鉄道コム

2017/11/11  19:25

尾久セ ふれあい鉄道フェスティバル2017(休憩車両編)  写真撮影
こんばんわ。

ずーっと毎週末はくたばってばかりなんですが、イベント参加も久し振りだし、近場であり、今回は出し物もなんか多いみたいなんで是非と、尾久車両センターの「ふれあい鉄道フェスティバル2017」に行ってきました。

予報では天気が悪そうでしたが、朝のうちに低気圧は通過してしまい、良い天気になりましたね。風は強いけど、日差しがあるとちょっと暑いくらい。なかなか良いコンディションでした。

早めだと混んでしまうと思い、ゆっくり目に家を出たら、尾久駅に着いたのはちょうど12時頃。しかし、すんごい行列で唖然。閉場までに見られるのだろうか?と思ったら、意外に進みが早く、20順くらいで入ることができました。


※撮影は、平成29年11月11日です。


クリックすると元のサイズで表示します

まずのお出迎えは12系客車。いつもは旧型客車なのですが、今回は12系。珍しいですね。
そして、少しずれて185系10連がおり、いずれも休憩車両として使用されていました。

ここ数年は地方からのお客様車両が検修庫に顔を突っ込んで展示されているのですが、今回は検修庫がシャットアウトでしたね。


クリックすると元のサイズで表示します

185系は「踊り子」表示でした。もう「あまぎ」とか入っていないのかな?
構内入換の際に使用したと思われる中間連結器を付けっ放しで珍しかったので撮っておきました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

休憩車両ではありませんが、オハネフ2514が屋外展示されており、回転展示が行われました。
時間で5種類を表示させるとのことですが、私が訪問した時間は「夢空間」が表示されていました。

過去2回、暗い庫の中での回転展示はよろしくないと書いたことがありましたが、主催者側へ通じたのでしょうか?

いつものカヤ27は?
今回初展示となった「カシオペア」の青森方に連結されているのが電車から見えましたが、展示スペースからははみ出ており、せっかくのシチュエーションをじっくりと撮影することができませんでした。

次はジョイフルトレイン編に続く?


にほんブログ村
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ