鉄道コム

2021/8/30  23:12

2021/08/30 配8791レほか  写真撮影
こんばんわ。


今日は久し振りの夏休。
しかしこの暑さ。仕事をしていた方が涼しくて良いかも。とにかく暑い。


土曜日は撮りに行かなかったPFの配給。平日の今日の動きを予測すると、国鉄色復活後未撮影となっている2070号機っぽい流れだったので撮影に行くことに。
しかし、本日になってから2070号機は別の方向へ行ってしまったようで、何が牽いて来るか予測不能な状況になってしまいました。


※撮影は令和3年8月30日です。


クリックすると元のサイズで表示します
E261系 回3101M 「サフィール踊り子1号」送り込み

久し振りの平日撮影なので現着して時間を確認しようと思ったところ、既にヘッドライトが見えていました。アングル選べず、歩道橋の日陰から撮影。


クリックすると元のサイズで表示します
EF652066牽引 配8791レ

国鉄色がやって来ましたが、撮影するまで番号は不明。シャッターを切る瞬間に2066号機と判りました。この2066号機も国鉄色復活後は未撮影となっていたため、労せず良いところを撮影できました。

それにしても暑かった。歳のせいか気候変動のせいか分かりませんが、本当に夏の暑さが堪えるようになってきました。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
2

2021/8/29  18:25

165系:臨時急行「伊那路」  マル鉄アーカイブズ
こんばんわ。

もう2年くらい前になってしまうのですが、古い写真の束が出てきました。
若かりし頃の職場旅行の写真が多かったのですが、中に35mm判カラーネガ1本と同時プリントの写真が入っており、この中から整理していなかった急行「伊那路」の写真が紛れていました。


クリックすると元のサイズで表示します

定期急行としては一旦廃止になったのち、165系の終焉に臨時列車として復活運転されるようになった時のものです。その頃は、同じく残っていた急行「富士川」と合わせ、往年スタイルを思わせるヘッドマークまで掲げられるようになり、人気がありました。

この写真を撮って間もなく、165系の全廃と共に、歴史ある急行列車にもピリオドが打たれてしまいました。

写真館では既にアーカイブ済みであったため、『165系:臨時急行「伊那路」』に写真を付け加えました。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
2

2021/8/27  1:48

2021/08/26 EH500−1ほか  写真撮影
午後からの仕事が来ないことが確実視されたため、本当に久し振りに半休を取ることができました。

せっかくの明るいうちの休みなので時間を無駄にするのは勿体ない。川越まで逃げて行ったりんかい線のラッピング編成を迎撃するため、武蔵浦和駅経由で帰宅することにします。

20分以上余裕があったので、武蔵野線ホームへ行き、何か通ればと最高の蒸し暑さの中待機。


※撮影は、令和3年8月26日、武蔵浦和駅にて。


クリックすると元のサイズで表示します
りんかい線 70−100編成

とりあえずホームで構図の確認。ちょうどりんかい線がきました。そろそろ同車も交代の時期が近くなっています。


クリックすると元のサイズで表示します
EH500−1 8095レ

武蔵野線の貨物ダイヤはまったくアタマに入っていません。
武蔵野線を1本見送ると、列車通過の放送が。何かと思ったらEH500−1が空コキを牽いてやって来ました。トップナンバーはどえりゃ〜久し振りな。
もう1間隔居ればさらに1本の貨物が撮れたようで。何が牽いていたか判らず。


クリックすると元のサイズで表示します
EH200−15 89レ

目的を達成して帰途に着くと、乗車する電車の直前に反対側で通過放送。EH200も久し振りに撮りました。あまりにスピードが遅いため、構えた場所よりズームを伸ばして遠くでシャッターを切らざる得ませんでした。


本当に武蔵野線は貨物列車が多いですね。近いのになかなか出掛けられない場所です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
1

2021/8/22  22:08

2021/08/22 ブルーインパルス パラ予行  その他乗り物写真館
こんばんわ。

8月24日のパラリンピック開幕に向けたブルーインパルスの予行演習が行われました。

スノ・ラビさんからの情報を受け、取り敢えず我が家から帰還が見られそうだったので、自宅窓から眺めていました。


※撮影は、令和3年8月22日です。最後のコマ以外ノートリミング。


クリックすると元のサイズで表示します

帰還の方向を眺めていると、背後の方から何やら轟音が聞こえだしました。都内へ向かう航路が思ったより我が家に近かったようで、旋回していくところが窓から直角方向に見えました。突然だったので構図が着いていけず。


クリックすると元のサイズで表示します

もう1枚撮ろうと思うにも望遠が長過ぎてなかなかピントが捕まえられず。こんなのが精一杯。


クリックすると元のサイズで表示します

そして帰還のコース。思ったより遠い上、スモークも出していたのに雲が多かったため、音は聞こえているものの全然わからず。一緒に見ていた娘に言われるまでシャッターを切れませんでした。しかも手前の電線がバッチリ。この後ろにもう1機居たらしいんですけど、全然気が付きませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します

上の写真をトリミング。真っ直ぐ飛んでいるように見えましたが、旋回が始まったのか横向きになっていますね。


本番は24日。もちろん仕事なので新宿でということになりますが、飛行時間がピンポイントなので、見るのは難しそうです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
3

2021/8/13  21:18

【意外】ワクチン接種2回目  
こんばんわ。

昨日の午前、コロナのワクチン接種2回目を行いました。

我が職場でもできるだけ日をずらして接種を行っており、数名は2回目のワクチン接種を既に行っています。
報道のとおり、2回目のワクチン接種においては1回目と比較して顕著な副反応を訴えることが多いようで、身近でも男女問わず、腕の痛みをはじめ、高熱、頭痛、倦怠感などにより殆どが翌日に欠勤する状況でした。
そんな様子も有り、私も予め休暇を取得し、調子が悪くなかったら出勤しようとまで思っていました。

そんな危機感の中、どうも様子が違いました。
まず腕の痛みですが、接種後2時間もしないうちに痛み出し、1回目よりも早く症状が現れました。ただ不思議なことに、痛みは強いものの、1回目の時よりも腕は上がるという不思議な感じ。もちろん痛いですけど。

殆どの人が翌朝に発熱していたということを聞き、早めに寝ようと思ったのですが、調子が悪くなるどころか異常にアタマが覚醒した状態になり、2時過ぎまで寝ることができませんでした。やっと寝たと思ったら、腕の痛みと尿意に我慢できず、4時過ぎに一旦起床。また0分程起きてから寝直すと、今度は家族が起き出したので7時頃に起床。

熱っぽくはなく、体温計を差すも平熱。だるさという感じはないのですが、きちんと寝られなかったためかボーっとした感じです。取り敢えず食事を摂って様子を見てみようと思ったらそのまま寝てしまい、気が付いたら13時近くになってしまいました。これから支度して出勤する気力もなく、そういう意味ではだるさがあったのかもしれません。

結局その後も寝たり起きたりの繰り返し。時々頭痛が起きるもののやはり発熱は無い様で、周りの人達よりもかなり副反応が軽かったようです。
まだ腕は痛いですが、この様子だと明日中には治ってしまうのではないか。

取り敢えず2回目の接種が終ったので一安心。
ただ、終息するまでは防御態勢を崩す訳にはいきません。

みなさんもお大事に。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
3

2021/8/9  11:56

東武鉄道 200系 リバイバル塗装が登場!  写真無しの情報など
東武 200型リバイバルカラー編成 営業運転開始


予てから発表されていた特急「りょうもう」用200系のリバイバル塗装。2編成施行のうちの1本目が走り出したそうです。

発表時点では「なんてことする?似合わないだろ!」と思っていましたが、他の方が撮影した写真を見てみると、どうしてなかなか似合ってますね。久し振りに撮りに行ってみたい列車が登場しました。


クリックすると元のサイズで表示します

アーカイブ済み
東武鉄道 1800系:急行「りょうもう」


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
3

2021/8/7  23:12

【N】KATOスポーク車輪を考える(その1)  マル鉄コレクション館
こんばんわ。

年を追うごとにネタが無くなりつつある鉄道趣味。
そんなこともあって、最近は模型のネタを口にすることが多くなってきました。
このところ模型的発想から古い鉄道写真を語ることが増えています。特に最近のトレンドはKATOのスポーク車輪です。

旧型国電、特に飯田線シリーズが発売されるようになってから、後を追ってスポーク車輪がパーツとして発売されました。しかし、如何せん値段も高い上に購買欲も無くなり、肝心のKATOは飯田線シリーズを続ける気がさらさら無いという状況も有り、買い控えると共に関心もそれほどなかったのです。

コロナ禍で外に出る自由度が無くなり、購買欲がなくなった今、お小遣いが減らないことも重なり、遅ればせながらスポーク車輪の導入を決意しました。
ただ、今までどおりだと購入しては仕舞い込んで活用されず、負の遺産になるばかり。人生を折り返してしまった今となっては何かしら活用しないと勿体ない。そんなこともあって、このスポーク車輪をどう活用するか考える機会が多くなった訳です。


しかし、このスポーク車輪というのも非常に厄介。

JR世代からすれば無用の長物であり問題ないのですが、古い車両だからと言ってすべてに利用できるかというところに問題がある。

【電車】
このスポーク車輪を履いていたのは大まかには戦前型なら問題なさそう。しかし、車両によっては昭和40年代に新しいものに交換されたものが多く存在するようです。この辺りを詳細に解説・記録した資料はまずないと思われ、実車の写真でしかもサイドから床下がキレイに写っている写真から判断するしか無さそうです。交換した時期によりどちらの写真も出てくる可能性がありそうです。


【気動車】
気動車では10系以降でスポーク車輪を使っていることは無さそうなので、あまり気にしなくて良さそうです。


【客車】
やはり国電の戦前型と同じことが言えそうで、個体差があり難しそう。オハ35系やスハ32形が該当しそうですが、TR47に交換された車両は対象から外れそうでしょうか?


【貨車】
これが一番厄介かもしれません。時代による個体差が激しそうです。タンク車等は私有貨車が殆どであり、これも個別に写真を探すしかありません。しかし、タンク車などは車体の形状から車輪の状態が判りやすいので、写真記録さえ手に入ればいじれそうです。
特に面白いのが、一つの台車に違うものを取り付けているものも存在したこと。写真が見つからなくなってしまったので、そのうちご紹介できればと思います。


現在はまだスポーク車輪が手に入っていなかったのですが、いつもの通販で思ったより簡単に見つかりました。時間は掛かりそうですが、実車を検証しながら交換を施工し、ネタになりそうだったら順次ここでご紹介していこうと考えています。


今回は一つだけネタを振っておきます。

貨車の中でも比較的後期に製造されたとび色の車体をもつワム80000やトキ25000、ワキ50000などがスポーク車輪を使用しているとは思えないのですが、ここにそんな思いを覆す写真を見つけました。


クリックすると元のサイズで表示します
※写真はクリックすると大きくなります。

ワム80000が繋がっている貨車の車列。EF81のちょっと左側に見えるワム80000にご注目。
積雪で全体が白いため、この1両だけ車輪が透けて見えるのが良く判ると思います。

ワム80000の初期車は昭和36年頃のようですが、新製からスポーク車輪が使用されていたのか不明です。画像の車両を良く見ると反対サイドにもブレーキてこ案内が見えますのでまったくの初期車というわけでもなさそう。
ネットで調べてみてもワム80000でスポーク車輪を履いた車両は出てきません。とすると、何らかの事情でわざわざスポーク車輪に取り替えた?可能性もあるかもしれません。

遠い写真なので番号も不明。実態が知りたくなる車両です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
3

2021/8/1  0:29

2021/07/31 「カシオペア紀行」  ブルートレイン:機関車・客車
久し振りにデジイチを手にしました。


PFに関しては逐次情報を入れていますが、最近、一番肝心なところでEF210に運用を奪われたり、次の推察時点で運休が生じていたりと、読みづらくなってしまったのが原因。
そしてなにより、コロナ禍で生活リズムが狂ってしまったことが大きいようです。

感染爆発と言えるような状態に陥った首都圏。そんな中実施されたオリンピック。
無観客は勿体ないと思いつつも、最良の選択のように思います。(本当は実施反対派だったけど)オリンピックが行われるのに自分たちだけ我慢するのはおかしい?何をとんちんかんなことを言っているのかバカどもが!!オリンピックの開催と我慢の解放と何の関係があるのか?

そんなことを思いながらオリンピックを見る。
ソフトボールの決勝。6回と7回だけだけど、マジで真剣に見た。生まれて初めて真剣に見た。感動した。おめでとう。
今日の女子バレーボール韓国戦。あそこまで追い込んでリードして、最後は追いつかれて負け。がっかり・・・韓国にだけは負けるとマジ悔しい。まず、文句があるならば日本に来るな!と言いたい。


本題


最近は「カシオペア紀行」は順調に運転されているようで。しかし、殆ど出向くことも無くなった。
あまりにもカメラを手にしていないので、1発だけ仕留めに出掛けました。


※撮影は、令和3年7月31日です。


クリックすると元のサイズで表示します
E233系 1628E 小金井行

あまりにも久し振りなので練習。


クリックすると元のサイズで表示します
EF8180牽引 「カシオペア紀行」盛岡行き

今日の牽引機はインパクトのない80号機。しかし今や貴重なカマ。
予定時間に現れず、やっと来たと思ったらいつにない程ゆっくりでした。最後部を見送ったところで湘南新宿ライン南行が来襲。危なかった・・・。

で、過去の記録を見たら一昨年の8月以来2年振りの撮影でした。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ