鉄道コム

2018/10/2  23:59

京王電鉄 新5000系:初撮影&初乗車  列車・車輌カタログ(私鉄)
こんばんわ。

このところ災害や有名人の訃報など、喜べない内容のネタしかなかったので、しばらくお休みしておりました。

先月末から10月アタマに掛けて、なんと4日間のうち3日も新宿へ行く用事があって、本人が一番驚いております。現場でさえ1年間に3日程度しかない仕事なので、たまたまにしても恐ろしい頻度となりました。そんなこともあって、久し振りにしなのさかいさんや同じ係だった鈴木さんにも逢うとこができました。

先月末の新宿からの帰り、新線新宿駅の階段を下りてくると、見慣れない車両が発車して行きました。そう、京王の新5000系です。実物を初めて見ました。もうちょっと早く到達していれば乗ることが出来たんですが、大変残念でした。


そして今日、新宿からの帰り、どのように戻るか考えたのですが、結局都営新宿線・新線新宿駅へ。すると、紛れもなく新5000系が停まっていました。時間調整が行われていたため、乗客をやり過ごし、初めて新5000系を撮影することができました。


クリックすると元のサイズで表示します
平成30年10月2日 京王電鉄 5785

個人的には新しい車両のデザインってなかなか受け入れられないんですが、まあ、斬新なデザインですね。車内ももちろんきれいだし。ただ、ヘッドレストが付いた座席が横向きになっているのはやはり違和感がありますね。当然、座席定員が少なくなるので、ラッシュ帯ではそれも混雑の一因になることは間違いありません。
でも・・・乗ってみたいよな・・・

写真を撮った後に本八幡方に移動し、急行を1本やり過ごして各停を待ちます。
入線してきた車両が、なななんと新5000系でした。
しかも、急行の直後なのでガラ空き。

楽勝で座ることができました。通勤時にこの座席はどうかな?足元の回転取付座があるために足も収納できないので、激込み時は座っている側も立っている側も苦痛を強いられそう。
しかし、ヘッドレストのお蔭で上を向いて爆睡してしまっても、アタマを窓の手前で抑えてくれるので、楽な態勢で居られそうですね。
最近は恥じらいを失ってしまった女性も多く、たま〜に大口開いて寝ている人、居ますからね。そういう人を見ると目薬をたらしてみたくなります。

それは冗談として。

なかなか撮影に行く機会のない京王線だけに、1枚でも押さえることができて良かった。

1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ