鉄道コム

2018/3/18  20:00

キハ183系スラントノーズ引退(悲)  特急型気動車
こんばんわ。

ダイヤ改正を迎えた最初の土日。
全国的には色々と話題もあり、地域的にも沸いているところもあるようですが、我が地元は特になんら変わるもの・特徴も見ることができず、出掛ける気にもなれないような休みでした。
ここのところちょっと出掛けて改正前の様子を押さえてきたものの、これらの整理が終わってしまったら燃え尽き症候群のような状態になってしまいました。

ところで、
遠く離れた地方でもそれぞれ厳しい状況を示すような話題もあったようで、鉄道事業の縮小・列車の減便など、心が痛むような話も聞かれます。都心では無縁なことですが、国鉄を分割民営化の際には一番危惧していたことでもあり、「当然である」「今までよく耐えた」という想いが真っ先に出てきます。
そんなことを感じながら地方の出来事を見ていると、JR北海道でとうとうキハ183系初期車が全廃になってしまうということでした。国鉄型が殆ど消滅してしまったJR東海以東・以北で、このキハ183系も今まで良くもっていたなという印象です。いや、維持せざる得ない状況だったのでしょうか?そのくらい経営が厳しいのだと思います。

平成5年に北海道に行って以来、1度も渡道していないので、逆にキハ183系が最新鋭の気動車特急のまま脳内の時間が止まってしまっている私。
すべてJR初期の古い写真ですが、既にアーカイブが終わっていますので、インデックス代わりにご紹介してその活躍を偲びたいと思います。

なお、編集の関係で、キハ82系やNキハ183系が混在しているものがありますのでご了承ください。


クリックすると元のサイズで表示します
特急「おおぞら」900番代
特急「おおぞら」0番代、500番代

道内で試作車を導入したのが「おおぞら」。
当時は函館〜釧路間に3往復設定されていたうち、基本編成+予備車を使用した1編成のみを使用して、1日に片道のみ運転されていた。したがって、1本は1日おきにキハ183系・キハ82系で運転され、長い時間を掛けてデータ収集が行われた。
そして、量産の際も、「おおぞら」に優先して導入された。


クリックすると元のサイズで表示します
特急「北海」

量産車が導入された2番手は、意外にも「北海」であった。
急行「ニセコ」が格上げされて2往復体制となり、このうちの1本はキハ183系による運転となった。
しかし、廃止されたのも一番早かった。


クリックすると元のサイズで表示します
特急「北斗」

国鉄時代末期、キハ183系に新造車が追加導入され(いわゆるN183系)、これらがやはり「おおぞら」に優先して導入されたことから、初期のキハ183系は「北斗」にも使用されるようになった。


クリックすると元のサイズで表示します
特急「オホーツク」

さらにN183系が製造され、老朽化したキハ82系を淘汰するため、「オホーツク」にも及んだ。


クリックすると元のサイズで表示します
特急「とかち」

「オホーツク」へのキハ183系導入と同じ頃、特急列車の大増発が行われた石勝線では釧路行きを「おおぞら」としてN183系が充てられ、帯広行きの列車を「とかち」として区別された。こちらは初期車が中心となって運用されていたが、キサロハを連結した「スーパーとかち」化に伴い、さらに強馬力化されたNN183系が使用されるようになった。


クリックすると元のサイズで表示します
特急「おおとり」

一番最後にキハ183系化されたのは、当時北海道の最長距離を走破していた「おおとり」。
グレードアップされたものの、昼行特急列車最後の食堂車はキハ82系とともに消え去り、さらには系統分割により列車名ごとなくなってしまった。


その後も「ニセコ」「ミッドナイト」「えりも」といった列車にも使用され、晩年も「旭山動物園号」に指定された車両なども誕生しました。

この間、全く渡道しなかったために記録は途切れ、個人的には「ニセコ」や「大雪」は撮りたかった列車でしたが、その目標は実行前に消えることになりました。
列車自体は存続しても、国鉄ナイズドのあの大きなヘッドマークが見られなくなってしまうのは残念と言わざる得ません。
デジカメ時代の今なら、おそらく貪欲にシャッターを切ったことでしょう。

さようなら、思い出のスラントノーズ・・・

1

2012/4/13  0:37

国鉄 キハ181「やくも」:走行篇  特急型気動車
こんばんわ。

昨日は仕事で1日中パソコンにかじりついていたので、目がトコトン疲れてしまいました。

今日は久し振りですが、キハ181系「やくも」をご紹介いたします。

過去ログ『国鉄 キハ181「やくも」:駅撮り篇』をご紹介してから早くも3年の月日が流れてしまったようで。早いものです。

特急「やくも」は、岡山〜米子・出雲市方面を結ぶ新幹線からの陰陽アクセス特急です。
元を探ると、昭和46年4月に新大阪〜出雲市間を結ぶキハ181系特急として誕生した「おき」が起源となっています。昭和47年3月の新幹線岡山開業に合わせ、岡山からのアクセス特急として「やくも」で再スタートが切られることになったわけです。

登場当初は4往復でしたが、増発により本数を増し、気動車特急としては初めてのL特急となりました。
昭和57年7月、伯備線全線と山陰本線の一部が電化開業、これに合わせて381系100番代による電車化がされ、キハ181系による運用が消滅しています。

今回は、枚数が少ないですが、走行写真編をごらんいただきます。

※撮影は、昭和55年8月、山陰本線 荒島〜揖屋間にて。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

キハ181系のみでバリエーションは少なかった特急「やくも」ですが、地元で全然撮影できなかったキハ181系「つばさ」への思いもあり、いくら撮っても撮り足りないくらいでした。

キハ181系も全廃になってしまい、青春時代の思い出が一つ、完全消滅してしまった感じがします。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
3

2011/8/26  0:25

キハ181系「おき」 :総集編(その3完)  特急型気動車
こんばんわ。

今日はまた滅法蒸し暑かったですね。外回りが厳しいですが、今月は昨日が最後でした。
このところ外回りでは良い路線或いは時間帯に恵まれず、全然写真を撮れませんでした。
そんな状況ですので、今日も古いネタから久し振りに特急「おき」の総集編です。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和58年5月15日 篠目〜仁保間にて


クリックすると元のサイズで表示します
昭和58年5月15日 仁保〜篠目間にて


クリックすると元のサイズで表示します
昭和59年8月18日 撮影場所忘れた


クリックすると元のサイズで表示します
昭和59年8月18日 仁保〜宮野間にて

いずれも文字マーク時代、新緑〜夏っぽい写真です。
すべてSL「やまぐち」の待ち時間の待ち時間に撮影したものですが、先般、このキハ181系もとうとう絶滅してしまいました。

北海道のキハ183系ですら絶滅危惧種になってしまった現代、準国鉄な気動車もキハ40系を残すのみとなってしまいそうです。

この回をもってキハ181系特急「おき」は終了です。

キハ181系「おき」 :総集編(その1)

キハ181系「おき」 :総集編(その2)


にほんブログ村 鉄道ブログ JR(・国鉄)へ
1

2011/8/1  1:34

キハ183系(新国鉄色):特急「おおぞら」  特急型気動車
こんばんわ。

とうとう8月になっちゃいましたね。
天気が悪いので、気持ちもなんかスッキリしません。昨日も殆ど寝ていたような・・・怠惰な1日で終わってしまいました。

そんなことでネタもありませんので、久々にJR北海道から。

※撮影は、すべて平成2年9月5日、石勝線 新夕張〜楓〜占冠間にて


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

キハ183系500番代が使用されるようになった特急「おおぞら」。
運転区間も函館〜札幌間が「北斗」に分離され、札幌〜釧路間のみとなりました。
石勝線が開業してからは殆ど根室本線内での撮影経験が無いため、この新国鉄色のキハ183系を使用した「おおぞら」を捉えたのはこのときだけだったと記憶しています。


クリックすると元のサイズで表示します

こちらは後部ですが、キハ184の先頭車化改造であるキハ183−100番代を連結しています。
計4台が改造され、短編成化に貢献しましたが、現在もの請っているのは1両のみ。
その後はすべての車両がJR色となり、さらには新鋭気動車の誕生により「スーパーおおぞら」化され、こんな車両たちの走る光景も過去帳入りとなって久しくなってしまいました。


キハ82系「おおぞら」:総集編 その1
キハ183系900番代 登場の時 特急「おおぞら」
キハ183系「おおぞら」 オール900番代だった頃
キロ80改造 キハ82 900番代 特急「おおぞら」
キハ82系「おおぞら」:総集編 その2

にほんブログ村 鉄道ブログ JR(・国鉄)へ
にほんブログ村
0

2011/3/2  0:12

キハ82系「おおぞら」:総集編 その2  特急型気動車
こんばんわ。

昨日は更新をサボってしまいましたので、今日はちょっと力を入れました。

過去ログ『キハ82系「おおぞら」:総集編 その1』から随分とまあお待たせしてしまったのですが、キハ82系「おおぞら」の完結編をアップいたします。

写真は全部大きくなるようにしておきますので、じっくりとご覧ください。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年3月11日 大麻〜厚別間にて

電化区間で撮影したものです。リバーサルのマウントに邪魔されて、右側がカツカツになってしまったのが残念です。
思いっきりの逆光ですが、画像の調整でなんとか見られるようになりました。

まだ石勝線の開通前ですので、「おおぞら」は全て滝川〜根室本線富良野経由です。ですので、この区間ではもう「おおぞら」を見ることはできません。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年3月13日 落合〜新得間にて

以下は狩勝峠での写真です。
当時は地図を買っておくと言うような知恵もなかったので、ひたすら線路沿いに歩いて撮影場所を探しました。
大きくカーブを描きながら渡る橋梁。言わば新得側から最初のヘアピンカーブになります。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年3月13日 新得〜落合間にて

原版は真っ青な空なのですが、そのお陰で列車がドアンダーになってしまったんですね。
そんなことで、明るさを調整すると、頃合としてはこの辺りが限界なようで。
キハ82の2連続。当時としては珍しいですね。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年3月17日 新得〜落合間にて

これから30km近くある駅間に臨みます。フル馬力で登坂するディーゼルの長大編成は圧巻です。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年3月17日 落合〜新得間にて

こちらは軽やかに坂を下りる「おおぞら」。力を入れないのでさわやかな感じがします。
珍しくピントがバッチリ合ったのですが・・・
右側に荷物が写ってしまって台無しになってしまいました。

北限特急のパイオニア、その名はキハ82系「おおぞら」。


キハ183系900番代 登場の時 特急「おおぞら」

  ・キハ183系「おおぞら」 オール900番代だった頃

  ・キハ82系「おおぞら」:総集編 その1

  ・キロ80改造 キハ82 900番代 特急「おおぞら」


にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ
にほんブログ村
0

2010/8/12  7:29

初四国(その15終):特急「うずしお」  特急型気動車
おはようございます。

昨夜はアップしないうちに寝てしまったので、出掛けの一発です。
長きに渡りお伝えして参りました四国シリーズ。若干アップしていないネタが残っていますが、ここで一旦終わらせます。

最後は高徳線の特急「うずしお」です。

※撮影は、全て平成22年7月25日です。


クリックすると元のサイズで表示します
高松駅付近にて 「うずしお1号」

撮影ポジションを選ぶ前に来てしまったので慌てて撮った写真。構図がメチャクチャですね。N2000系は、「うずしお」限定運用です。


クリックすると元のサイズで表示します
高松駅にて 「うずしお3号」

高松駅付近での撮影が終了、朝食後に一服して高徳線の普通列車に乗り込みます。
隣の番線には、既にこの日2本目となる「うずしお3号」が待機。我々の乗る普通列車に先行して出発して行きました。
右側に怪しいオジサン2人が写っています(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します
オレンジタウン〜志度間にて 「うずしお8号」

本日最大の目的、四国での撮影のメインの一つとなっていたキハ185系使用の「うずしお」。余剰車がJR九州に売却されて久しく、数もJR当初よりかなり減らしてしまった貴重な車両となっています。
こちらも2両編成とは寂しいですね。


クリックすると元のサイズで表示します
オレンジタウン〜志度間にて 「うずしお5号」

この区間では、比較的近い時間にキハ185系の「うずしお」が交錯します。
この列車は何と4両編成!と思ったら、アンパンマン列車が増結されていたのでした。


クリックすると元のサイズで表示します

同じくこちらは後部を欲張って撮影したもの。
最後部車は、塗装がJR塗装となって間もない頃の仕様となっています。こちらの方が私的には自然に見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

「うずしお」のアンパンマン列車を運転する際のみ、専用のヘッドマークを取り付けているようです。私的にはどうでも良いことですが、滅多に行けない四国で意図せずに記録できたことは素直に嬉しく思います。

特急列車である必要性が薄い高徳線ですが、今では急行列車が絶滅寸前であり、やむを得ないところでしょうかね。老兵キハ185系にもしばらくは頑張ってもらいたいものです。

長い間お付き合いいただきありがとうございました。四国ネタは以上で終了いたします。
なお新シリーズ等はありませんので、また日常か過去ネタからのアップとなります。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ
にほんブログ村
2

2010/8/10  0:30

初四国(その13):特急「しまんと」  特急型気動車
こんばんわ。

前回の『初四国(その12):特急「南風」』の続きですが、一部のマニアックな方からウケたようで嬉しいです。

今日は特に関連が無いのでそのままの続きです。

経緯は前記事でご紹介の通り、元々「南風」として誕生したスジが瀬戸大橋の開業に伴い、「しまんと」と名を変え現在に至ります。
岡山から「南風」と併結する関係もあり、2000形気動車の短編成の設定が特徴ですね。

※撮影は、平成22年7月25日です。


クリックすると元のサイズで表示します
高松駅付近にて 「しまんと3号」

高松駅を発車した「しまんと3号」。この時点では3両編成ですが、後に岡山からの「南風」と併結され、やや特急列車の面目を保った編成となって高知・中村を目指します。


クリックすると元のサイズで表示します
国分駅にて 「しまんと7号」

こちらは何と2両編成。まあ、山陰辺りでは当たり前に存在するので今では驚くほどでもありませんが、首都圏の14連や15連という列車と比較してしまうと、とても特急列車とは認めたくないような存在ですね。
でも、JR四国も自家用車やバスと言った強敵がいますので、仕方の無い状況なのでしょうね。

日本三大清流に挙げられる「四万十川」も、もとは「渡川(わたりがわ)」が河川法上の正式名称だったらしいですね。平成6年7月25日に正式に「四万十川」と改名されたということで、法律上の河川名が変更されたのは初めてらしいです。まだ最近のことだったんですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
にほんブログ村
1

2010/8/9  0:30

初四国(その12):特急「南風」  特急型気動車
こんばんわ。

また四国ネタに戻します。と言いましても、岡山ネタの続きでもあるわけですが・・・。

「南風」と言えば、まず思い浮かぶのが太田裕美さんの『南風』

">


ですね。

キリンオレンジのCM・・・
『きぃ〜み〜はひ〜かりの〜、オ〜レンジギャルぅ〜♪』


じゃなくてですね、やはり中森明菜の『サザンウィンド』が良くって・・・


と言うことではなくて。

前回ご紹介いたしました「しおかぜ」と同じく、キハ181系により登場した四国初の特急列車です。もちろん、当時の土讃本線としても唯一の特急列車であり、1日1往復のみ設定された特別な列車でした。
瀬戸大橋の開業により、やはり「しおかぜ」と同様にその役割を新幹線からの連絡列車とし、運転区間を岡山に振られています。旧「南風」のスジは「しまんと」に存置され、四国内で併結運転を行っているのも「しおかぜ」「いしづち」の例と同様です。
違っている点と言えば、土讃線はほぼ全線に渡り非電化となりますので、電車の設定が無いことでしょうか。

※撮影は、平成22年7月25日 岡山駅にて。


クリックすると元のサイズで表示します

岡山発の「南風11号」です。

先頭は非貫通型の2000形です。半室グリーン・半室指定席であり、昔風に表記すればキロハになるわけですね。


クリックすると元のサイズで表示します

じっくり見る間もなく発車していってしまいました。後部は増結が可能な貫通路付きの2100形です。

「しおかぜ」も「南風」も共通して言えますが、編成の長短に関係なく、四国内で併結があったり無かったり、喫煙ルームつき車両が連結していたり居なかったり、あらかじめ時刻表で念入りに編成を調べておかないと、とても複雑怪奇でわかりづらい列車です。
昔のように、キハ181系のみ、グリーン車連結、食堂車なし、といった単純明快の方が利用しやすそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
にほんブログ村
1
タグ: JR四国 特急 南風

2010/8/3  0:36

初四国(その8):特急「いしづち」  特急型気動車
こんばんわ。
ちょっと帰りが遅くなってしまったのですが、ブログ村のマイページに接続できなくて参りましたね。皆さんの更新状況が分からないわ。

さて、四国シリーズも8回目となります。やっと特急列車のネタに入ることが出来ます。四国特急シリーズの最初は特急「いしづち」です。

国鉄時代は四国の特急といえば「しおかぜ」と「南風」だけでした。分割民営化後に瀬戸大橋が開通し、岡山から松山・高知の系統と、従来どおりの高松から松山・高知の系統を名称的に分割したため、ここに「いしづち」と「しまんと」が誕生します。

国鉄時代を通して四国に行ったのは初めてですので、雑誌など見て存在は知っていましたが、特急「いしづち」に逢うのも初めて、仕様車両を見るのももちろん初めてです。

※撮影は、全て平成22年7月25日です。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
高松駅にて 発車を待つ「いしづち13号」

今回この列車をチョイスしたのは、もちろん、アンパンマンつながりです。
2両編成で、2両とも思いっきりアンパンマンです。
以前、テツハハさんもおっしゃっていたと思いますが、出張で背広着てこの列車には乗りたくないですよね。まして、車内がアンパンマンだらけだったらシャレになりませんよね。
2000系気動車でたった2連の特急です。


クリックすると元のサイズで表示します
高松駅にて 「いしづち5号」

この列車を撮っていたのをすっかり忘れてしまいました。電車特急で何かな?と思っていたのですが、こちらも「いしづち」だったんですね。
今時1つの名称で電車と気動車が混在するのは珍しいですね。かつては「しなの」や「にちりん」などごく一部で見ることが出来ました。
しかし、何か地味で精彩がない感じに見えますが・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
国分〜讃岐府中間にて 「いしづち21号」

撮影地で移動してる間に出くわしてしまいました。この区間で唯一変化のある列車だったのにタイミングを逸してしまいました。

今まで興味の範疇ではなかったので、「いしづち」に電車が充当されているのも知りませんでしたよ。ヘッドマークも付いていないし、スタイルはともかくとしても、色彩は何かパッとしない感じがします。

それと、アンパンマン列車・・・何も言うことはありませんね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
にほんブログ村

0

2010/8/2  1:39

初四国(その7):「瀬戸大橋アンパンマントロッコ号」  特急型気動車
こんばんわ。

色々やっていたら遅くなっちゃいました。もちろん、今日も仕事なので、ちゃっちゃと仕上げます。

四国ではあまり目ぼしい臨時列車というのはないのですが、その中でも奮闘しているのがトロッコ系の列車。昔から四万十川沿いに走る「清涼しまんと号」とかは有名ですがね。今は子供の集客を見込んで「アンパンマン系」で攻めているのがJR四国です。

まあ、写真撮影に専念する我々にとっては、アンパンマン如き子供騙しに引っ掛かる訳には行かない(JR四国さん、失礼!)のですが、トロッコの相手方となる動力車が国鉄形キハ185系のしかもリバイバル色となれば話は別。形式写真でも良いから1度は逢いたいと思っていました。しかし、予想に反し、何度も逢ってしまうことになるとは思いませんでしたね。

※撮影は、全て平成22年7月25日です。


クリックすると元のサイズで表示します
高松駅付近にて

「サンライズ瀬戸」の撮影を終え、高松駅に向かって歩いていたところ、背後から襲われました。発車までかなり時間があるのですがね。


クリックすると元のサイズで表示します
高松駅にて

敷地外から一番近い番線に停車していたので、停車中のところをじっくり撮影しようと思ったところ、突然発車して来てしまいました。どうも早めに基地から回送され、構内留置線に一旦引き上げて待機するようです。
国鉄末期の姿に戻された、四国唯一の国鉄形特急車両。登場時は北海道のキハ183系500番代に比べカッコ悪いなぁと思いましたが、今こうして見ると、国鉄時代の良い味を出していると思います。


クリックすると元のサイズで表示します

一緒に連結される曲者がコレ。「アンパンマン」をコレでもかっ!てくらいにアピールしたトロッコ車両です。どうでも良いと言いたいところですが、こちらも2両のみの希少な車両です。


クリックすると元のサイズで表示します
岡山駅にて

岡山からの帰り道、「マリンライナー」の乗車待ちをしていたら、何気に近くに停まっていました。列を離れられないほど混んできたので、じっくり見ることは出来ませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
国分駅にて

もう逢うことはないだろうと思っていたら、途中下車して撮影、引き上げた際の乗車待ちをしていたところ、なんと追いつかれてしまいました。
不用意だったので、どうでも良いアングルになってしまいましたけど(笑)。

ところで、この「瀬戸大橋アンパンマントロッコ号」は、停車駅が少ないのに普通列車扱いなんですね。「快速」の冠詞が付いていません。さすがに同線をスピーディーに走る快速「マリンライナー」とは所要時間が2倍も違ってしまいますので、それを意識して「快速」としていないのでしょうかね。他のJR各社では、普通列車に抜かれるSLでも「快速」を名乗っているんですけど(笑)。

思ったんですが、瀬戸大橋を高速で走ってしまうと20分も掛からないんですよね。そういう意味では、オープンで時間を掛けて走る同列車が、瀬戸大橋では最高の観光列車ではないかと思うんですよ。ただね、おっさん3人で指定を取って乗るのには相当な勇気・覚悟が必要ですな(笑)。ハハハッ!

まあ、全然計画していなかった割に、あまりキレイには撮れませんでしたけど、押さえることが出来て、行った甲斐がありました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
にほんブログ村
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ