鉄道コム

2021/12/29  20:08

【鉄道趣味】2021年を振り返る(その3完)  マル鉄アーカイブズ
「12月は仕事が忙しくなるから嫌だぁ〜」と言ってから、気が付けば仕事終わってるじゃんって言うくらいあっと言う間に過ぎ去っていました。
地域防災の備品や備蓄品の補助金申請、購入などで休みの日もそれなりに忙しかったので、まるで半月しか経っていないと思うくらい早かったです。


2021年を振り返る最終回です。

JRで地方編を振り返ってみます。


クリックすると元のサイズで表示します

485系:「ジパング」

「リゾートやまどり」化で余剰となった先頭車2両に中間車をそのまま連結した凸凹編成で特徴のあったジョイフルトレイン。宮城県を中心に活躍していたためいずれ撮影に行ったみたいと思っていましたが、実現せずに終わってしまいました。
唯一、尾久センターで展示された時の写真だけ。展示方法が悪く幻滅しました。


クリックすると元のサイズで表示します

キハ100系:快速「しもきた」

青森発着の快速「しもきた」が無くなってしまったようです。
大好きだった北海道も結婚と共に行く機会が無くなり、縁が無くなってしまいましたが、25年勤続でもらった1週間の休暇と旅行券を使用して最後の「日本海」を撮影に行った際に青森駅で撮影できたもの。


クリックすると元のサイズで表示します

奥羽本線 赤岩駅(スイッチバック時代)

JR北海道では毎年多くの駅が廃止になっています。利用者が居なければなくなって当然ですが、その傾向がJR各社にも波及してきました。
スイッチバックが廃止になる前に訪問した板谷峠の4連チャンスイッチバック駅。その入り口であった赤岩駅が廃止されました。
確かに、この駅の周辺に家はなく、この駅に来る道すら分からないような秘境駅でした。


クリックすると元のサイズで表示します

415系800番代:七尾線(新塗装)

JR西日本の七尾線。北陸新幹線開業に伴う北陸本線の3セク化に伴い、飛び地化してしまいました。
電化当初に直流中古車を改造して誕生した415系800番代。115系の中でも初期車であったため、JR西日本の中でも最古参に分類される車両であり、今まで良く持ち堪えました。


クリックすると元のサイズで表示します

JR四国 2000系:特急「しまんと」
JR四国 2000系:特急「南風」

JR四国も新車の投入が進みました。
国鉄時代末期のキハ185系が健在にもかかわらず、JR化後に誕生した2000系の廃車が進んでいます。
3月改正で予讃線及び土讃線の末端区間のみの運用となり、「しまんと」「南風」には使用されなくなってしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します

DD51型ディーゼル機関車(中京地区編)
DD51型ディーゼル機関車:A更新青塗装車

JR貨物におけるDD51最後の牙城となっていた四日市地区も、遠く北からやってきた赤熊さんに役目を譲り、JR貨物におけるDD51の運用を完結しました。
かつては四国を除く全国に配置され、SLばかりかDF50やDD54まで駆逐し成長してきたマンモス機も、寄る年波には勝てずに引退となりました。


ちょっと身近な私鉄にも触れておきましょう。


クリックすると元のサイズで表示します

西武鉄道 多摩湖線:新101系(白色編)
西武鉄道 多摩湖線:新101系(黄色編)

西武鉄道で旧型車が集まりやすい支線においても3ドア車の淘汰が進んでおり、多摩湖線から新101系が撤退しました。
さらに終点の「西武遊園地」も駅名が改称され、この組み合わせも過去のものに。


クリックすると元のサイズで表示します

西武鉄道 10000系 ニューレッドアローCLASSIC:特急「小江戸」

池袋線・秩父線からニューレッドアローが撤退し、その際に廃車を免れて新宿線へと転戦したニューレッドアローCLASSICでしたが、わずか1年で引退となってしまいました。
あまりにも急だったので撮影に行く機会もなく、仕事の帰り道に西武新宿駅で捉えるのが精一杯でした。


クリックすると元のサイズで表示します

都営浅草線 5300形(前期形)

こちらは都営浅草線の5300形。
初期車はすべて廃車となり、残るは5320Fの1編成のみとなりました。もう時間の問題ですね。

乗り入れ先の京成電鉄では、3500形と3600形が壊滅状態となっていますが、動態保存的な意味合いか、1編成ずつで辛うじて持ち堪えています。新車の導入も徐々にですが進んでおり、元AE車の足回りを持つ3400形と合わせて、今後の動向が気になるところです。

来年は小田急電鉄のVSEが早過ぎる定期運用撤退、予定時刻表から消えてしまった東武鉄道350系特急「きりふり」、同じく東武6050系の運用縮小など、注視すべき話題が続きます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2021/12/27  1:05

【鉄道趣味】2021年を振り返る(その2)  マル鉄アーカイブズ
2021年の身近な鉄道の動きを振り返る第2弾。

今回はJR東日本の新幹線や貨物関係、そしてオリンピック・パラリンピック関係に触れてみたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

E4系:上越新幹線 「Maxとき」・「Maxたにがわ」(帯色変更過渡期)
E4系:上越新幹線 「Maxとき」・「Maxたにがわ」(黄帯時代)

まずは新幹線で最も大きな動きとなった2階建て新幹線E4系の引退です。
好評による利用客の増、通勤需要に伴う着席機会の確保を目的に、それまでグリーン車に導入されてきた2階建てを普通車にまで波及させました。
初代MaxことE1系に続き、8両編成として2編成を連結して16連を可能とするなど、汎用かつ柔軟な対応を可能としたE4系が誕生しました。

大量輸送を可能としましたが、その車体の大きさ故に重量があり、これが更なる高速化の足かせとなってしまったことにより、運用の範囲が狭まることに。一部の編成は北陸新幹線での運用も可能でしたが、そちら方面ではそれほどの需要もなく、主な活躍の区間は越後湯沢〜東京間となっていました。

本来なら昨年のうちに引退の予定だったようですが、北陸新幹線車両基地の水害に伴い、冠水した車両はすべて廃車に。新造のE7系をそちらの代替に充てたために引退が伸びることとなりましたが、コロナ禍による利用客の激減も影響したか、運用にメドが付いたようで引退となった模様です。

100系新幹線から続いた2階建て新幹線の歴史もここで終止符が打たれ、おそらく今後は誕生することもないでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します

新幹線E3系0番代:「なすの」

もう一つ、静かに終焉を迎えたのが、「こまち」から引退し「なすの」用として使用されてきた2編成のE3系0番代。
こちらも新製を抑える上で座席数を確保する意味で使用されてきたと思われますが、やはりコロナ禍による運用減少で余力ができたため、改正を待たずに運用から外れてしまいました。
同形式で団体用に改造された「現美新幹線」もやはり引退となりましたが、こちらはとうとう撮影することができませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します

JR東日本 越中島支線:DE10牽引 チキ5500×4

保守用の資材はチキやホキなどの貨車を使用して輸送していたJR東日本ですが、JR東海と同様にこれらを気動車化又は電車化することになり、先行してチキ工臨がほぼ全滅になってしまいました。
ホキについては引き続き増備が予想され、さらには甲種回送も電車化の可能性があることからDD51やDE10、そしてEF64、EF65、EF81、ED75といった機関車は消滅のおそれすら出てきました。


クリックすると元のサイズで表示します

安中貨物 トキ25000−

一方、動きの読みづらいJR貨物ですが、EF65PFやEF641000番代が徐々に数を減らしています。地元ではEF64を見ることがなくなり、PF運用も風前の灯火状態。
そして、有名な安中貨物ではトキ25000による運用が消滅し、唯一定期運転が行われていた無蓋車による運用もピリオドが打たれました。


JR東日本 蕨変電所火災

事件です。
限りなく地元である蕨変電所で火災事故が発生。関係路線が大混乱となりました。
その後の調査で変電設備ではなく所内の配電系の火災だったようですが、子供の頃から知っている身近でこんな小さな変電所がこれほど重要な施設だとは知りませんでした。平日じゃなくて良かったです。


E233系 埼京線:オリンピックラッピング

りんかい線:オリパララッピング

京王バス 三菱エアロスター:TOKYO2020ラッピング

そしてオリンピック・パラリンピック。
新型コロナのお蔭で1年間延期され、さらに一向に収まらない感染状況のために無観客となるなど、全く盛り上がらないイベントとなっていまいました。延期実施に当たっては様々な意味で賛否両論がありましたが、尽力を注がれた関係者に方々には敬意を表します。
私自身は実施されないと踏んでいたため、ラッピング列車、バスなど殆ど目もくれず、気が付けばラッピングを諦めてしまった企業も多かったため、たったこれだけしか記録していませんでした。

その3に続きます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
1

2021/12/26  0:11

【鉄道趣味】2021年を振り返る(その1)  マル鉄アーカイブズ
日が変わる寸前、タバコを吸いに庭に出ると、バイクのカバーがパチパチと音を立てました。雨かと思ったら雪の粒が。温暖化が言われつつも、ここ数年は12月に時折雪を見ることがあります。子供の頃から数年に1度くらいしかなかったんですけどね。


2021年も間もなく終わりを迎えます。

今年もコロナ禍で停滞気味の世の中、鉄道業界も試練の年が続きました。

そんな状況ですので、活発な趣味活動はできない状態ですが、過去の記録から引っ張り出した写真を見ながら、2021年を振り返ってみようと思います。

1回目は、地元JR東日本の在来線関係を拾ってみます。


クリックすると元のサイズで表示します

185系:特急「踊り子」
他の「踊り子」のリンクをこのリンク先記事に置いてあります。
185系:「湘南ライナー」
185系:「ホームライナー小田原」
185系OM車:臨時快速「あしかが大藤まつり」

まず大きかった話題と言えば、長年牙城を守ってきた国鉄型185系の定期運用の撤退でしょう。特急「踊り子」から完全に撤退するとともに、通勤ライナーや毎年設定されていた臨時列車からも撤退し、あのけたたましい爆音を聞くこともなくなりました。


クリックすると元のサイズで表示します

E257系2000番代:特急「湘南21号」 新宿発初日

代わって登場したのがE257系2000番代。
本来ならもう1年早く登場したと思いますが、あまりにも無理な工期で改造が指示されたらしく、労使間でももめたような話が伝わってきました。改造の仕上げの悪さを指摘する投稿も見受けられ、ここでやっと置換えとなったようです。


クリックすると元のサイズで表示します

215系:「湘南ライナー」
「おはようライナー新宿26号」ライナー券
215系:快速「ホリデー快速ビューやまなし」

同じく東海道方面で通勤ライナーに使用されてきた215系も完全引退となりました。
総2階建ての画期的な車両でしたが、座席が多いながらも2ドアがネックとなり本来の目的に対応できず、ホームドア設置の足かせになってしまったことも原因と考えられます。
同時に、中央本線の風物詩であった「ホリデー快速ビューやまなし」も廃止になってしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します

JR東日本 EF6437
本来はなかった茶色塗装で「あけぼの」などの牽引にも活躍したEF6437が廃車となりました。
これで最後の0番台が全て居なくなりました。


E231系:宇都宮線3553M「通勤快速」(最終日)

細かい部分ですが、東北本線と高崎線の夕方に残っていた通勤快速の名称が統合により消滅しています。


651系:新宿行き 特急「あかぎ10号」

利用率の悪い休日運転の新宿「あかぎ」が廃止となりました。
ただし平日運転の「スワローあかぎ」は存続しています。

その2に続きます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2021/12/25  1:08

2021/12/24 E257系 特急「湘南21号」  特急型電車(直流)
こんばんわ。

クリスマスイブです。
私はキリスト教信者ではないので、特に歓迎する日ではありません。単純にケーキが食える機会と捉えています。


そんな昨日の帰り道、しなのさかいさんとIMONに寄ったら、TOMIXから多種の製品が発売された日と重なったため、大混雑でした。
いつもより遅くなり、これまた大混雑の新宿駅を移動していると、特急ホームに特急「湘南」が停まっていました。

この時間帯にはあまり当たらないので、久し振りにワンショットだけ撮ってみました。


※撮影は、令和3年12月24日、新宿駅にて。


クリックすると元のサイズで表示します
E257系2000番代 特急「湘南21号」

誰も居ないのを良いことに後部の貫通型から。
余裕で間に合うと先頭に歩いて行くものの、意外と出発間際であることに気付きました。
少し早歩きするものの間に合わず。この1枚のみ。

帰りに何かクリスマスのネタを買って帰ろうと思いましたが、どこも大混雑。
家に帰ったら気の利いた家族たちがデザートを用意していたので、とりあえず有り合わせで乾杯。(ノンアルコール)


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
3

2021/12/19  11:31

2021/12/18 単配8593レ  国鉄・JR機関車(直流型)
今朝も冷え込みました。
我が家の庭でも初氷、初霜柱を観測しました。
ここ数日思いっきり冷え込んでいますが、暴風とも言えるような風があったために凍結しなかったのだろうと思います。


昨日、4週間振りに配8593レを撮ってきました。
事前のチェックで2084号機っぽいのですが、過去調査をすると、原色復帰後このカマも未撮影となっていました。


※撮影は、令和3年12月18日です。


クリックすると元のサイズで表示します
EF651084 単配8593レ

接近が点滅してから思ったより早くやって来たため、ちょっと構図を失敗。後部が要らないため構図をいじりました。

原色復帰後未撮影がまだ残っているのか調べてみましたが、このカマでやっと全機撮れたようです。
ただ、2101号機だけは何回かチャンスがあったものの、何故か直前に差し変わって撮影できていません。大宮車両所で一応は撮影できていますが、やはり走行中の姿も押さえておきたいものです。


クリックすると元のサイズで表示します

自転車橋の階段側にこんな立て看板が。
令和8年までって、えらい長いですね。
この自転車橋、私がこの辺りで写真を撮るようになった50年前には既に架橋されていました。おそらく、複々線から3複線になった際、踏切の廃止と同時に代替として架橋されたものと思われます。※子供の頃に自転車スロープ側の下端に踏切の痕跡が残っていました。

耐震上の問題が無ければ、100年は持つのかもしれませんね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
2

2021/12/18  9:02

都庁と月  鉄道以外の写真ネタ
おはようございます。

昨日、定時で帰宅できるつもりで仕事をしていましたが、なにやら提出物があったのを忘れていて、催促のメールが来ていました。
これに対応しているうちに別の作業が生じ、新しいシステムが全く訳分からずてんてこ舞い。あっと言う間に1時間残業してしまいました。アタマに来て公園へタバコを吸いに行き、いつも感じたことのない変化に気が付きました。

ライトアップされた都庁第一庁舎の上の方に強力なライトが光っていたのです。さっきから飛んでいるヘリコプターにしても強烈過ぎる光。20時近い時間に工事などしている筈もない。
良く見ると、大きな月でした。

スマホを取り出して撮影してみるも、都庁だけだとキレイに写るのに、月を入れた構図にすると変な反応をして画面がおかしくなってしまう。何回撮っても同じ現象。
どうしても画にしたくて、さっさと片づけをし、デジカメを持ってもう一度挑戦。
しかし、どうしたことか、結果としてスマホと同じ現象になってしまいました。


※撮影は、令和3年12月17日です。


クリックすると元のサイズで表示します

その中でなんとか見られる写真がやっと1枚だけ撮れました。
月の光量があまりにも強く、月の輪郭を表現すると都庁が真っ暗で写らないほど。
往復している間に真ん中にあった月も位置がずれてしまいました。公園の木があるため立ち位置が変えられず、このポジションが限界。
満月かと思ったのですが、満月は明日19日らしいですね。


この後帰宅しましたが、家につくと物凄い暴風になり、橋を渡る鉄道は軒並み運転見合わせ。もたもたしていたら酷い目に遭うところでした。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
2
タグ:  都庁

2021/12/16  0:27

都庁のPR看板がやっと撤去  鉄道以外の写真ネタ
こんばんわ。

令和3年12月15日、オリンピック・パラリンピック終了後、永らくそのままにされていたPR看板がやっと撤去されたようです。

朝、通勤時になにやらクレーンのゴンドラがへばりついているので何かと見上げると、作業が行われていました。


クリックすると元のサイズで表示します

人と比較するとかなり大きいものであることが判ります。
こんなに大きいのに1人で作業するんですネ。
普段は前か下しか見ていないので、こんなところに放置されているのに気が付きませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します

都民広場に向けて取り付けてあるPR看板は、以前から気になっていました。
オリパラが終ったらすぐに撤去されるものだと思っていたので、何時まで経っても撤去されないなと・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらも反対側に櫓が立ててあるので、同時に作業が行われるようです。


これでやっと元の何もない風景に戻ります。

準備から直前まで、何かと騒がれ不評を買ったオリンピック・パラリンピック。
やらないものだと思っていたけど、まともな人たちの尽力で、それなりに盛り上がって無事に閉幕となりました。もうずーっと前みたいな感じがします。
コロナのお蔭で歴史に残る盛り上がらなさのオリンピック・パラリンピック。しかし、この時を待ったアスリートや関係者にとって二度とない時。なんとか開催されたので良かったですね。4年に1度の開催は、年齢のハンディに大きくかかって来ますから。
まさかこんなウイルスにかき回されるとは夢にも思いませんでした。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
4

2021/12/10  10:07

京浜東北線 車内モニタ故障中(その2)  その他電車
おはようございます。

12月は休めないかと思っていましたが、とりあえずピーク第1弾が切れたようなので強引に休んでみました。


1年強前、『京浜東北線 車内モニタ故障中?!』で車内モニタの故障を記事にしたことがあり、この間、時折真っ白な車内モニタを目撃することなどありましたが、先日、また張り紙付きの故障を見ることができました。


クリックすると元のサイズで表示します
令和3年12月7日 京浜東北線

埼京線がダイヤ乱れで遅れており、ギリギリで飛び乗った車両。
違和感あってモニタをみると、広告側が故障中。
故障は片側か、何も表示されない、「JR」のみが表示されることがあります。
この日の車両は広告側が両翼とも「故障中」となっていました。
車端に乗っていたので隣の車両覗いてみると、正常に表示されているようでした。


前回の目撃例と異なり、文字は小さめですが、英語表記があってかなり趣きが違います。
普段は見たくもないものを見せられているような鬱陶しさを感じることもあります。しかし、やはりそれも一つの当たり前化になってしまったようで、何も映らないと寂しい感じがします。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
1

2021/12/5  19:48

2021/12/04 EF210−124牽引 謎タンク列車  国鉄・JR機関車(直流型)
こんばんわ。

せっかくの土日でしたが・・・
デキモノができて痛みがたまらんので、土曜日の午前中に市内の病院に行って来たら専門医の検査が必要と言うことになり、さらに午後も3時間費やして通院したため、医者に行っているだけで1日が終ってしまいました。

そして日曜日は早朝から公園のクリーンアップ、そして続きから町会の役員会が1年半以上振り行われ、殆どゆっくりできないまま終わってしまいました。
こんなんでは疲れが取れないし、先週残してきた莫大な仕事を片付けなければならないことを考えると、もう既に疲れてしまいます。


そんで土曜日、紹介状を出されたクリニックがある新都心の外れに行ってきました。
与野駅から歩いた方がちょっと近いらしいので、何年振りかに降りました。かつて国鉄時代に2年間勤務した駅で、基本的な構造は変わっていませんが、事務室の配置などはビックリするほど変わってしまいました。東口も面影はありますが、昭和に比べるとお店も多く、明るくなった印象です。


そして、用事が済んだ帰り、駅で待っていれば何か来るだろうと思っていると、1本だけ捕獲できました。


※撮影は、令和3年12月4日、与野駅にて。


クリックすると元のサイズで表示します
EF210−124 タンカー列車

家に帰ってから確認すれば良いや・・・と調べてみると、124号機が牽引する列車が見当たりません。
前日からマルヨの流れがあるのですが、大宮には来ないことになっているスジ。つまり、その後の流れで誰も書き込んでいる人が居ないようです。
他のEF210、高崎のEH200、仙台のEH500も見てみたのですが、代走の情報がありません。

地元では見ることのできなくなったタンカー。記録できたのは良いのですが、モヤモヤが残るのは困ります。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ