鉄道コム

2009/9/3  7:08

四日市でDD51貨物  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
おはようございます。
ちょっとグロッキー。仕事が忙しくてかなりお疲れです。

Fe4撮影会ですが、まだまだ続きがあります。といっても、そろそろ終盤に入ります。
名古屋駅で遅い昼食。きしめんを食べて、ホームで特急列車などを撮影。まるで初年時代のように、ホームを行ったり来たり。昔を思い出します。
今ではきしめんも様々なトッピングメニューがあって、天ぷらの種類なども豊富になりましたね。私が初めてきしめんを食べたときは、トッピングなんて何も無かったように思います。「きしめん」以外は何もなかった。当時は120円くらいだったかな。
天ぷらも注文を取ってから揚げるなんて、まるで高級天ぷら屋さんみたいです。熱過ぎて、食べるのに時間が掛かりました(笑)。

名古屋駅から関西本線の快速列車に乗り、次なる目的地、四日市へと移動を開始します。四日市は生涯2度目の訪問(それ以外にクルマで通過が1回)となりますが、前回は往復とも近鉄を利用したので、関西本線の同区間に乗るのは初となります。
どうも関西本線は「非電化」のイメージが強くて、電化されてから相当な年月が経っていますが、電車に乗り込んでも違和感がありました。でも、スピードもメチャクチャ速くなって、近代化に貢献してますね。

四日市発の貨物列車を撮影しようということでしたが、lineさんによると「途中ですれ違いそう」とのこと。四日市に近づきハラハラしながら車窓を見ていましたが、すれ違いません。まさか運休?
四日市駅に到着すると、貨車を従えたDD51が待機していました。電車から降りると、ブレーキを抜く音。

『あやや?発車だ・・・』そう、本線を横切るため、我々の乗った列車の到着を待ってからの発車だったんですね。


クリックすると元のサイズで表示します
2両編成の列車からでは、ホーム端までの移動は間に合いません。こんな写真しか撮れませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
DD51857

クリックすると元のサイズで表示します
DD51892

呆気にとられるまま人気のない四日市ホームを散策。撮れるところに居たお休み中のDD51を撮影。
DD51に縁のない地域に住む私としては、滅多に撮ることの出来ない型式です。特に更新車は今まで目もくれなかったのでこの辺りの塗装は大宮総合車両センターの見学でしか撮ったことが無いと思います。

返しの貨物列車まで1時間。待ち時間が勿体無いので、近鉄内部線を訪問、往復して返しの貨物列車を待ちます。(近鉄内部線は、明日アップの予定・・・多分。)

できれば走行中を撮りたかったので、隣駅の富田浜方向へ移動。構内がなかなか切れないので、あまり良いロケーションではありませんでした。結構な雨が降ってくるし、散々と言った感じ。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

意外と普通列車や快速列車の本数がありますね。待機中も撮ることが出来ました。普段はパスしがちな普通列車ですが、年月の経過とともに貴重な記録となります。


クリックすると元のサイズで表示します
DD51889 タンク貨物

そしてお目当ての貨物列車。構内はカーブとポイントを渡るための最徐行。メチャクチャ遅いので、シャッターを切るタイミングが逆に難しかった。場内信号機も鬱陶しいです。


クリックすると元のサイズで表示します

あまりにもスピードが遅いのでもう1枚。この塗装のDD51も、走行写真では撮ったことが無かったかな・・・まあ、この塗装は嫌いではありません。「北斗星」でも牽かしてみたいですね。

ここでタイムアウト。クーポンの関係で豊橋駅からしか新幹線に乗れませんので、そろそろ帰途につかないと・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
0

2009/8/11  1:08

JR貨物 DD511059試験塗色?  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
こんばんわ。

ちょっと頼まれものの原稿を作っていたら、えらい遅い時間になってしまいました。
そんなんで、今日は1枚物にします。


クリックすると元のサイズで表示します
平成2年9月5日 楓〜新夕張間にて DD511059牽引 コンテナ貨物

JRになってから各地で試験塗装やご当地色のような車両が続々登場しました。
この機関車もその一つでしょう。
何故「でしょう」?

実は、JR塗装とか、試験塗装とか、全然興味がなかったんですよ。国鉄からJRになって、味のある車両たちがヘタクソな化粧をして台無しになったようなのが非常に嫌いだったんですよね。
だから、鉄道誌とかでも情報は得ていましたが、何が何処で、どのような塗装をしていたのか、まるで興味がないんです。しかも、この写真はモノクロだから、ベースが何色だったかも覚えていないという始末。


やっぱり私的には・・・・

 クリックすると元のサイズで表示します

こんなオリジナルな姿の方が好きなんですよね。


にほんブログ村 鉄道ブログへ

まあ、まったくと言って良いほど撮っていなかった試験塗装なので、撮っておいてよかったな・・・。

そういえば、70000件突破してました。
0

2009/7/10  0:20

紀勢本線 DD51重連+ワム 紙輸送  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
こんばんわ。
昨日アップしたEF58はアクセス数も少なく不評だったようなので、今日も1枚モノ、資料的価値を無視した写真をアップいたします。

今日も画像を大〜きくしました。


クリックすると元のサイズで表示します
平成2年7月25日 紀勢本線 某区間 DD51重連牽引 パルプ紙輸送貨物列車

紀勢本線の非電化区間ヘ撮影は、最後のキハ82系特急となった「南紀」を撮りに行った1度だけとなっています。
クルマでの撮影行でもあり、撮影箇所の詳細を記録していないので、何処で撮ったか全く判りません。

59・2の改正で、いわゆる黒屋根貨車がほぼ全滅となりました。パルプ輸送はワキ5000使用のケースが多かったように思いましたが、小回りが利かなかったのが原因か、廃車が始まるとアッと言う間になくなってしまいましたね。よって、既にこの時点においても、有蓋車と言えばワム80000みたいな感じで面白みはありませんでした。

しかし、今の時代となっては、ワム80000も青塗装に変化、さらにはコンテナ化によりワム80000さえ貴重になってしまいましたね。
青ワムさえ連結されていない原色の光景も、遠い過去の思い出となってしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
1

2009/6/16  1:04

緑に咽ぶDD51798+50系 ガチャ窓  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
こんばんわ。
昨夜は残業と寄り道で帰りが遅くなってしまったのですが、家まであと5分というところでこれまでに歩いたことの無い土砂降りに遭いました。

雨が傘を突き抜けてくるんですよ。信じらんな〜い。'_';

なもんで、アタマから前身びしょ濡れです。

さて、そんなすったもんだでアップも遅くなってしまったので、今日は1枚だけ。
久し振りに磐越西線のDD51です。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和62年6月14日 磐越西線 DD51793+50系

今日は大サービス。画像をクリックすると大〜〜きくなるようにしておきました。

新緑の中を行くDD51。50系って好きになれないけど、こうして見るとやはり客車列車は良いですね。ネガからのスキャンですが、発色がおかしいね。

今まで全然気がつかなかったんですけど、向かって左側の運転窓だけツララ除けが付いているみたい。こんなの初めて見た。過去ログに載せたのでもこんなのあったかな?

みんなで探してみましょう。

 ・DD51+50系客車:磐越西線
 ・DD51+50系客車:冬の磐越西線
 ・DD51+50系客車:冬の磐越西線(その2)
 ・磐越西線 DD51:50系 水辺篇
 ・霧にかすむ三つ目 DD51745 磐越西線
 ・憧れの車輌たちVol18 (三つ目のDD51)

行った先のリンク先は壊れていると思いますので、ここに戻ってきてくださいね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ ← こちらもよろしくおながいすます。
0

2009/6/10  0:59

DD51713 昭和52年 名古屋駅にて  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
こんばんわ。

今日はアップが遅くなってしまったので、1枚ネタでご勘弁を!

久し振りにDD51の写真をアップいたします。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年3月30日 名古屋駅にて DD51713

名古屋駅で撮影したDD51の写真です。
私的にはDD51というと北海道や磐越西線の印象が強く、旋回窓やデフロスタを装備した極寒地・寒冷地仕様の写真が多い中、ごく一部ですが関西方面に行ったときに捉えたものが何枚かあります。私の中でも、この中部地区で撮ったDD51の写真は極めて稀です。

中部のカマと言っても、実際には昭和45年4月23日に新製され、佐倉機関区に配置された東の暖地仕様です。この写真は新製後たった7年後のことですから、かなり早い時期に名古屋地区へ異動となったようです。
途中の経歴が知りたかったのですが、ググってもたった1件しかHITしない、あまり記録が少ない車番のようです。


この写真を見て思ったのですが、カマはともかく、コレが名古屋駅の写真と思えます?
ホームの端には屋根が無く、ホームが雨でビショビショに濡れているのが判りますね。
バックに映っているのはおそらく関西本線の客車列車で、詳しい記憶はありませんが、この713号機が牽引してきて、機回しを行っているんじゃないかと思います。当時の関西本線名古屋口は全くの非電化でしたから、この風景も当たり前のことだったんですね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

ちなみに、このカマは平成11年10月21日に廃車となっていますので、700番代にしてはかなり長生きした幸せなカマだと思います。


0

2009/5/18  1:03

大宮総合車両センター 入換機械 DD1620  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
こんばんわ。
昨日はメチャクチャ寝てしまって、この土日は完全に非テツとなりました。土日に1枚も写真を撮らなかったのは、今年に入ってから珍しいです。
女房と娘から風邪をいただき、上司からも『お願いだから土日で治して!』と懇願されてしまったのですが、喉の痛みもすっかりとれて、ほぼ完治したようです。昼間に寝過ぎてしまったので、これから眠れるかが心配です

さて、先般飯山線にDD16牽引の臨時列車が走り、この機会にと私自身が撮ったDD16に関する記事をアップしたところですが、今週の23日(土曜日)にJR大宮総合車両センターが一般公開される事となっているため、この機会に同センターで使用されているDD16の写真をアップしたいと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
平成5年11月28日 JR大宮車両総合センターにて

同センターで入換動車として使用されているDD1620です。ナンバーが取り付けられておりますが、車籍のない入換機械となっています。
当時、JR北海道で「北斗星」仕様のDD51が誕生・活躍しており、これを模した塗装としたようです。車体が小さいだけにかなり違和感がありますが、北海道から遠く離れた関東でこの塗装が見られるのは同車だけですね。

しかし疑問に思うのは、入換機械のDD16に何故この塗装を施したのでしょうか?JR北海道と東日本では会社が違いますので、敢えてこの塗装を真似する必要はありませんし、JR貨物つながりなら北海道と関東の接点もありますが、「北斗星」仕様のDD51はJR北海道所属なので、JR貨物が真似をする必然性も無いわけで・・・。

或いは、このくらいの時期から頻繁にセンターの公開イベントを行うようになりましたから、工場という職場のイメージをアップするために考えられたのかもしれませんね。

このところの公開ではDD16の姿を見ていない気がするのですが、まだ無くなってはいないですよね?大宮駅横の入換でもDE10しか見たことが無いので、今度のふれあいフェスタでも遭えることを期待いたしましょう。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
1

2009/5/8  0:54

DD16牽引のカワイイ工臨  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
こんばんわ。
昨日はヒドイ目に遭いました。休み明けでタダでさえ憂鬱だというのに、改札止めで40分、迂回乗車で会社に着いたら、10時になっちゃってました。1時間の遅刻ですわ。

その混雑と立ち時間にやられたのか、腰は痛いわ首は痛いわ。ちょっとパソコン打つのもキツいんですよ。なので、今日は1枚だけのアップにさせていただきます。

先日、先輩のHさんから「いいやま菜の花まつり号」のネタをいただきアップしたのですが、私も殆ど遭ったことの無いDLだけに、撮影枚数とも僅少です。

大宮工場にも入換機械として1台在籍していますが、『国鉄 DD1611牽引 「パノラマ八ヶ岳号」』に続いて、2例目となった写真があります。


クリックすると元のサイズで表示します
平成6年11月4日 信越本線 豊野〜牟礼間にて DD16303牽引 工臨


D51が信州を走った「アップル号」撮影の際に、カメラをセッティングしてたらちょうど通り掛かったのを捉えたものです。
小さい機関車だけに、このような小編成が似合いますね。レールを運んで、結構良いスピードで通過して行きましたよ。

JR化の時点でほとんど引き継がれず、走れば不自然な列車が多いようで、300番代の本旨とする除雪列車や、冬期以外の工臨くらいしか自然な姿を見ることができないDD16。その特殊性や地域性から、縁がなかったものと諦めている形式の一つです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2009/5/4  19:01

「いいやま菜の花まつり号」 提供ネタ  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
こんばんわ。
カレンダーどおりのGWも、私的には3/5が終ってしまいます。まあ、あっと言う間って感じで。
元からどこにも遠出を予定していなかったので頭に無かったのですが、飯山線にDD16牽引の旧型客車編成「いいやま菜の花まつり号」というのが走ったと言うこと。

この度、私の大先輩である金町のHさんが新幹線に乗って撮影に行かれたということで、お願いして記事をいただきました。ここにご紹介させていただきます。

※撮影は、平成21年5月2日です。

クリックすると元のサイズで表示します
桑名川付近にて


クリックすると元のサイズで表示します
森宮野原にて


クリックすると元のサイズで表示します
信濃白鳥付近にて


DD16が客車列車を引くシーンと言うのは、過去ログ『国鉄 DD1611牽引 「パノラマ八ヶ岳号」』でもご紹介しております。がっ!なんか不自然だなと思ったんですよ。

考えてみれば、暖房装置を持たないDD16が旧型客車列車を牽くというのは原則的にないのですよね。ですから、全国的に活躍していた頃でもそうした写真は出てこないのです。今ではイベントだからこそ出来るワザと言うことになります。

Hさんのお話では、沿線に相当な人出があったということ。飯山線という場所柄、昔は首都圏から夜行列車に乗って行くような場所でもあったのですが、今では新幹線を使えば超速達で行くことができますよね。日帰りで行ってきちゃったHさんも大した行動力ですけど

景色も良いですね。新緑&ローカルな雰囲気がたまりません!テツをしながらの森林浴って言うのもサイコーに良いですね。こうして写真を拝見すると、テツが全く写っていないので、イベントらしく見えないですね

私は現地に行っていないので、詳しい記事を書くことが出来ないのですが、オハニ36に人気が集中していたそうですね。今の20〜30歳代くらいの人には現車を理解できる人はいないと思うのですが、情報化社会の世の中ですから、きっとその価値を集めて知っているのでしょうね。

情報&画像提供をいただいたHさん、ありがとうございました&お疲れ様でした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

こんな感じでよろしいでしょうか?
1

2009/3/19  0:25

DD51牽引貨物列車:昭和の北海道冬篇その3  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
こんばんわ。
今週はスッカリ暖かくなってしまって、九州では史上最速のサクラ開花宣言だとか。地球温暖化は確実に進行しているようで、一体この先どうなってしまうのか、不安ですね。
東京では20度を超える日が続き、私のブログもそろそろ春に切り替えなければならないようです。冬景色写真はアップし切れなかったのでが、即ち、それは来シーズンにも続くということですから、ブログ開設3周年が約束されたようなもんでしょうか。

さて、今日は冬の締めくくりとして、北海道のDD51牽引貨物篇の第3弾をアップいたします。ちなみに、第1弾第2弾です。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年3月19日 函館本線 銭函〜張碓間にて DD51701他 重連貨物

有名撮影地、張碓海岸付近を行くDD51の重連貨物。あまり貨物列車に興味を持っていませんでしたが、まだ運転本数も少なかったし、特急「北海」まで時間もありましたので、寒さ凌ぎに来る列車をバシバシ撮ってました。
原色重連が良い?当たり前です。この時代は塗色変更車なんてありませんから。 


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年3月13日 根室本線 新得〜落合間にて DD51632牽引 貨物列車

初期の重連型である622号機。狩勝峠越えの序章である新得側の築堤を上り始める貨物列車。比較的身軽な編成ですが、距離の長い上り坂は、相当な燃料を消費したことでしょう。
後に続くホキ2200も全廃になって久しいですね。国鉄時代は数多く添乗する機会がありましたが、こうしたバラ積み輸送が一切無くなるとは夢にも思いませんでした。
 

クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年3月13日 根室本線 落合〜新得間にて DD51635 貨物列車

ネガを見ていてあまりにインパクトの無い構図に見えたので、プリントアウトもせずに眠っていた写真。しかし、思い立ってスキャンしてみれば、今までアップしたどの貨物列車よりも『北海道らしい』編成に自ら感動してしまいました。
後に続くはホキ6000形でしょうかね。純粋な石炭車で本州では山口県を除いて逢うことができない車両です。なんの捻りも無い構図ですが、状況と車両から1発で『北海道』と判る写真に仕上がっていました。


北海道には数多く行っていますが、貨物列車のダイヤを知らないこともあり、写真的にはあまり多く記録がありません。多分、北海道の貨物列車の写真はこれで最後になってしまうと思いますが、今後間違って出てきたら、思い出話封に掲載したいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ 
0

2009/3/16  0:02

DD13628 富山駅にて  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
こんばんわ。
昨日はせっかく良い天気だったのに、遅れやバッテリー切れといったアクシデントですっかり落ち込んでしまい、結局その後も出掛けずにふて寝しておりました。本当だったら少しはマトモな「あけぼの」で飾る筈だったんですが・・・。

そんなことで、今日は久し振りのDD13型ディーゼル機関車をアップいたします。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年8月8日 富山駅にて DD13628

628号機は、重連型の500番代に該当する区分。第18次車に相当する621〜628のうちのラストナンバーで、非重連型の342〜344の3両と同期車になります。

昭和421月28日落成の汽車会社製で、新製配置は高岡区になります。昭和46年度に富山第一機関区に異動、さらに昭和58年度には金沢区に異動し、昭和61年3月31日付で廃車となっています。

写真を撮ったのが昭和57年ですから、富山第一機関区における最晩年の時期ということになりますね。

DD13もこの頃ですとまだまだ活躍しており、両数も多かったので注目していませんでした。ですから、見かけた割には写真を撮った枚数は少ないようです。

この写真を見て悔しかったのは、バックにキハ26が映っていたことですね。この回の撮影ではキハ55系は一切とっていなかったので、こんなに身近に居たとは思ってもみませんでした。ほとんど撮る機会がなかっただけに、非常に残念です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ ← 土日でポチが激減してしまいました。よろしくおながいします。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ