鉄道コム

2007/6/30  3:45

鶴見線(73系・クモハ12)  旧型国電
今日は、昨日の予告どおり、旧型国電をお届けしたいと思います。

まずはモハ72系からご覧いただきます。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年2月19日 鶴見駅にて 折り返し待機中のクモハ73形

多分ですが、初めて鶴見線を訪れたときの写真です。
今までアルバムに入れたまま何も気にしていなかったのですが、鶴見線で撮ったクモハ73の写真は、この写真のものを除いて全て更新工事施行車でした。もしかしたら台数的に少なかったのでしょうか。同じ頃まで残っていた南武線や横浜線も同様に更新車ばかりでしたので、ライトが屋根上にある限りなく原形に近いクモハ73の未更新車の写真はこれしかないようです。(あっ!マヤ検のクモハ73がありました。)

クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年12月頃 武蔵白石駅にて 更新工事施行済みのクモハ73

こちらは、上の写真よりも後に撮影したものです。更新済みのタイプで、高窓・ライト埋め・客窓のサッシ化が実施されています。
撮影場所は、構内配線の状況から、おそらく武蔵白石ではないかと思われます。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年12月頃 浅野駅にて 原形3段窓のクハ79450

こちらは、上の写真と同日に撮影したものです。一見更新後のような整ったスタイルをしていますが、3段窓をはじめ、埋め込み式のヘッドライトも登場時からのものです。どうも、クハ79のこの番台区分が、101系の顔の始祖だったようですね。


こちらは、クモハ12です。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年2月19日 武蔵白石駅にて 折返しを待つ大川支線の主クモハ12

一番上の写真と同じときに撮影したものです。
当時はクモハ12の専用支線でしたので、もちろん武蔵白石が大川支線の基点だった頃です。1面2線の変則島式ホームは17m車1両が停車するのがやっと。このお陰で101系入線後もクモハ12が活躍できたわけですね。もしこの状況がなかったら、クモハ12は即刻解体されていたかもしれません。


次回は、モハ72系の残りと101系をお届けする予定です。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2010/9/20  20:53

 
GM73系を入手。鶴見線の73系最終日の写真も。 


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ