鉄道コム

2010/12/31  1:02

これで本当にさよなら? EF81安中貨物(平成22年12月分)  国鉄・JR機関車(交流・交直両用型)
こんばんわ。

今年も残すところ今日1日のみとなってしまいましたね。
結局は掃除が終らず、お飾りは正月に持ち越されました。それだけ汚いってこと。普段からの整理整頓が大切ですね。来年の最大の課題かも。ってか一生の課題?(恥)

さて、今年の総括として、EF510の投入にともなう「カシオペア」や「北斗星」を総括いたしましたが、もう一つ話題を呼んだのがEF81が牽引していた「安中貨物」。
12月の改正で置き換えが終ったものと思っていましたが、諸事情?によるEF81のカムバックは、ファンに衝撃とともに、新たなチャンスを与えてくれたものと思います。
日没間際の我が地元では非常に厳しい季節ですが、デジイチを買ってから撮影可能時間帯が広がったのも幸いでした。

年末の安中貨物を総括しておきたいと思います。
※特記以外は、西川口〜蕨間にて撮影。


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年12月4日 EF510−506

改正日初日、予告どおりEF510の登板となり、EF81の運用は全て切り替わってしまいました。貨物には違和感のある色かな?


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年12月12日 EF510−510

カシ塗装の510号機も運用に入りました。専用化されるのか、今のところ微妙な状態であり、確率的にはそれほど見られるかどうか分りません。
しかし、意外に貨物に似合っていますね。星が無くなってさらにシンプルになれば、もっと似合うように思います。


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年12月18日 田端操〜隅田川(三河島)間にて EF8199

そして、何とEF81の運用が復活しました。EF510のうち、数機が故障しているとのこと。残ったEF81はレアガマが大勢を占めているので、連日レアガマの当番となりました。
明るさを狙って出張するも、ロケーションは良くありませんでした。お遊び的構図です。


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年12月19日 EF8181

この日は天気が良くなかったですが、召しガマ81号機ということで出掛けてみました。アンダーになり過ぎましたね。


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年12月25日 EF8195

この日はレインボー機・虹ガマの登板。やはり人気は高く、何人ものファンが集まりました。


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年12月28日 EF8195

そしてまたしても虹ガマの登板です。しかし、悲しいお知らせ・・・
どうも翌日はEF510の登板が復活しそうだということ。
予報どおり、EF81の運用の最後となってしまったようです。


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年12月29日 EF510−501

真偽を確かめるためにも、解ってはいますが、一応押さえに行きました。
予告どおり、トップナンバーの501号機がやってきました。この辺り、虹ガマのラスト、トップナンバーの登板と、JR東日本もファン層の心を捉えているように思います。

「カシオペア」の故障に伴う青森区のEF81牽引と合わせ、東日本のEF81史としては最大のイベントとなった年末。
これをクリスマスプレゼントと捉えるか、EF81の終焉と捉えるか、気持ちの揺れる話題となりました。

一応、予備機のEF81は残りそうなので、来年、新たな活躍を期待したいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ
にほんブログ村
3

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ