鉄道コム

2021/11/30  2:20

動力が悩ましいマイクロエース(その2)  マル鉄コレクション館
こんばんわ。


昨日のあさイチで、「スズメが少なくなった」という疑問が寄せられていました。
確かに、職場の同僚が数年前に同じようなことを言っていましたが、通勤時には良く道路でエサを拾っているスズメの出くわすので、「そうかな〜」という印象です。職場近くの新宿中央公園でも、結構良く見ますで。


クリックすると元のサイズで表示します

昨日はもしかして今年最後の1日有給になるかもしれんお休みをいただきました。
今年はちょうど運転免許の更新でもあったので、ついでに用を済ませてきました。
庭で一服していると7〜8羽のスズメがエサを探していました。写真に撮ろうと近付くと、実家の屋根の上へ逃げ、私が家に入ると庭に降りてくるという攻防戦。仕方なく屋根の上のスズメを切り取ると、4羽を捕獲できましたw


さて、ちょっと前に動力が悩ましいマイクロエースでご報告のとおり、時間が空いた時にマイクロエース社製のM車のテストを実施しています。
先日の土曜日、また時間が取れたのでテストしてみました。
参考までにここに記しておきます。


A2060 相模鉄道 ED11+ED12

ダルマ屋が閉店するときに70%OFFで売っていたので用が無いけど買っておいたもの。
再生産もあったようですが、楽天で調べても中古市場にすら殆ど出ていないレア化している商品のようです。

2両ともM車ですが、ED11は動いたものの、ED12は全く動きません。試しに前後に揺さぶったところ、数回繰り返すうちにやっと動くようになりました。
しかし、同時に走らせるとスピード差があるため、重連協調は危険そうです。


A2401 EF15−6 五つ窓
A2501 EF16−30 上越
A2801 ED16−1 ATS
A0210 EF70−1 1次型
A3702 EF80−61 2次型
A3703 EF80−37 1次型・変形窓

いずれも問題なく動きました。


A8804 DD13−85 6次型・標準色

ちょっとぎこちなかったですが、走らせているうちになんとか、と言った感じ。


A3701 EF80−5 1次型

最初は動かず、これも前後に揺さぶったら動くようにはなったのですが・・・。
スローから停止させると、再起動させようにも動きません。押すと動き出すけど停まると動かない。しばらく走らせても改善しません。
クオリティと言うよりは、個体としての不良かもしれません。


A7501 DD16−303 ディーゼル機関車

これが一番厄介でした。
線路においてもライトが点かない。つまり通電すらしていない。前後に揺さぶってもダメ。
しかし、何度も動かしたら一瞬だけ通電しました。おや???
左右に揺さぶってみると、どうもフランジがこすったときにだけ通電している様子でした。
手に持ったまま左右に揺さぶり、通電→切を繰り返し、車輪を磨くような感じで回し続けたら、なんと動くようになりました。もしかしたら、以前にレイアウト上で走らせたときに、車輪が汚れたのかな?もう1年以上も前なので、全く記憶がありません。

取り敢えず、前回と同様に、まあ動くようになりました。

これでSL以外の車両は殆どテストが終わりましたが、仕舞っきりで取り出せない私鉄車両などの電車セット、床下へ行ってしまったDD14やDD50という大切なコレクションのテストができないのが歯がゆいところ。特にDD50の爆裂が気掛かり。

これから12月には忙しくなるので、年内のテストは厳しそう。
またテストの機会があったらご紹介したいと思います。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
3

2021/11/27  15:59

KATO 2022年4月新製品  マル鉄コレクション館
ちわ!

KATOから来年4月発売品のポスターが発表されました。


クリックすると元のサイズで表示します
KATO 2022年4月新製品ポスター(PDF)


前回に続き衝撃的な内容で、今度はEF61の茶色バージョンが組まれました。
まあ、模型界で言えばあるべき流れなんですが、EF62やEF63と同様にその期間はかなり限定的です。

そして、今回の茶色バージョンで注目されるパートナーとなるのが20系寝台客車。
従来もリニューアルに合わせて数々のバージョンが発売されてきましたが、今回は実際に牽引実績のあった「あさかぜ」のいわゆる殿様編成です。既製品の登場時バージョンから一歩進化した改良版編成となります。

20系ファンとしては是非とも揃えたい内容ですが、ここまで手を出してしまうとキリがなくなってしまうので、正直躊躇してしまうシチュエーションです。
この組み合わせ、EF61登場時のコンビだったようですが、説明にあるとおり、何故か上り「あさかぜ」のみだったそうで、随分と限定された運用だったんですね。まだEF58が特急列車の牽引に台頭していた時代の末期の頃になるようです。


クリックすると元のサイズで表示します

そしてもう一つの注目は、EF60500番台のセッティング。
こちらもブルトレ牽引用として登場した当時のみ見られたバージョンで、性能の問題から長くは続かなかった期間限定の仕様です。
追記:この写真だとスノープラウが付いてますね。どう影響するでしょうか?


クリックすると元のサイズで表示します

大宮センター公開で展示されたブルトレ色のEF60。
私の世代でも写真を撮るようになった頃には既にEF65Pになっており、この姿は見たことがありません。むしろ・・・


クリックすると元のサイズで表示します

P型と交代したEF60500番台は、貨物用となってこんな地味な姿しか見たことがなく、昔の写真を見てこのカマのブルトレ色を見てみたかったと憧れもありました。


クリックすると元のサイズで表示します

そんな折、国鉄時代の末期に高崎局がやってくれました。
保存されていた501号機をブルトレ色に塗り替え展示されたのです。
当時は事前の情報も入る時代ではなかったので、会場に行って本当に驚いたものです。
しかも、既に除籍になっていた筈の同機が復活し、団体運用で高崎〜上野を往復したという情報を数か月後に鉄道ファン誌で知り、その後の運転を期待したものでした。
しかし、期待虚しく、直ぐに再度廃車になり、2度と戻らなかったようです。


東海道には手を出さないようにしていますが、前回のEF61に関しては小学生時代からの思い入れも有り、予約してあります。
しかし、今回の茶色バージョンに関してはちょっと微妙です。かなり限定的な期間・組み合わせでもあり、パスしたいところ。同じ理由で20系寝台客車もパス。ただ、EF61茶については今後の再生産も無さそうな気がして、今回購入しておかないと手に入らなくなってしまいそうな気がするので、一番迷っています。

そして、EF60500についても、時代背景的にはパスしたいところ、やはり思い入れがあるので手に入れておきたい。往時を偲ぶ編成でなくても、復活機として12系客車を牽かせるというのも有りかな?という気がします。

EF60500については、貨物色への発展も当然有り得るので、今後の展開が期待できる車両となりそうです。←当然なるでしょうし、ならないことが有り得ない。

今回の内容も、内容としてはストーリーが良く出来ていると思いました。ここ数年、こうしたストーリーが見えない発表が多かったので、逆にどうしちゃったの?と思うのは私だけでしょうか?


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
6

2021/11/25  8:00

2021/11/23 配8593レ  国鉄・JR機関車(直流型)
おはようございます。


2日遅れになってしまいましたが、勤労感謝の日、原色復帰後未撮影となっていた2081号機が来そうなので、ピンポイントで撮ってきました。


※撮影は、令和3年11月23日です。


クリックすると元のサイズで表示します
EF652081牽引  配8593レ

雲のメチャクチャ多い晴れ。ちょっと露出不足でした。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
2

2021/11/23  23:53

令和3年度 蕨市総合防災演習  その他乗り物写真館
こんばんわ。


無免許当て逃げ都議がやっと辞職したそうで。
「女性や子どもを守りたい」と思う人間が免停・無免許運転を繰り返し、何から守ろうとしているのか、言っていることとやっていることが矛盾だらけ。挙句に「これ以上家族を危険にさらせない」から辞職する・・・最後まで言っていることの意味が理解できない。
まずは、「反省できない自分を恥じて辞職する」くらいの反省の弁があるべきだと思う。


令和3年11月21日(日)、『令和3年度 蕨市総合防災演習』が実施されました。

例年は真夏の8月に実施されていたのですが、コロナ禍のため令和2年度は中止。今年度も中止かと思われたのですが、GOサインからの立ち上げの遅れか、この遅い時期に実施となったようです。


訓練内容は参加者が大勢写ってしまうため、車両の写真だけ撮影しておきました。


クリックすると元のサイズで表示します
起震車

この車両は埼玉県防災学習センター所属で、毎年借りてきます。


クリックすると元のサイズで表示します
蕨指揮1

クリックすると元のサイズで表示します
蕨1

クリックすると元のサイズで表示します
蕨3

クリックすると元のサイズで表示します
蕨L2

クリックすると元のサイズで表示します
蕨救急3

クリックすると元のサイズで表示します
蕨救助1

この他、写真は撮れませんでしたが、指揮2と蕨2も来ており、蕨L1はしご車以外の殆どが集合していたようです。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

屈折式はしご車(Σ型)による高所救助訓練。


クリックすると元のサイズで表示します
自衛隊 32普−3

最後に番外で自衛隊からの車両。
前々回辺りから呼んでいると思いますが、今回は輸送車以外にこんな車両も。
機銃を搭載できる車両だそうで。

内容は毎年同じでマンネリ化していますが、地域持ち回りで7年に1回程度、雨天中止を含めると1年に1度程度しか順番が回ってきませんので、その地域の参加者はそれほど経験することができません。ですので、地域参加型としては無くてはならない訓練です。


昨年は関東で大きな地震がなかったのですが、河川反乱の危機もありましたし、今年は大小を含め地震が多くなりました。
個々の家庭では防災意識を持っているのかもしれませんが、防災訓練を実施しても年々参加者が減少しています。高齢世帯、核家族世帯、独身世帯の増加により「誰かが何とかしてくれる」意識の表れかな?と思っています。
そんな中、「何とかしてあげなきゃ」というボランティア精神で地域活性を実践してきた町会役員たちも高齢化が進み、後継者も殆ど現れません。
私も防災役員をしていますが、そろそろ限界を感じています。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
1
タグ: 令和3年度

2021/11/21  0:32

2021/11/20 「カシオペア紀行」秋田行ほか  写真撮影
昨日は「カシオペア紀行」が秋田行きで運転されるようで、久し振りにEF64と重連だと思いワンポイントで出掛けました。

この時期は相当厳しい時間であることは承知しています。
ISO800でも厳しいかな?シャッタースピードを落としながら待ちます。
しかし、時間になっても来る様子が無く。と言うより、本線の運転本数も少ないような?

既に日没を迎え、秒単位で暗くなってきます。とうとうISO8000−1/320秒まで落ちてきてしまいました。
まさかウヤ?と思って確認すると、EF8180で運転はされている様子

クリックすると元のサイズで表示します
湘南新宿ライン 4534Y

テスト1発目。湘南新宿ラインはフツーに動いてるっぽい。
ちなみに、京浜東北線北行は普段はあり得ない詰まり気味ですね。


クリックすると元のサイズで表示します
EH500−25 遅3054レ

背後を振り返ると電熱球ヘッドライトが。調べたら3054レが1時間以上遅れてきたようです。


クリックすると元のサイズで表示します
宇都宮線 1628E

一向に現れない「カシオペア紀行」というか、下り線も上り線も異様に電車が通らない。
やっと来た下り列車は、既に「カシオペア紀行」の通過時間。


クリックすると元のサイズで表示します
EF8180 「カシオペア紀行」

待つこと暫し、やっとヘッドライトが見えましたが、やはりEF64はなかった。
7〜8分遅れてきたために、ものすごく暗くなってしまいました。
写真は加工して明るくしていますが、原版はかなりの光量不足状態です。


上越線経由の場合はEF64と重連になるとばかり思っていたのですが、EF64の淘汰により、もう重連運転は望めないのでしょうか?それとも東北本線経由だったのかな?


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
4

2021/11/20  11:11

「SL銀河」が2023年春に運行終了  写真無しの情報など
「銀河鉄道の夜」モチーフの「SL銀河」、2023年春に運行終了へ

だそうです。


もう30年近く前、釜石線のSL列車を撮影に行きましたが、もうそんな体力も時間もなく、まったく縁のない地域となってしまいまいました。


JR北海道から購入したキハ143系を客車として使用するという、奇抜且つ画期的な運行方法を採用した列車でしたが、キハ143系の老朽化により運行が打ち切りとなってしまうようです。C58に比べれば遥かに若いんですけれどもね。


クリックすると元のサイズで表示します
平成26年3月8日 9116レ 団体列車「みちのくSLギャラクシー」

そんな縁も無さそうな車両ですが、お披露目も兼ねた上京により運よく実車を見ることができました。牽引機のEF510も地元では見られなくなってしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します
平成26年3月9日 尾久車両センターにて

翌日、有料の企画で展示会が実施されました。
おこぼれにあやかって実車を間近で見ることができました。
記事は写真館『「みちのくSLギャラクシー」展示会:車両編』にてまとめてあります。


引退まで1年半近くありますが、まあおそらくは出掛ける機会も無さそうで、このままC58が牽引する列車を見られることもないでしょう。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
1

2021/11/18  20:11

動力が悩ましいマイクロエース  マル鉄コレクション館
こんばんわ。


数か月前、Nゲージ車両を走らせる目的でKATOの基本セットを購入し、セット&片付けが面倒なために1か月に1回くらい動力車を走らせています。
今は「走らせて遊ぶ」というより、購入してから20年も走らせていない、モノによっては新品未開封のまま放置されていた車両たちが「動くのかどうか」のテストをしてみるためという感じです。

特に、以前『【衝撃】マイクロエース崩壊 ED71』でご報告しましたとおり、マイクロエース社の動力はダイキャスト崩壊や電導部の劣化などで使い物にならない製品が多くこの世に出ているため。


先日も久し振りに線路をつなぎ、前々回の不良車両の復旧を試みたので、備忘録として記録しておきたいと思います。


まずは今回初めて走らせたのが、マイクロエースのDD53。ロータリー除雪装置をセットしたDD53−1新庄機関区と言う製品。
いきなりショックです。動きません。
この車両をテストする前に、TOMIXのキハ26一段窓2両セットとクモヤ443タイプを走らせました。いずれも初走行で、特にクモヤ443タイプに関しては購入から20年以上経過している筈です。しかし、いずれも何の問題もなく走りました。
そうした状況からも、マイクロエース社製に関しては5台に1台くらいは走らないといったテスト結果は、正直、ダメだなぁ〜という印象が強くなっています。


そして、前回のテスト走行においても、8台くらいのM車を走らせてみましたが、EH10−1とEF14が動きませんでした。
しかし、いずれも進行方向のヘッドライトはちゃんと点灯しますので、電導部の劣化等ではないだろうと判断。ちょっとモーター部をいじればなんとかなるか?という感じでボディの外してみます。

DD53−1は比較的に簡単に外れましたが、EH10とEF14はかなりキツイですね。
構造もいずれもなんとか外すことができましたが、これ以上の分解はドツボにハマりそうなので断念。ウォームギア部やフライホイール部に楊枝で回転を何度か加えてみたら、すべての車両が無事に走り出しました。

このような状態は、各社とも走らせすぎて久し振りに走らせたりすると良く起きる現象ですが、通常は前後にちょっと揺さぶると復旧することが多いようです。しかし、ここまで馴染ませないと動かないのはちょっと構造的な問題があるのでしょうか?特に、EH10は2両連結で共にモーターを搭載しており、いずれも動かない、同様の衝撃で動き出すという状態でしたので、個体差と言うよりはクオリティと言われても仕方ないと思います。


今ではマイクロエース社製の車両を購入することはまずありませんが、過去にはM車だけでも数十両を抱えている筈です。ゆっくりペースですが、片付けながらテストを続けて行かなければならん、そんな状況に陥っています。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
2

2021/11/13  18:29

2021/11/13 羽田南風運用 飛行機と月  その他乗り物写真館
こんばんわ。


ここ数カ月、鉄道ダイヤ情報がネット注文で入りづらくなって以来、すっかり購入するのをやめてしまいましいた。
ただでさえコロナ禍で団体企画列車の運転取り止めが相次いでいたので、すっかり情報のアンテナが消えてしまいました。それでも「カシオペア紀行」や四季島などは順調に運転を再開しているので、そろそろアンテナを復帰しないといけないのかも。


もう「カシオペア紀行」も撮影が厳しくなってきたし、目玉も特に見出せなかったので、どこにも出掛けませんでした。
そんな中、外で一服していたら、月と飛行機の南風運用が良い感じになりそうだったので、ちょっと庭で張っていました。


※撮影は、令和3年11月13日です。トリミングでズルしてます。


クリックすると元のサイズで表示します
う〜ん、近いと思ったけど、ファインダーで切り取るとスケールが違う。


クリックすると元のサイズで表示します
うん、このポジション、惜しい!


クリックすると元のサイズで表示します
う〜ん、ビミョーなズレ、高低差で狙ったとおりにいかない・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
おぉーーーーきたぁーーーー!

本当は月を上にしたかったんですけどね。これはこれで良いかな。

天気、風向き、季節、月の軌道とすべての条件が備わらないと撮れない。なかなか難しくて、やっと撮れました。ちょっとズルはしてますけど。


クリックすると元のサイズで表示します
最後はエロ光線で。

月も光って来たのですが、かなり高い位置になってしまい、合わせることはできませんでした。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
2

2021/11/6  22:24

2021/11/06 配8593レ まさかの代走  写真撮影
こんばんわ。

11月3日夜、本当に久し振りに185系のモーター音が夜の街に響き渡った。房総方面とかで臨時列車が走ったようで、おそらくの帰区回送が走り抜けたのだろう。
新型コロナも小休止か、廃車回送も進む中、少数が残った185系に最後の花道は用意されるのだろうか?


さて、今日のPFスジ配給列車は大宮公開以来会っていなかった2101号機が流れてきそうなので、朝からちょいと突撃してきました。


※撮影は、令和3年11月6日です。



クリックすると元のサイズで表示します
EH500−60牽引  配8593レ

秋晴れどピーカンの大逆光。撮影条件悪いのは知っているけど、原色の期待に誘われて。
しかし、いざライトに見えると何だか赤いような?
来たのは期待を見事に裏切るEH500でした。2101号機よ何処へ?


クリックすると元のサイズで表示します
特急「スペーシアきぬがわ2号」

最近、JR乗り入れ編成にも復刻塗装が誕生したような?しかし、こちらも金スぺで今までどおり。


クリックすると元のサイズで表示します
651系 特急「あかぎ8号」

1分も経たずに後追いで。こちらも早く乗車率が回復すれば良いのですが・・・


この場所に先着でいたガキ2名。
歩道橋の曲がり角インコースに三脚2本ぶっ立てて全然違う場所で何やら写真も撮らずに鉄道の研究をしているよう。
鉄道ファンを見下す気持ちはないが、こんな狭い通り道に邪魔なものぶっ立てて平気な神経であることが不思議でならない。年寄りとか手すりにつかまらないと歩けない人も居るし、まして盲目であったらどんな事故になるかわからない。ガキだから責任は取れないだろうけど、自分が中学くらいの時にはその程度の善悪の判断はできたように思う。
現在巷で嫌われている撮り鉄どもは、このような感じの人間がなんの学習もできずに大人になって来たのだろうと想像が付く。もっとも、鉄道ファンに限ったことじゃないけれどもね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ