鉄道コム

2018/10/10  22:44

えっ!カシオペアが?  写真無しの情報など
こんばんわ。

相変わらずネタはありません。

今朝、ちょっと家を出遅れた感じで焦って出勤したのですが、

蕨駅の近くに来ると機関車音が・・・

「遅れ貨物でも来たか?」

と思ったら、なんとローピンE8181が「カシオペア」編成を牽いてやってきました。

カーテンも閉まっていたし、黒磯訓練か?

以前、まだ「北斗星」が走っていた頃はもうちょっと遅い時間だったと思うのですが、

久し振りに見た9501レはこんな早い時間に設定されていたんですね。7:30くらいでした。

いつ走るか情報が取れないのでキャッチしづらいんですが、たまには撮ってみたいですね。

0

2018/9/13  0:03

キハ58系Kenjiがラストラン・・・  写真無しの情報など
こんばんわ。

また更新が滞っております。

とにかく地元でネタがありません。

アーカイブは徐々に進めているので、とにかく情報には目を凝らしているだけ。
そうしているうちに、これから余剰になる185系が徐々に長野に送られ、485系改造のジョイフルトレインも徐々に引退となり、地味に「国鉄」が消滅している状態です。


そんな中、遠い地で目の届かないところでもその動きがありました。

キハ58系改造のジョイフルトレイン「Kenji」。
正直なところ、そのネーミングが好きではなく、塗装もあまりセンスを感じられず、捕獲しようと思ったこともありません。

しかし、そんな彼は、紛れもなく国鉄時代の非電化路線を華やかなものにした立役者、急行形気動車の完成形を示す形式キハ58系の最後の残党でした。


その素性をご存知の方も多いとは思いますが、1度は死にかけた経歴を持ち、その後見事に復活を果たした上に、まさかキハ58系最後の編成になるとは・・・当時は誰も思わなかったことでしょう。

実車には1度も会うことが無いまま静かに見送り、
遠い日の活躍に想いを馳せることにします。

アーカイブ『キロ59系:サロンエクスプレスアルカディア

0

2018/8/4  16:03

まずい棒発売!?銚子電鉄  写真無しの情報など
ちわ!

あついっす〜。

ネットでニュースを見ていたら、「まずい棒」発売って、題名からしてフェイクな記事が。

開いてみると、なんとも奇怪だけど切実な内容でした。


まずい棒とは → https://choden-mazuibou.com/


なるほどwww

所々にダジャレとパクリが入り乱れた感じですが、その危機的状況が伝わってきます。

これも最初は良いかもしれませんが、飽きが来れば終わってしまうので、将来は明るいとは言えません。何か持続性のある特効薬ってないものでしょうかね。

0

2018/4/23  2:27

次々と消えゆく昭和の車両たち  写真無しの情報など
こんばんわ。

残業続きに町会の行事などで、土休はやる気なしの日々が続きています。
今は防災訓練の内容をどうするかで悩む日々。どうしたものか、もうすぐ結論を出さなければいけないのですが、まったく浮かびません。

ダイヤ改正以降、地元ではまったくネタのなくなった日々ですが、各地のニュースを追っていると、車両の世代交代が目立っています。

関西では103系が終焉を迎えそうですが、まだまだ国鉄時代の車両たちは幅を利かせています。

一方、東日本ではというと、189系豊田車の引退に当たり、2週連続でさよなら運転が仕立てられています。
京浜急行では、あまり縁が無くて撮影できなかった2000形が終焉を迎えてしまいました。
さらに、昨日、東武鉄道で細々と活躍を続けてきた1800系1819Fがいよいよ引退になるそうです。

一部では廃車か、動態保存か?と言われている方もいますが、今までが動態保存のような状態でしたので、ここで敢えて引退を表明した以上、廃車が前提ではないか?と考えるのが正論のように思えます。


クリックすると元のサイズで表示します

ここ数年で大勢を占めてきた昭和の形式も次々と倒れてきました。485系583系はほぼ全滅、登場時には度肝を抜かれたキハ183スラントノーズも引退。自分と共に歩んできた車両たちが消えゆく寂しさは表現できません。

これから追う車両・列車も本当に少なくなってしまいました。
次の更新はいつになることやら・・・

明るい話題と言えば、EH500−901の復活かな・・・

0

2018/3/25  23:36

「特急かいじ号30周年記念ツアー」は行かなくて正解だったのか???  写真無しの情報など
こんばんわ。

ネタがないのでこんな題名でちょっと。

189系豊田車の通常営業運用が無くなり、3月25日(日)は団体企画「特急かいじ号30周年記念ツアー」の列車が運転されました。
豊田で最後まで残ったM51編成とM52編成を上下列車で使い分ける企画であり、M52編成を全然撮ったことが無い私としては、ラストチャンスの良い機会だと思っていました。

しかし・・・

地元「桜まつり」の会場セッティングの手伝いがあり、これに参加することになってしまい、最後のチャンスも潰すことになってしまったのです。しかも、運転が分かっていたのに、すっかり忘れてOKの返事をしてしまった。
手伝いの参加者を集めるのは結構大変な手間(誰もやりたい筈が無い)ので、一度返事をしてしまった以上、取り返しがつかず、諦めるしかなく・・・


朝早くから起きて支度をしていたら、中央線快速の運転が見合わせになっているとのこと。こんな日に迷惑なヤツ。居るんですよね。台風とか大雪とか、身構えているときにまったく関係ない事情で電車を遅らせるヤツ。こまわり君呼んできて!


で、
撮影に向かう人たちも大変だろうな。と思った次第。

夜になって複数の方のブログ等で情報を見ていましたら、ヘッドマーク出してねぇ〜の!
団体列車だから「団体」で間違っちゃいねぇが、何も「かいじ30周年」で「かいじ」を表示しねぇでどうする?

最後を期待していた人、ガッカリしたろうなぁ。


結果論ですが、
自分が早朝から出掛けて人身事故で足止め、運転再開を待ってなんとか間に合ったもののダイヤは乱れ、どこもかしこも人出で一杯。さらには「団体」幕で来られた日にゃ、多分、相当アタマに来てグッタリして帰ってきたことだろう。


桜まつりの準備も結構疲れましたが、ほぼ満開に近い桜並木で良い天気の中お花見も済ませてきてしまったような感じでしたし、そんな1日で仕方なかったのかな・・・と。

ただ、今週末の桜まつりでは、サクラは全部落ちちゃいそうな予感がします。せっかく良い天気に恵まれそうな2018年のサクラでしたが、週の真ん中辺りがピークですかね。

0

2018/3/10  21:57

KATOはこんなの出しちゃうんですか?  写真無しの情報など
こんばんわ。

首都圏では、ダイヤ改正前最後の土日となり、中央本線や大手私鉄などは激パの大賑わいになってるのでしょうか?
興味がないわけではなく、とにかくそうしたお祭りへの情熱を消すことにしています。激パの迷惑さを主張したくないというのが一番。怒りっぽい私がこの歳になって爆発してはいけないのです。退職金貰うまでは我慢です。
内心は行きたいんですけどね。

昨日の通勤帰り、電車の中でタブレット広げてネタを探していたところ、久し振りにKATOの新製品が気になって見てみました。
近いところではスハ32系ですが、電暖仕様ではないのでパス。再生産では長らくプレミア状態が続いていたEF58+青大将の再生産なども目につきます。
新製品では485系200番代やキハ58系の完全リニューアル、飯田線のクモユニ147を含む119系など目を引くものが多数ありました。
KATOの新製品に対する企業方針というか、かなり変わってきてしまったような印象があったのですが、結構おじさんのくすぐるラインアップもあって、N休止中の私にはちょっと目の毒に映りました。


しかし、一番度肝を抜かれたのは、キハ81系「いなほ」のラインナップでしたかね。

私が鉄道に興味を持ち、同級生と線路際に電車を見に行くようになって一番最初にインパクトを感じたのがこのキハ81系「いなほ」だったのです。とにかく、怖い顔の電車だという印象が強かったのです。
そんな個人的思い入れだけのことですが、そこが完全にジャストミートしてしまったのです。

それだけなら従来の「はつかり」セットでも行けたわけですが、今回のはこれにキハ82900番代が新製品でラインナップされるところですね。
ここはやってくれるとしても某ワラビ社くらいと思っていましたが、今の状態ではやってくれたとしても期待できませんし、HO並みの値段で中華製を買うなんてとても考えられません。KATOだから信頼できるわけで。

でもね〜、心情的には複雑なんですよ。


クリックすると元のサイズで表示します

もう15年以上前かな、娘がまだ生まれたか、小さかったときか、殆ど撮影で外出することもできなくなったので、鉄道模型やバスコレの改造製作ばかりしていた時代がありました。
その頃、余剰となった車両やパーツを利用して色々とやっていたわけですが、初代のキハ81をどうしても思い出深い「いなほ」編成にしたくて、一所懸命に丁寧に作ったんですよね。当然、その頃はこんな車両をメーカーが出してくれるとは思ってもいないので、満を持して作ったものなんです。だから・・・出してくれなくても良かったのに・・・なんていう思いもあります。


それと、この車両に単体としての思い入れもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

高校生のときですが、既にキハ82系には改造による各種900番代が存在し、その形態・特徴や、北海道にはこのキハ82900番代が残っているという知識もありました。
そんな時代、2回目の渡道において偶然にも実物に逢うことができました。その後もキハ82系特急を撮りに渡道していますが、キハ183系が量産されるようになると真っ先に廃車されてしまったようで、ほんの一瞬の出逢いが最初で最後になってしまったようです。

そんな車両が完成品として計画されたことは、悔しいけどやはり嬉しいことでもあります。
ただ、キハ82900番代は2両が存在し、細かいところに違いがありますので、最近発生しがちな検証ミスをしないようにしっかり造り込んでもらいたいものです。クモハ53007の二の舞は御免です。

0

2018/1/27  16:06

長物車チ1111を逃す  写真無しの情報など
ちわ。

毎日めちゃくちゃ寒いですね。
昨晩、家に帰ってストーブを点けようと思ったら、温度計が3℃になってました。このストーブでこの温度を今まで見たことがありません。もちろん、室内です。
5℃を下回ると凍死する危険があるようですから、室内でも危険であるということになります・・・マジか?


昨日の朝、出勤の時にたまたま海側のドアに張り付いてました。
田端を出発するとき、隣接する保守基地にチキが沢山停まっていたのでそれを目で追っていましたら、なんと「チ1111」がいたんです。
カメラを持っているので引き返したい思いですが、遅刻してしまうのでそうもしていられません。帰り道にでも寄って撮ってみようか。混んでいたのでホーム側が見えず、足場があるかどうかも分かりませんでした。

もう真っ暗なのは分かりますが、ホーム脇ではなく、ホーム先端へ。しかし、事務所等の建物で見えません。仕方なく改札を出て高いところから観察してみますが、とにかく真っ暗でなにも見えず。
カメラで長時間露光で探ってみましたら・・・もぬけのカラでした。

強風で体感温度は間違いなく氷点下。運が悪いことに踏切支障で京浜東北は大乱れ。
目的のものを見ることもできず、踏んだり蹴ったりの帰り道となってしまいました。

新宿の保守基地で見掛けて以来10数年振りに発見するも、またも記録することが出来ませんした。

0

2017/10/26  0:03

隅田川公開:あの貨車が来るかも?気になる・・・  写真無しの情報など
こんばんわ。

とにかく天気が悪い。
10月の連続雨の記録が120数年振りらしい・・・そんな昔から記録を取っていたんだぁ〜、と違う部分に感心してしまった。

こんな天気だから、どこに出掛ける気もなく、したがってネタもなし。
天気が悪いうちに、「カシオペア紀行」も撮影が難しい季節になってしまいました。


次の休みは何かあるかな?とチェックしていましたら、隅田川駅の公開があるようです。
過去に1回行ったことがありますが、展示に内容が今一つという印象で、それ以来行っていません。

こんなにネタのなくなった時代ですから、行ってみようか・・・

そうは問屋が卸さないのです。


この前の日曜日に予定されていた防災ネットワークの連絡会が、例の台風により1週間延期になってしまい、隅田川の公開日と重なってしまったのです。
13時からの開催なので、とても往復して帰ってくるのは無理かな・・・

ということで、今回も訪問はなしということになりそうです。


しかし、気になるのがパンフに記載されている「あの貨車が来るかも」という文言です。

なんだろう?

終焉に近づきレアになっているコキ50000、元々レアなコキ110とか?
安中のタキとか、チチブホキとか、まさか中京からフライアッシュとか?私有貨車はさすがに無いよね・・・
気になる・・・


まさかね、第1回のこれのこと?


クリックすると元のサイズで表示します


他の人ので楽しむしか無さそうです。



にほんブログ村
0

2017/9/1  0:42

日本唯一のトロリーバスが・・・  写真無しの情報など
こんばんわ。

娘のパソコンを借りて久々の更新です。

パソコンが使えないものの、一応、情報だけはタブレットでチェックしています。
そうしましたら、非常に残念なお知らせを見つけました。

アルペンルートの一部を担っている関西電力のトロリーバスがなくなってしまうそうです。
同事業はバスでありながら鉄道事業として運営されていますので、電気バスへの切り替えに当たっては、鉄道事業を廃止することになるそうです。

立山黒部アルペンルートの関電トンネルトロリーバス、2019年から電気バスに

現在、国内では唯一のトロリーバスとなっており、電気バスへの切り替えによって、日本からトロリーバスが消滅してしまうことに。

もう50年近く前になりますか、小学生になる前くらいに都内でトロリーバスを見たか、乗ったような記憶があるのです。まだその頃は趣味もありませでしたので、、思い立った時にはトロリーバスどころか、都電ですら荒川線以外消滅していました。

アルペンルートにも興味があって、結婚したころから行きたいとは思っていたのですが、まとまった休みもとれず、結構高額になるので金銭的にもなかなか動けず、結局未だに未踏の地となっています。

2019年3月がリミットとなりそうで、イベントも予定されているようですが、また駆け込みが増えて大変なことになりそうですね。人混みが嫌いな私としては、益々訪問する可能性が薄くなってしまいました。
一度乗ってみたかったんですがね・・・


2

2017/8/3  0:03

終焉迫る国鉄形(東日本)  写真無しの情報など
こんばんわ。

このところ殆ど撮影機会がなくなり、過去写真のアーカイブのみを行っています。

それでも情報は見ていますので、ゆっくりながらも終焉迫る国鉄形に寂しさを感じています。


クリックすると元のサイズで表示します

107系です。
既に何編成も長野送りになっていますが、なかなか置き換えが進まないと思っていたところ、9月いっぱいで定期運用を終えたようです。10月のさよなら運転をもって完全な引退となることになりました。

国鉄時代末期、民営化を見据えた国鉄は、新型新製車を北海道・四国・九州へ優先的に投入し、財産分与の準備を進めていました。結果、東日本・東海・西日本は、廃車になった101系や急行型電車、そして583系を種車或いは部品流用により誕生した各種半新製車やアコモ改造車が多く投入されています。
107系もそんな属のひとつで、おそらくは新世代車両製造までのつなぎ役を務める筈だったと思います。それら改造車などが誕生から20年程度で淘汰される中、2両編成という機動性があったためか、今まで良くもったな、という印象です。


クリックすると元のサイズで表示します

そして485系NO・DO・KA。
パノラマエクスプレスアルプス、キハ183系ハウステンボスと並び、ロマンスカー型の展望室を設備したスタイリッシュな外観。
登場当初は「シルフィード」として、全車グリーン車で誕生しましたが、延命の際に普通席に格下げ、カーペット車となっています。
配置された新潟地区での運用効率を見据え、ディーゼル発電を設備することで機関車牽引により非電化区間へも入線できるという特徴を持っており、当時としては画期的な車両でした。

何度かトライしたものの「シルフィード」を撮影することができず、くやしい思いがありました。
ここ数年は良く上京したので、何度か撮影機会がありました。
後発の車両と言っても所詮は485系。新潟から485系が去ってしまったことも、寿命を決めた一因かもしれません。


他にも黒磯地区の701系や719系、そして新潟・高崎地区の115系も時間の問題と言ったところでしょうか?
気動車も油断はできず、地域によってはキハ40系の消滅があるかもしれませんし、キハ100系辺りも油断できないかもしれません。

まあ、最近はそういった動きの中でも「追っ掛け」をするような情熱はありません。時間もありませんので余計です。
それでも、115系新潟色(70系復刻色)なんか撮りてぇ〜な〜なんて思っており、日帰りか一泊程度の撮影も狙っているのですが、そう思っているうちに終焉を迎えてしまうような予感もします。

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ