鉄道コム

2019/12/22  17:49

583系 臨時特急「ふるさと」  特急型電車(交直流・交流)
こんばんわ。

今年も残すところ9日間になってしまいました。
4月に新宿に戻って以前と同じ仕事をしているのですが、4〜5年前とはボリューム感がかなり違っている感じがします。忙しくて有給も殆ど消化できず、応援で手伝ってもらってやっとという感じです。
このところの残業続きも有り、年賀状の1枚ですら未だに取り掛かっていません。年末ジャンボ宝くじも、帰り道には既に店が閉まっていて、結局変えず仕舞い。1億円以上を当てて早期退職する夢は今年も叶いませんでした。


年末になると思い出す列車があります。
お盆や年末年始の帰省輸送において、思い出と言えば高校の時にバイトしていた上野駅。
当時は当たり前にあった数えきれないくらいの夜行急行列車に、おびただしい数の臨時列車が加わり、日付が変わる近くまで上野駅のホームは帰省客でごった返していました。

東北・上越新幹線が開業すると帰省の様相もすっかりと変わり、わずかに仕立てられた臨時列車のみが注目されることとなりました。

そんな中、特に好きだったのが東北本線の臨時特急「ふるさと」でした。


クリックすると元のサイズで表示します

臨時特急「ふるさと」は、583系により1往復が設定されていました。
この写真は年末ではなくてお盆輸送のときのもの。下りは上野〜青森でしたが、上りは何故か大宮止まりとなっており、そのまま東大宮操車場へ引き上げていました。どうも下り「はくつる」への準備をする時間を確保するためと言われているようです。

専用のヘッドマークが用意され、編成も食堂車込みの13連。定期列車のように堂々とした姿で東北本線を駆け抜けました。
しかし、東北新幹線の上野開業により役目を終えることになり、3年弱の活躍に終わっています。

既に写真館でまとめは終えていましたが、この写真を取り込んでいなかったため、記事を追加編集いたしました。ぜひご覧ください。→『583系:臨時特急「ふるさと」


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ