鉄道コム

2008/3/4  6:28

「出雲」、「富士」、新幹線0系 ブルトレ黄金期の東京駅  ブルートレイン:機関車・客車
このところの疲れはハンパじゃないようで、スキャニング中にまた床にクタバッてしまいました。狭いから膝を抱えた状態、身体が痛いったらありゃしない。ホント、年には勝てないね・・・。

そんなんで朝になってしまいましたが、非常〜にスゴイ絵を見つけましたのでアップいたします。

過去ログでも紹介しておりますが、昭和55年に山陰地方・大阪・中京と撮影の旅に出掛けたことがあります。
当時の列車番号を忘れましたが、「大垣夜行」に乗車待ちする前に東京駅で夕方のブルトレなどを撮っておりました。

フィルム現像に失敗したので、殆どプリントアウトせずにいたのですが、今回フィルムスキャニングのついでに読み込んでみたら、スゴイ絵が出てきました。

これです。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年8月 東京駅にて

今とは比較にならない状況ですね。一番手前は、まだ総武快速とスルー運転を開始する前の113系横須賀線。次は12番線に品川から回着したEF65牽引の「出雲」。13番線にはオハネフ25を最後尾として出発を待つ「富士」。そして、大きな車体を横たえているのが0系新幹線です。

現在はこの辺りも東北・上越新幹線ホームが出来てしまい、全く面影がありません。
この頃くらいからブルトレの利用率も翳りを見せ始めましたが、それでもまだ全てのブルトレが健在でした。

東京駅ブルトレの黄金期末期といえる頃でしょうか。こんな光景を見ながら、西へと撮影に旅立って行きました。青春時代の一コマです。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ