鉄道コム

2018/2/19  0:30

2018/02/17 代々木上原で「多摩急行」を  列車・車輌カタログ(私鉄)
こんばんわ。

前回の新宿駅での撮影の続きです。

一定の満足感を得て、JRを後にします。
今から移動すれば、代々木上原で多摩急行が撮れそう。
小田急新宿では先発の急行が結構混んでいたので、後続の普通列車でゆっくり座って行くことにします。立ちっ放しで散々階段の昇り降りをしていたので、かなり疲れました。

※撮影は、平成30年2月17日、代々木上原駅にて。


クリックすると元のサイズで表示します
小田急 1492

上りホームに移動し、ちょうど1000形字幕車が来たので撮りに行ったのですが、乗務員の階段があってキツキツ。10両編成だと画面に入りきれません。


クリックすると元のサイズで表示します
JR209系 クハ208−1002

久し振りに撮影した209系1000番代。ここ数年は常磐線での撮影もしていませんでした。
インバータの改造は行われていないようで、これまた久し振りに純正の209系の音を聞きました。


クリックすると元のサイズで表示します
小田急 3963

改正ヘッドマークを明るいところで。それと「各停」が「各駅停車」に変わるらしいです。
それにしても凄い人波。新宿まで行く人は少ないのか?こんな光景が電車ごとに繰り返されます。


クリックすると元のサイズで表示します
小田急 4590 多摩急行

そして直ぐにやってきた「多摩急行」は小田急4000形でした。
上りの千代田線にカブられていて困っていたのですが、少しの差で千代田線が発車。なんとか撮れたわけですが・・・
4000形のフロントガラスが曲面で、運悪く肝心な「多摩急行」表示のところに光が反射してしまい、見づらくなってしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します

発車間際の横サボをなんとか撮影。

ここは窮屈なので、場所を変えます。
「多摩急行」は走行時間帯に限りがあるので、なんとか移動時間を含めて有効に使いたい。
取り敢えず下り電車に乗ってみることにします。

つづく。

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ