鉄道コム

2018/1/27  16:06

長物車チ1111を逃す  写真無しの情報など
ちわ。

毎日めちゃくちゃ寒いですね。
昨晩、家に帰ってストーブを点けようと思ったら、温度計が3℃になってました。このストーブでこの温度を今まで見たことがありません。もちろん、室内です。
5℃を下回ると凍死する危険があるようですから、室内でも危険であるということになります・・・マジか?


昨日の朝、出勤の時にたまたま海側のドアに張り付いてました。
田端を出発するとき、隣接する保守基地にチキが沢山停まっていたのでそれを目で追っていましたら、なんと「チ1111」がいたんです。
カメラを持っているので引き返したい思いですが、遅刻してしまうのでそうもしていられません。帰り道にでも寄って撮ってみようか。混んでいたのでホーム側が見えず、足場があるかどうかも分かりませんでした。

もう真っ暗なのは分かりますが、ホーム脇ではなく、ホーム先端へ。しかし、事務所等の建物で見えません。仕方なく改札を出て高いところから観察してみますが、とにかく真っ暗でなにも見えず。
カメラで長時間露光で探ってみましたら・・・もぬけのカラでした。

強風で体感温度は間違いなく氷点下。運が悪いことに踏切支障で京浜東北は大乱れ。
目的のものを見ることもできず、踏んだり蹴ったりの帰り道となってしまいました。

新宿の保守基地で見掛けて以来10数年振りに発見するも、またも記録することが出来ませんした。

0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ