードが遅いため、なんとかセーフという感じ。
シャッターを切り終わってから息切れがしました。

この後は、少し間隔を置きながら名物列車がやって来ますので、腰を据えて・・・と行きたいところですが、トイレ行きたくなってきた。でも、コンビニとかないし。駅まで戻るのには遠いし。


クリックすると元のサイズで表示します
5001編成 トーマスランド


クリックすると元のサイズで表示します
6000形

構図を変えてみながら。手前の倉庫みたいなのが非常に雰囲気崩しているんですよね。せめてこれがなければ。

この後、登山電車と「ホリデー快速富士山」が交錯するようなのですが、富士山駅時点の時刻表しか持っていないので、順番が判りません。この時刻表が推測するに、どうも登山電車が来ないのがおかしい。ダイヤ乱れか?
危険と判断し、富士山構図を諦めて反対方向へ。太陽が真横なようで、どっちに行っても正面に陽が回らないのがもったいない。


クリックすると元のサイズで表示します
1205 登山電車

あらら、やっぱり登山電車が先に来ちゃった。構図悪いので後追いで。


クリックすると元のサイズで表示します
189系 「ホリデー快速富士山」

三つ峠駅で交換。
いやぁ〜、この路線では6両編成もめちゃくちゃ長く感じますね。3コマ目でギリギリ尻が入ってました。
ところで、「ホリデー快速富士山」に名前が変わって初撮影なんですが、まさか富士急線内で撮ることになるとは思いませんでした。


ここでイベント切れとなるため、急いで撤収。トイレ行きたい。
ここからは寿駅の方が近いと思い、トイレ目指して急ぎ足。でも、これがまたずっと登り坂なんですよね。しかも、三つ峠駅よりも距離があったようで、かなりの時間歩きました。
20分強くらい歩いたでしょうか、やっと着いた寿駅は無人くん。しかも駅舎なし。もちろんトイレなし・・・
次の電車まで8分くらいか。その辺でしてしまおうにも、電車の時間が近づいてきて、客があちらこちらから集まって来るし。
もう我慢するしかない・・・

ってことで、部品取り車のクモハ169を撮るため、富士吉田駅改め富士山駅へと移動します。

時間切れ続く。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2014/1/19  18:47

PEアルプスへ逢いに:京王復刻色も  写真撮影
こんばんわ。

前回からの続きです。

「スーパーあずさ1号」の接続に合わせるため、富士急では既に「フジサン特急」がホームで待機しています。発車まで余裕がありますので、慌てずに甲府寄りの踏切へ。


※撮影は、平成26年1月18日、大月駅及び付近にて。


クリックすると元のサイズで表示します

踏切からは多少窮屈ですが、じっくり撮ることができます。もう少しサイドにずらしたいところですが仕方ありません。
この塗装であった現役時代のパノラマクスプレスアルプスはまともに撮った記憶が無く、至近から目撃したのも碓氷峠廃止直前の横川駅ぐらいしか記憶がありません。
また、このクモロ側を先頭に本線を走ることはまず無いでしょうから、塗装と合わせて、ホント懐かしいというより新鮮な感じさえします。

せっかくだから発車も撮りましょう。
って言っている場合ではなく、京王5000系復刻カラーの編成も止まっているじゃありませんか。


クリックすると元のサイズで表示します

なかなか難しい位置なのでどうしよか悩んでいたら、189系原色が走ってきました。
実は、八王子駅で「スーパーあずさ1号」に乗る時、次の電車が「団体」になっていたんで気になっていたんですが、これだったんですね。帰って来てDJ見たら、三鷹発茅野行きの9431Mだそうで。
切り遅れてしまいましたが、時代を錯誤するようなシーンです。


クリックすると元のサイズで表示します

下からの編成写真は難しそうなので、、跨線橋の上から狙おうと。
すると踏切が鳴ったので、到着の電車とのコラボにしておきました。元205系量産先行車の6000形はお初です。


クリックすると元のサイズで表示します

そしてこれと交換に「フジサン特急」が発車です。ここのシーン。何年振りか。


クリックすると元のサイズで表示します

発車間際でスピードが遅いので後ろも。

ここで目的としていた2種の列車を撮ることを達成してしまいました・・・


大月上空は青空でしたが、河口湖方向はかなり雲が出ているようです。
どちらにしろ予報からは好天を期待できなかったので、もちろん富士山も見えないだろうし。
どこかで車両中心に走行写真が撮れればいいかくらいで。

ここでやっと朝食にありつけます。駅前の立ち食いがオープンしていたので、何を食べるか迷って結局は定番の天玉うどんにしてしまいました。セットもあったんですが、空腹でちょっと胃が痛くなってしまいまして。

朝食を摂るために続行の普通列車を見送り、その次の列車へ、

と思いましたら、発車がJRホームの4番線。駅員氏に尋ねると、JRからの直通だそうで。
一服してからホームに行くと、既に到着していて、6両編成のうち3両が河口湖行となるようです。まさか富士急最初の乗車が国鉄型の115系になるとは思いませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します

行先幕は「普通」になっているのが残念。「河口湖」になっていると絵になりそう。


クリックすると元のサイズで表示します

せっかくなので記念にサボも撮ってみた。
30年前の写真です。と言っても分からなそう。


クリックすると元のサイズで表示します

座席に座ると・・・ガッカリですね。
E351系のシートピッチの広い乗り心地の素晴らしい車両から、一転して硬くて狭くて直角で。ま、仕方ないんですが、圧倒的な差です。
上りホームには長野色の115系が到着。
豊田区で1編成だけ211系が止まっていましたが、運用にはまだ入っていないようですね。3月からはこの辺りにも進出してくるのでしょうか?

接続する「あずさ3号」が遅れたために6分遅れで発車。ガラガラだった車内も活気づきました。

富士急線を進んでいくと、禾生を過ぎた辺りから地面に雪が薄っすらと見えるようになりました。今朝方降ったのでしょうか?
山を登っていくとなんだか日差しが強くなってきました。どうも河口湖方向にあった雲がどんどん飛ばされているようです。
すると、進行方向に富士山の姿が見えるではありませんか。

今回の撮影は悪天候予報でしたので、富士山を拝むことは叶わないと思っていました。
まさかでした。

どこでも良いや・・・という考えは捨て、定番の撮影地に向かうことにしました。
でも、1本遅らせたことが悲劇に・・・

続く。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2014/1/19  2:04

PEアルプスへ逢いに:E351系初乗車  写真撮影
こんばんわ。

更新が滞っておりますが、仕事が重たいのとネタがないのと、良いことがあまりないんですよね。
ところが、富士急の2000形(通称フジサン特急)が旧165系パノラマエクスプレスアルプスへ復刻塗装を施し、2月16日に最後の運行になるということで、どうしても行かなきゃと思ってました。
本当は3連休に行きたかったのですが、休み疲れと仕事疲れで気力がどうも・・・今回はやっと気力と体力が奮い立って、出掛けることが出来ました。

この間、どのような行程で行くか、時間があれば悩んだんですが、往復の時間が掛かるうえに、効率良く撮るためには特急利用もやむを得ない。しかし、フリーパスの使い勝手が思ったほど効率的でないなど、金目との兼ね合いもあり・・・。

そこで、自由席なら八王子〜大月の1区間だけを500円というリーズナブルな金額で時間が稼げる「スーパーあずさ1号」をチョイスしました。乗り継ぎのため、新宿から乗るより15分以上も家を早く出ることになりますが、寝坊しながらもなんとかたどり着くことが出来ました。

※撮影は、平成26年1月18日です。


15分寝坊してしまったので、朝食は抜き。
朝食は昨夜の残りで、昼食におにぎりを用意すると言っていた女房は時間になっても全く起きず。結局は大月まで飲まず食わず。
まあ、振り子に酔ったりするかもしれないし、空腹の方が安全か・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
E351系「スーパーあずさ1号」車内

自由席車は中程の3両のみ。指定席は空席もあるようですが、乗車率はかなり良いです。
30分程度なので立席も覚悟してましたが、意外と八王子で降りる客が多いのに驚きました。
すぐに降りるので、ムサいおデブちゃんと相席。一応声掛けたが、ヘッドホンをしていて愛想も悪いときたもんだ。

車内は振り子車両独特の形状で、私としては大江戸線を思い浮かべました。ちょっと圧迫感がありますね。乗る時は気が付かなかったのですが、降りるときにデッキに立ったら、天井は低いし、ドアと壁は頭に迫ってくる感じで、ものすごく居づらいです。立席じゃなくてよかった。


高尾を出たくらいまでは振り子の感覚が全く伝わってこなかったのですが、最初のトンネルの当たりぐらいからですかね。グッと斜めに滑るように振られる感覚。特にカーブに入る前やカーブしているときより、カーブから立ち上がった時にグッと戻る時の感じが非常に不快感を覚えます。それでも、やはりカーブの時の遠心力は、一般車両とは全く違い、身体に負担を感じさせません。
おそらく、国内の振り子型でも新型車としては初期の頃の性能であり、その後登場している他のJR振り子車には完全に引き離されてしまっていると思いますが、それでも、振り子車に乗りなれない私としては「さすがな」と思いました。


ま、そんな感想を感じつつ、乗り心地が良かったのか悪かったのかも分からないまま大月についてしまいました。腹が減って気持ち悪い寸前まで来てますからね。


クリックすると元のサイズで表示します
大月駅にて

私が乗った車両は、いずれは撮っておこうと思った特徴あるパンタ部、そうモハE351だったんですね。全然気がつきませんでした。コストが高くなった原因の一つでしょうか。


クリックすると元のサイズで表示します

途中解結がなくなって、先頭に出ることがなくなってしまった貫通型先頭部。1度も撮ったことがなかったです。


クリックすると元のサイズで表示します

自由席が編成中間にあるので、前も後も撮りに行けません。ホームの中間で写真を撮っていたら、後ろから来た数人の人たちは私の後方へ避けてくれました。誠にすみません。ご迷惑をおかけします。

しかし、車内写真から絞り優先にしていたので、ブレるは「スーパーあずさ1」の表示は無いは、何の記念にもなりませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します

富士急の大月駅は、ホームの改良工事のためにがっちゃがちゃな状態。入口が判りづれぇ〜。


とりあえず、既に「フジサン特急」がお迎えしてくれていますので、朝食はお預けで跨線橋へ。
何年振りだろうか・・・

つづく。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
1

2014/1/16  1:21

2014/01/13 北王子貨物&都電  写真撮影
こんばんわ。

1日空いてしまいましたが、前回の撮影の続きです。

※撮影は、平成26年1月13日です。


返しまで移動する時間もないので、そのまま南口の跨線橋の上から。
貨物線を撮るには階段のところから撮れるので金網攻撃は喰らいませんが、ボチボチと通行人の方がいますので、邪魔にならないように気配りが必要です。


クリックすると元のサイズで表示します
DE101662牽引 入14


クリックすると元のサイズで表示します

本当はエツたちは入れたくないんですが、今この状況では仕方ないところです。
カマのワンショット以外は、新幹線や本線やケトも色々な列車が入ってきてほしかったんですが、こういう時に限って密度がありませんね。ここのアングルは、駅撮りと共に一番王子界隈の雰囲気が出る場所だと思います。


このあと、ひょっとしたら都電の7001号でも来ないかと思ってちょっとお散歩。


クリックすると元のサイズで表示します
7029


クリックすると元のサイズで表示します
7024


クリックすると元のサイズで表示します
7016


クリックすると元のサイズで表示します
7022

撮りたいポジションに着くと、何故か7000形ばかりが。
残念ながら7001号は来ませんでしたが、最後に7022が来たのはせめてもの救い。

時間キツキツだった撮影でしたし、あまり良い感じには収まらなかったのですが、たった2時間強のなかでは非常に効率的、充実してました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
1

2014/1/14  1:36

2014/01/13 OM08編成「あかぎ」〜北王子貨物  写真撮影
こんばんわ。

前日夜、「あかぎ4号」にOM08充当の連絡をスノ・ラビさんから頂いていたので、娘を大会会場に送り、朝食を摂って出かけました。

※撮影は、平成26年1月13日です。


クリックすると元のサイズで表示します

一応影落ちのテスト。


クリックすると元のサイズで表示します
185系OM08 「あかぎ4号」

一番無難でつまらないアングルにしてしまいました。
というのも、北本辺りで異音による抑止の情報があり、いつもと違ってカブる恐れがあったため。でも、殆ど定時で来たみたいで助かりました。
やっと残せる写真を撮れました。

で、急いで王子まで移動です。なんとか1往復でも北王子の貨物を撮りたかったのです。


クリックすると元のサイズで表示します
DE101662牽引 入13

結局いいアングルが見つからず、でも王子の雰囲気を撮りたかったので飛鳥山から。
これで桜一杯だったら絵になったのでしょうが、それまでは残らないかもしれません。


クリックすると元のサイズで表示します
185系B1編成 「あかぎ6号」

返しまでの時間でブラリしてたらちょうど来ました。アングルを選びようがありませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
EF510−513牽引 「北斗星」

待ち時間に遅れ「北斗星」も登場。
ここ、金網から抜くしかないんですが、金網がカブっていたのに全然気がつきませんでした。やっぱ眼鏡で全視界が見えないのはダメですね。

ここは撮影に適さないですね。

続きは後日。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ