鉄道コム

2008/7/12  0:40

国鉄 DD1611牽引 「パノラマ八ヶ岳号」  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
久し振りのDガマシリーズです。

今日は、昭和61年に走った小海線の臨時列車「パノラマ八ヶ岳号」をご紹介したいと思います。

昭和61年8月、私が未だ仮免教習だったころに高校時代の友人のAE86トレノに同乗して行きました。

小海線に行ったのはこの時が初めてだったと思います。当時はキハ52や58ばかりで、特に変わった路線ではありませんでしたし、当時アンノン族と言われたミーハーどもが集まるところなんか行きたくもありませんでした。
たまたま全国的にも貴重になったDD16型が客車を牽くということもあり、何となく連れられていった感じです。

「パノラマ八ヶ岳号」は、DD16がヨ+ヨ+ヨ+オハ46+ヨ+ヨという6両編成を牽いて運転されています。昭和60年頃に緩急車の連結が廃止されたため、大量に余剰となった緩急車をこう言ったイベント列車として活用する例が見られ始めた頃だと思います。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
昭和61年8月 小海線にて

友人に連れられていった上に、道路を走りながら適当に良い場所を見つけながら撮ったもので、撮影場所など全然わかりません。
このときの牽引機はDD1611号機で、東日本に残った4両のうち唯一のラッセル車対応では無い車両。それが今でも残っているというのは奇跡と言えるでしょう。

今ではこれらの車両も老朽化により廃車されてしまい、残っているのはこの11号機だけなのではないでしょうか。緩急車自体が必要の無くなった車なので、今後このような列車が復活することは2度と無いでしょうね。

鉄道ブログランキング

しかし、今この写真を眺めていて、廃バスにときめいてしまう私は・・・。
2

2008/6/23  0:07

DD51+50系客車:磐越西線  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
こんばんわ。
今日は久し振りに磐越西線のDD51+50系レッドトレインの写真をアップしようと思います。

前回アップした冬の磐越西線 http://diary.jp.aol.com/marutetsu/525.html で『次回未定』と予告しておいてからもう半年も過ぎてしまいました。放ったらかしと言えども月日の経つ早さに唖然としてしまいます。

今日は時期的に今頃撮影したものがありましたので、その辺りを中心に拾ってみました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和62年6月13日 磐越西線 喜多方〜山都間にて


クリックすると元のサイズで表示します
昭和62年6月13日 磐越西線 喜多方〜山都間にて


クリックすると元のサイズで表示します
昭和62年6月14日 磐越西線 撮影区間不詳


クリックすると元のサイズで表示します
昭和62年6月14日 磐越西線 塩川〜会津若松間にて


クリックすると元のサイズで表示します
昭和62年6月14日 磐越西線 塩川〜会津若松間にて

私の年代からすると見栄えのする組み合わせとは言い難いのですが、この頃は全国的に見ても旧客は全滅しており、普通客車列車と言うステータスを守り抜いていたのは50系と12系くらいでした。
そう考えてしまうと、例えあまり好きになれない組み合わせであっても、『客車列車』好きにはタマらない存在であったわけですね。
1

2008/6/7  8:35

DD51牽引 旧型客車・特急「出雲」:山陰本線篇  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
おはようございます。また昨夜は早くに寝てしまいました。ほんと、弱くなったな。

さて、久し振りのDD51ですが、今日は山陰本線のDD51をアップいたします。
よくよく考えてみると、山口線を除くと山陰本線の撮影というのはたった2回しか行ったことが無かったです。
その中で、ほんの数枚だけ山陰本線関係の写真が出てまいりましたのでアップいたします。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年8月 山陰本線 揖屋〜荒島間にて DD511040牽引 旧客普通列車


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年8月 山陰本線 揖屋〜荒島間にて DD511120牽引 旧客普通列車

比較的遅くまで旧型客車使用の普通列車が残っていた山陰本線。かつては最長距離の普通列車もここを走っていました。
この頃既に50系客車も登場していますが、山陰本線では比較的12系改造の普通列車化が行われており、そのタイムラグでしょうか、旧型客車又は気動車の普通列車ばかりでした。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年8月 山陰本線 揖屋〜荒島間にて DD511172牽引 特急「出雲2号」

2往復時代の特急「出雲」です。ヘッドマークの復活は昭和59年頃となりますので、ただ単にDD51が牽くブルトレ時代の姿です。やはり特急列車にはヘッドマークは不可欠で、このようなスタイルの列車を見ても味がありませんし、魅力に欠けます。
写真は14系を使用していた下り1号・上り2号の列車で、名古屋からは紀伊勝浦発着の「紀伊」を併結していました。急行「銀河1号」→特急「いなば」→「出雲1・2号」→「サンライズ出雲」の流れをくむ列車です。


山陰本線は、蒸気機関車からの無煙化達成はそれなりに早かったわけですが、DF50やDD54といった車両が間に入っていたため、DD51の配置はかなり遅かったようです。そんな流れもあり、山陰本線のDD51はどれを見ても1000番代以降の車両ばかりで、イマイチ面白みには欠けました。
それでも今こうして見ると、DD51型牽引の旧型客車の写真は北海道とこの山陰本線くらいのもので、その枚数も少ないことから、良き思い出、良き資料となっています。
0

2008/5/16  7:14

DE1095牽引 「ほととぎす号」  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
おはようございます。
昨夜はちょっとしたパソコンのトラブルがあり、再起動をかけている間になんと寝てしまいました。コメントのご返事が遅くなってしまいそうです。大変申し訳ございません。

出勤前で時間も無いので、取り急ぎアップさせていただきます。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年5月5日 銚子駅構内にて DE1095 折り返し待機中の「ほととぎす号」


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年5月5日 千葉駅にて DE1095 到着する上り「ほととぎす号」


当時、5並びの日付として注目されていましたが、コレにちなんだ企画臨時列車のひとつです。ただ、なんで「ほととぎす」なのかは今もって分りません。
千葉〜銚子間にDE10が12系を牽引する設定で、12系は9両編成ではなかったかと記憶しています。
全線とも当然にして電化されていましたが、千葉局は組合が強かったためでしょうか、電気機関車の入線は見送られており、房総地区を走る貨物列車や客車設定の臨時列車は殆どといいますか、すべてDL牽引であったように記憶しています。

烏山線に入線した「銀河鉄道999」以来、このような企画団体列車が全国各地に波及して行きましたが、この「ほととぎす号」は随分地味な存在だったと思います。
0

2008/4/19  9:57

DD13牽引:田端〜川口間の貨物列車  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
おはようございます。
昨夜はAOLの接続があまりにも悪く、更新作業がままならなかったのでこの時間になってしまいました。コメントのご返事も遅くなってしまい誠に申し訳ございません。

さて、一連のフィルムスキャンもほぼ終結に向かい、データ整理は残っているもののカテゴリごとの目安がつきましたので、ネタとしてまとまりそうなものからアップして行こうと思います。

今日は、田端〜川口間を走っていたDD13型牽引の貨物列車をご紹介したいと思います。

川口駅までサッポロビール工場からの引込み線もあり、昭和59年頃までは一般貨物とあわせて貨物営業が栄えておりました。サッポロビール工場の移転及び大合理化により貨物営業も廃止、サッポロビール工場跡地は再開発によりイトーヨーカドー(アリオ)とマンション・一戸建て住宅に変貌を遂げ、川口駅構内も駐車場・駐輪場に変わっています。

川口駅の貨物構内は、東北貨物線と反対側の海側に所在しているため、東北本線・京浜東北線を跨ぐ架橋により結ばれています。この架橋は蕨方面のみからしか渡れないため、川口から都心方面へ向かう貨車は蕨駅まで下り、機回し後に田端に向けて上って行くというダイヤになっていました。
この田端〜蕨〜川口間の運用にはDD13が充てられていたため、全線電化区間を走るディーゼル機牽引の貨物列車となっており、しかも入換専用機のDD13が本線を走る運用としては比較的長いため、特に末期頃には注目を集めていたようです。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年頃 東北本線 西川口〜蕨間にて DD1320牽引 貨物列車


クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年頃 東北本線 西川口〜蕨間にて DD1330牽引 貨物列車


クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年頃 東北本線 蕨駅にて DD13133牽引 貨物列車


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年頃 東北本線 蕨〜西川口にて DD13116牽引 貨物列車


 クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年7月 東北本線 西川口〜蕨間にて DD1325 単機回送


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年7月 東北本線 西川口〜蕨間にて DD1325牽引 貨物列車


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年5月 東北本線 蕨駅にて 折り返し待機中のDD1336

写真を撮り始めた頃から常に身近にいましたので、特に注目するわけではなく、何となく撮ったものが残っていた感じです。品川にいた1桁車を見たときは喜んで撮りましたが、田端配置の車両は第2陣だったので20番代以降でした。それでも、写真の116や133などの2つ目車はかなり珍しかったので、狙っていたわけではなかったにしても取り敢えず押えていたという感じでしょうね。

貨物の輸送システムの見直しから中間駅の貨物扱いがことごとく廃止され、川口駅も然り、折り返しの拠点であった蕨駅もあっさりと廃止されてしまいました。
ちなみに、蕨駅では日本車両蕨工場と住友セメントがあり、貨物扱い駅としてはそれなりに規模があったのですが、日本車両は物心ついた頃には既に愛知県豊川に移転し、住友セメントもいつ頃か定かな記憶がありませんが、昭和55年頃には移転していたかもしれません。

貨物の度重なる合理化で次々と姿を消していったDD13型機関車。昭和59年2月のダイヤ改正で最終打撃を受けました。その直後の分割民営化に際しては、稼動経歴の浅いDE10やDE11でさえ大量に廃車されてしまったくらいですから、旧型で非力なDD13型が残る余地も無かったと言えましょう。

私自身は川口駅での貨物の様子を撮影したものが無かったのですが、シービーさんのブログで様子が判る記事を掲載しておりますので、是非お訪ね下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/mrcbcross14/archive/2008/01/19
0

2008/2/21  1:15

DD51牽引貨物列車:昭和の北海道冬篇その2  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
今日は、先般アップいたしました北海道のDD51牽引貨物列車の続編をお届けいたします。
枚数はありませんので恐縮ですが、冬の北海道の雰囲気をお楽しみ下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和63年2月24日 函館本線 石倉〜野田生間にて DD51牽引コンテナ貨物

クリックすると元のサイズで表示します
昭和63年2月24日 函館本線 石倉〜野田生間にて DD51牽引ワム貨物列車

有名撮影地である函館本線の石倉〜野田生間で撮影した写真です。
コントラストが強烈で、スキャニングの表現が良くありませんがご勘弁を。
番号は判る形式写真も良いですが、やはり北海道に行ったら、雄大・壮大な写真が撮りたくなります。今では、DD51は更新車ばかりになってしまいました。古い写真を見ながら、オリジナル塗装のDD51に思いを馳せてみては如何でしょうか・・・。

0

2008/2/14  1:53

大糸線シュプール号:DE10プッシュプル+14系リゾート  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
以前、当ログ http://diary.jp.aol.com/marutetsu/571.html で大糸線シュプール号のDE10プッシュプル+20系編をお伝えいたしましたが、今回は同日に撮影した14系リゾート車バージョンをご覧いただきたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
平成2年2月15日 大糸線(撮影地不詳) DE101031牽引の14系リゾート車

14系客車の晩年は、定期客車急行や波動用としてオリジナル塗装のまま使われたり、お座敷・欧風客車への改造種車として利用されましたが、関西では普通車のままグレードアップ&展望室設置改造を施工するという異例の措置が採られました。
私も暫く関西方面に行っていなかったので、この時に初めてリゾート車を目撃しました。


クリックすると元のサイズで表示します
平成2年2月16日 大糸線(撮影地不詳) DE10プッシュプル14系リゾート車

大糸線への客車列車によるシュプール号は、折り返し機回しを省略するために、必ずプッシュプルで運転されます。
しかも、前後ともヘッドマークを付けて走るんですね。赤ベースのカマに半分赤の鮮やかな編成は、モノトーンの世界に映えますが、この緑色のヘッドマーク・・・何か浮いてませんかね。

最近、このリゾート車の話題を聞かないような気がするのですが、ヒョットして全廃になってしまったのでしょうか?今や14系座席車も殆ど残らなくなりましたからね。

プッシュプルで山間をノンビリ走るDE10牽引のリゾート車。雪景色に溶け込みながら、マッタリとした鉄道旅行を楽しめそうです。

撮影しているこっちは大変ですけどね。
0

2008/2/8  0:55

DD51牽引貨物列車:昭和の北海道冬篇   国鉄・JR機関車(ディーゼル)
以前『DD51牽引貨物列車:北海道夏篇』をお届けしてからしばらく日が経ってしまいましたが、久し振りに冬篇をお届けしたいと思います。DD51は現役でもまだ走っておりますので、今回は敢えて題名に『昭和』を付けさせていただきました。

昭和と言いましても、今日ご紹介させていただくのは昭和も末期の頃、既にJRになってからですが、まだJR貨物色というのが出てきていない頃ですね。
つまり、オリジナル色バリバリだった頃になります。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和62年12月13日 函館本線 池田園〜大沼間にて DD51牽引コンテナ貨物

青函連絡船の撮影をメインとし、特急「おおとり」が最後になるため撮影に訪れたときのものです。
貨物時刻は把握していませんでしたので、来る列車を全部撮ったみたいな感じでしたね。
一般貨車は昭和59年2月の貨物大削減以降殆ど見られなくなり、この当時も既にコンテナ列車が中心となっていました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和62年12月13日 函館本線 池田園〜大沼間にて DD51牽引ワキ5000貨物

この当時、ワム80000のオリジナル色はまだまだ見られた頃ですが、ワキ5000を捕まえるのは結構難儀になっていました。
ワキ5000は、ワム80000形2軸貨車をボギー・大型化した貨車です。
この貨車も国鉄で入換をやっている頃には毎回のように乗っていましたが、ブレーキテコの踏みしろが堅くて、最後のツメ1段を押し切らないとブレーキが滑りやすい感じがしました。
車齢がそんなに古くない割には、形式消滅が早かったようです。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和62年12月13日 函館本線 大沼〜仁山間にて DD511087牽引コンテナ貨物

場所が変わって、大沼駅から函館寄りに移動した側です。右側の雪原は大沼の湖面です。
当時の主要コンテナ車といえば、標準コンテナ車の始祖コキ5500、新型コンテナ5個積み対応となったコキ50000、コキ5500を100km/h対応の高速型としたコキ10000がありました。
現在ではコキ50000がわずかに残るのみで、コキ50000を高速化改造した車両やコキ100系列となる車両が主流となっております。
写真では、前から3両目くらいまでコンテナが4個積みとなっているようなので、おそらくコキ5500ではないかと思われます。

私的意見ですが、北海道を走るDD51は、本州を走るDD51と比べて大きく、力強く感じます。雪原や果てしなく広大なロケーションが、私の目にそう映させるようです。

0

2008/2/5  2:22

DD13牽引:荷物列車(IN名古屋駅)  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
今日は非常〜に地味〜なネタなんですが、DD13牽引が牽引する荷物列車の写真をご紹介したいと思います。

若い皆さんは「DD13」をご存じない方が多いでしょうが、全国の客車区や貨物ヤードでDE10やDE11が活躍を始めた頃、入換え機関車といえばDD13と言われるほど全国で活躍していました。

DD13は入換え専用機として導入された形式であるため、暖房供給用の装置を持っていないことから、原則として客車や荷物列車を牽引することはありません。
ただし、全国的には例外も存在しており、清水港線や和田岬線など、運転距離が短く暖房の必要の無い線区では定期客車牽引をしていたケースがあります。
また、資料によると水郡線や羽越本線では、SL列車からディーゼル化へのつなぎとして、暖房車を連結して客車を牽引していた実績があるようです。

私は昔から蕨で育ったため、川口〜蕨〜田端間で運転されるDD13牽引の貨物列車を見てきましたが、清水港線以外では本線でDD13が牽引している客車列車は見たことはありません。
しかし、偶然ですがこんな列車の写真を撮っていました。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年3月30日 名古屋駅にて DD13308が牽引する荷物列車

実は、先日久々に再会した「もーまん」さんの田舎へ遊びに行く行程のなかで、名古屋駅で撮影したものです。
詳細な状況は全然覚えていませんが、おそらく本線運用の「荷物列車」ではなく、名古屋回転となる車両を荷物ホームに転線するためにDD13型が牽引しているものと思われます。

荷物ターミナルのある駅構内ではこのような光景が見られるのでしょうが、関東近辺では本線まで荷物列車を迎えに来るシーンは見た記憶がありません。

ちなみに、私がちょくちょくお邪魔しております「YANチョ」さんのブログ http://blue.ap.teacup.com/sogorailphot/105.html にも似たようなケースが紹介されていますので、是非参考に覗いてみてください。

今回の記事は、私だけがレアケースと思い込んでいるフシもあり、全国的にはもっと見られた光景かもしれませんが、DD13に接することができた年代のオジサンとしては、こんな写真でも非常に貴重なものと思うわけです。

DD13の写真は他にも結構出てきそうなので、今後準備が出来次第アップしていきたいと思います。
0

2008/1/18  6:15

DE10牽引「成田臨」?  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
昨日、北海道旭川市で−33.3℃を記録したらしいですね。
私も冬の北海道には何回も行きましたが、ここまで低い気温は経験したことはありません。燃料費が高騰している中、生活していらっしゃる方々もさぞや大変な思いをしていることでしょう。

さて、北海道ネタにしようと思ったのですが、昨晩中にアップの準備をしないまま床に寝てしまったため、上手く揃いませんでした。オマケに、変なスタイルで寝たらしく、身体も痛いし、何故か胃も痛い。
と言う状況ですので、スミマセンが今日は1枚だけで勘弁してください。

先週、コラボで撮影に行ったときに、初めて成田線の我孫子口で撮影したわけですが、昔は客車による臨時列車の方が電車よりもたくさん走っており、上野口でも成田線に入る客車の臨時列車を良く見掛けたことがありました。
昔は今ほど情報を入手する機会はありませんでしたので、偶然の産物となってしまうのですが、1枚だけ上野駅で捉えた写真がありました。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年頃 上野駅にて 12系客車を従え停車中のDE1091

上野駅の今は無き19番線での写真です。
カラー写真ですが、おそらく私が一眼レフを買って初期の頃に撮影したものと思われます
季節が判りませんので、いわゆる初詣の成田臨なのかどうか不明です。
右側に停まっている455系のグリーン車も帯が健在の頃であり、懐かしさが詰まった写真です。

今では特急も普通も猛スピードで快速線を走り抜けていきます。昔は列車密度が低かったこともあるかもしれませんが、スピードの出せないこんな列車もノンビリ走っていたのですね。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ