鉄道コム

2008/7/28  1:20

183系1000番代「白根」  特急型電車(直流)
あ〜ぁ、また1週間働かなきゃいけないんですね。今週も忙しそうだな。
また何処かで隙間を見つけて夏休み取らなきゃいけないし、目標を定める楽しみでも持って仕事しまひょ。

さて、そろそろ蓄えたネタがブツ切りになってきそうな雰囲気もあるのですが、出来るだけ4〜5枚くらいはご紹介できるようなネタを探してアップしようと思います。
で、今日はそんな中から183系1000番代の「白根」をチョイスしてみました。

「白根」は、草津・四万温泉方面へのリゾート特急として設定された、157系を使用した臨時特急でした。→ http://diary.jp.aol.com/marutetsu/img/1170861316.jpg
今で言うところの特急「草津」の前身となる列車ですが、停車駅などを考慮すると、むしろ今の特急は急行「草津」をそのまま特急にしてしまったような感があり、157系「白根」の方が高級感があったような気がします。

昭和51年に157系電車が「あまぎ」から撤退すると同時にお召編成を除き定期運用から離脱となり、後輩の183系1000番代にその任を譲るります。これに合わせて、継続して臨時特急として存置された特急「白根」も183系1000番代を使用して運転することとなります。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和51年 上野駅にて

183系1000番代に置き換わって間もない頃の「白根」。まだヘッドマークが文字式です。
まだ鉄道の知識も浅い頃だったので、157系でなくなった「白根」は非常にショックな出来事でした。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年冬 東京駅にて

特急「白根」は、157系時代から伝統で田町電車区の車両が使われており、東京〜上野間の回送線を通って車両の送り込みが行われたいました。
写真は東京駅に11番線(機回し線)で、これから尾久客車区へ向かうところのようですね。回送列車ですが、既に「白根」のマークが準備されています。もちろん、53・10改正後ですので、白根山のお釜をデザインしたマークに変わっていますね。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年11月13日 東北本線 大宮駅にて

確か、この日がダイヤ改正前の最終運転だったような気がします。もしかしたら翌日も運転されたかもしれませんが。
「白根」という愛称自体は上越新幹線の開業後も存置されたのですが、「白根」は急行「草津」の特急格上げも含めて定期列車となり、本数が増えました。しかし、185系電車が使用されるようになったため、183系1000番代による運転は終了することになりました。

185系「白根」の過去ログ → http://diary.jp.aol.com/marutetsu/606.html

個人的には157系電車で無くなった「白根」に興味がなくなり、185系になってからもわざわざ撮りに行くようなことはありませんでした。
その後、何故かこの「白根」の愛称は急行の愛称であった「草津」へと変更されてしまい、週末臨時で走った全車指定特急「草津白根」まで愛称が使われることはありませんでした。

鉄道ブログランキング ← ランキング激落中、ご協力お願いします!
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ