鉄道コム

2011/3/29  22:48

EF641000番代をまとめました・・・しつこくも続き  マル鉄アーカイブズ
ただいま・・・疲れた・・・

しつこいようですが、EF641000番代をまとめる作業をしていますが、続きを告知いたします!


今日は・・・『直流型電気機関車:EF641041〜1050

では・・・orz

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2011/3/28  11:45

EF641000番代をまとめました・・・続きの続きの続き  マル鉄アーカイブズ
自動更新です。

EF641000番代をまとめる作業をしていますが、続きを告知いたします!


今日は・・・『直流型電気機関車:EF641031〜1040

では・・・

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2011/3/28  6:25

EF641000番代をまとめました・・・続きの続き  マル鉄アーカイブズ
おはようございます。

しつこいようですが、テツネタとしてEF641000番代をまとめる作業をしています。

続きが出来ました!


昨日の分で・・・『直流型電気機関車:EF641021〜1030

では・・・

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2011/3/26  8:17

EF641000番代をまとめました・・・続き  マル鉄アーカイブズ
おはようございます。

こんなときになんですが、テツネタとしてEF641000番代をまとめる作業をしています。

続きが出来ました!


今日は・・・『直流型電気機関車:EF641011〜1020

では・・・

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2010/10/15  1:16

カブったって良いじゃないか?(東武鉄道 DRC&5700系)  マル鉄アーカイブズ
こんばんわ。

新着ネタが切れたので、ちょっと趣向を変えてみます。

先日アップいたしました『カブられたのにカブられていないような構図』やその前にアップいたしました『100%カブられたのにカブられていないような不思議な光景』では、結構反響が大きかったので嬉しく思いました。

マトモにカブられたりすれば目の前から目標物がなくなってしまいますので、これは悔しいですよね。40年近く写真を撮っていれば、それはそれは何回も悔しい思いをしています。

最近では裏カブりやパンタ串刺しとか、写真の構図に対する批評も随分と様変わりしたように思います。
でも、私のように記録中心で考えた場合、それはもちろん、キレイに主張できるものが良いに決まっていますが、「カブり」というアクシデントが歴史背景を物語る良い記録になるのではないか?と思うようになりました。

そんなことで、「カブり」を「歴史的記録」という前向きな捉え方をしたらどうか?という趣旨で、昔の写真から「カブりシーン」をご紹介したいと思います。

取り敢えず、初回は東武鉄道からこのシーンを拾ってみました。


クリックすると元のサイズで表示します

確かプリントからスキャンしたものなんで、画像があり点についてはご勘弁を。
東武鉄道の引退して久しい5700系の写真です。
写真は後追いですが、実際には進行方向の写真も撮っています。ただ、そちらは逆光なので、敢えてこちらをメインの画像にしています。
遠くには、DRCがこちらに向かってきているのが判ると思います。


クリックすると元のサイズで表示します

そしてこちらは手前に向かってきたDRCを撮影したもので、少し先で離合した5700系が遠ざかっているのが判りますね。

これらの写真は、それぞれの形式が違っていましたので、『東武鉄道 5700系(その2)』と『東武鉄道 DRC 1700・1720系 「きぬ」(再編集)』で別々にアップしており、それぞれの記事を見たとすれば、おそらくこのようなシーンが展開していたようには思えないのではないでしょうかね。


それが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こうして並べてご紹介してしまうと、「すれちがったんだ〜」と捉えていただければ結構ですが、「なんだ、ついでに撮れた写真かぁ。」と思う人もいるでしょうね。

そんなこともあって、ご紹介に当たっては、私なりの工夫もしているわけです。

むしろ、ここまでカブりが浅いとなれば、それぞれの写真を合わせて乗せるのはある意味ナンセンスかな?
そう、中途半端なんですよ。できれば、1枚の写真の中で双方が列車として、車両として説明できた方が良かったように思います。

既にスペーシアも入ってきた頃であり、双方の車両とも引退間近の頃でしたから、どちらもどう写っても貴重な絵には違いないんですが、同じ形式同士だったら・・・片方が通勤車だったら・・・説得力が変わってくるかもしれません。

いっそのことカブってしまえば、っていうこともあるんですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2010/10/3  20:57

EF651041が岡山へ?  マル鉄アーカイブズ
こんばんわ。

ニュース見て驚いちゃいました。

先般、運用に復帰してこれからの活躍(というか再会)を楽しみにしていたEF651041号機が、なんと・・・岡山に行っちゃったらしいんです。
西の人たちには嬉しいでしょうが、これからの再会を楽しみにしていた私としては、もうショックですぅ〜。


クリックすると元のサイズで表示します
平成20年8月2日 大宮駅にて(再掲)

この1枚しかないんですよ。しかも、ブレブレでナンバーが不鮮明だし・・・。

もう二度と会えないかもしれない・・・向こうで頑張ってくれ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
0

2010/6/17  1:11

昭和55年:山崎のカーブにて  マル鉄アーカイブズ
こんばんわ。

しかし、暑かったですね。しかも、外回りの帰り道、チョット時間があったので脇道に入ったら、河川に阻まれて行き先を失い、1時間も彷徨ってしまいました。帰ってきてから地図で確認したら、やはり4km強の距離を歩いてしまったようです。本当に昨日は疲れました。

で、本当は昨日撮ったねたをアップしようと思ったのですが、Fe4のlineさんが『傘を差しての雨の山崎カーブ』と題した記事をアップされて、これを見て非常に懐かしさがこみ上げてしまったので、むか〜し撮った写真をアップしてみようと思いました。

撮った場所は山崎駅の京都寄りのカーブです。当時の神足(現:長岡京)〜山崎間になります。昭和55年8月撮影のものです。当時、未だ高校生でした。


クリックすると元のサイズで表示します
475系 急行「立山」

当時は北陸急行も健在で、ヘッドマークを掲げて走っているのは、房総急行や四国の気動車急行と並んで魅力的でしたね。朝方で暗く、ややブレてしまっているのが勿体無かったです。


クリックすると元のサイズで表示します
EH106牽引 上り貨物列車

当時の撮影の目的は、このEH10もメインになっていました。もう廃車が出始まっていた頃でしょうか。終焉を迎えている時期でしたね。
末期はPS22Bクロスパンタを搭載した車両も居ました。チップ輸送のトラ90000も、大宮操車場で働いている頃には良く添乗しました。


クリックすると元のサイズで表示します
153系 下り急行「比叡」

東海道・山陽新幹線が開業し、一部の夜行列車以外は殆どが廃止されてしまった急行列車でしたが、「東海」とこの「比叡」だけは長らく存在していました。1往復のみの存在でしたが、良く頑張っていたものです。東海道の153系も最終期を迎える頃で、ちょうど「新快速」撤退後の専用塗装車両が大垣区に配置となり、普通列車やこの急行「比叡」にも連結されていました。


クリックすると元のサイズで表示します
485系 特急「白鳥」

関西口では唯一の東日本車両で運用されていた特急「白鳥」。1000kmを超える距離を同日内に走破しており、電車特急としては最長距離ランナーでした。上り列車を朝方に撮っている筈なので、下り「白鳥」の送り込み回送ではないでしょうかね。


クリックすると元のサイズで表示します
EF58113牽引 荷物列車

こちらは4枚と逆向きを見た方向になります。
EF58113の牽く荷物列車で、午前中の撮影で唯一撮ることが出来た荷物列車です。原形小窓にワイパーカバーの付いた、米原機関区オリジナルのスタイルが美しいですね。引き過ぎてパンタグラフが切れてしまった失敗作です。


クリックすると元のサイズで表示します
583系 特急「雷鳥」

53・10改正で誕生した583系運用の「雷鳥」。九州夜行の廃止による余剰車を活用し、昼間専用として使用された583系としては珍しい運用でした。それほど夜行列車が激減したということなんですね。485系のみで構成された北陸特急にあって、変化をもたらしてくれた存在であったと思います。

まだまだ望遠レンズも使い始めの頃で、あまり良い写真も撮れませんでしたが、その後殆ど関西を訪れる機会も無くなり、たった一時代だけの記録となってしまいました。当時走っていた車両で今でもそのまま残っているのは、485系の「雷鳥」くらいになってしまったかもしれません。さすがに30年の間に車両の歴史は変わってしまいましたが、lineさんの写真を見る限り、この辺りの路線風景は昔とあまり変わっていないように思います。


にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ
にほんブログ村
1

2010/3/12  7:06

惜別 急行「能登」の足跡  マル鉄アーカイブズ
おはようございます。

いよいよダイヤ改正前日となってしまいました。この間、天気が悪くて撮り納めが出来なかったことが悔やまれます。
今日は、あまり枚数がありませんが、私が写真を撮り始めてからの急行「能登」の記録を並べて見たいと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年7月23日 南浦和〜蕨間にて

訳あって非常に写りが悪いのですが、旧型客車時代の急行「能登」で、まだEF58が牽引していた頃です。
急行「能登」が誕生したのは昭和50年3月の改正からとなりますが、早朝の列車のため、殆ど記録が残っていませんでした。当時は夜行急行列車も多数あり、EF58牽引が当たり前でしたから、希少価値は全くありませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年10月頃 蕨〜西川口間にて

上の写真を撮影して間もなく、さらに早朝撮影をした際、やってきた「能登」は新鋭EF641000番代に変わっていました。どうもこの日辺りが初日だったらしく、直ぐに発売された鉄道雑誌でも話題になっていましたね。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年9月6日 水上駅にて

上越新幹線開業に向け、夜行列車が廃止になる前にと水上駅バルブに挑戦したことがありました。急行「能登」もスジそのものが廃止になる予想を裏切り、信越本線経由の急行「越前」を乗っ取るかたちで存続することに違和感を覚えました。事実上は「能登」が廃止になったと思っていました。


昭和57年1月からは旧型客車が全廃。信越本線経由となった急行「能登」は14系寝台+座席車に変更されましたが、この頃から近所の区間に金網が張り巡らされ、夜行列車など撮る機会を失うことになります。したがって、この間、碓氷峠が廃止となり、電車化されて上越線経由として正調「能登」が復活するも、写真を撮る機会は全くありませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
平成20年5月18日 蕨駅付近にて

あれから20年を過ぎ、ブログを始めるようになって急に写真を撮る回数が多くなりました。デジカメ使用により早朝撮影も簡易になってきたため、積極的に写真を撮るようになりました。
ネタを探す楽しみもでき、益々活動が増えてきましたね。写真は、浦和駅高架工事の影響によって貨物線経由で運転された急行「能登」。
早朝のためまともに写っている「能登」の写真が少ない中、唯一まともに撮れた写真でした。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年6月23日 蕨駅にて

夏場の明るい時期に何度も挑戦はしましたが、それでも早朝の「能登」の撮影は厳しいものでした。性能の良いデジイチでもあれば良かったんですが。
これからの夏場を楽しみにしていた矢先の廃止発表。残念でなりません。


私的にはそれほど付き合いの長かった列車と言うイメージがなかった急行「能登」ですが、気が付けば誕生からもう30年を超えていたんですね。
臨時列車として残ることにはなっていますが、このような流れで大成した列車はありませんから、今後も見守っていきたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
2
タグ: 急行 能登 夜行列車

2010/1/15  0:51

22・3ダイヤ改正後の「能登」「ムーンライトえちご」「フェアウェイ」などの動き  マル鉄アーカイブズ
こんばんわ。

昨日早出しのダイヤ情報を買ってきました。その中に、平成22年3月13日ダイヤ改正の記事が載っており、大きくは既に発表のとおりとなりますが、気になっていた部分の車両の動きが掲載されていましたので、ここに思い出を混ぜながら動きをご紹介したいと思います。


まずは大きい動きの中で、一番ショックだった「北陸」と「能登」の廃止。

「北陸」については完全な廃止となり、またブルトレの歴史が一つ幕を閉じることになります。
そして「能登」ですが、489系「能登」が消滅するということであり、取り敢えずは「臨時格下げ」ということのようです。


クリックすると元のサイズで表示します

全国でも最後まで頑張ってきたボンネット車。とうとう終焉を迎えることになります。既に第2編成も運用を離脱したという情報も入っており、「雷鳥」で余剰車も発生することから、これ以上は動態保存的に残される可能性も相当薄いようです。

ここで一つの情報があり、臨時「能登」については、485系新潟車が充当されるようになるということです。


クリックすると元のサイズで表示します

「ホームライナー」については、新潟車が大宮に常駐し、そのまま運用に入るということも発表されました。
このボンネット型の「ホームライナー」も、いよいよ過去のものとなってしまういます。


一方、臨時「能登」への新潟車運用を考慮すると、ATS−Pを搭載した車両に不足が想定されるようで、ここに新たに発生した動きが快速「ムーンライトえちご」の183系化です。
183系化にあたっては、幕張車又は大宮車が充当されることになるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

485系だからこそ見られた新潟色も、T18編成の国鉄色化により見ることができなくなってしまいました。そんなに前の話ではないのですが、完全に過去帳入りとなってしまいましたね。


クリックすると元のサイズで表示します

また、発表に載っていなくて気になったのが週末快速「フェアーウェイ」の存在。
当然、「ムーンライトえちご」に連鎖して183系化されるのではないかと思われますが、一切触れられていません。しかも、設定以来、初めて冬期運転取り止めの措置を取っている最中でもあり、もしかしたらこのまま自然消滅?なんて不吉な予感もするわけです。


クリックすると元のサイズで表示します

2年前にはこんなシーンも撮影したものですが、まさか、右と左が入れ違ってしまうような時代が来るとは思いもしませんでしたね。
これにより、年に数日実施されていた「フェアーウェイ」の郡山延長運転も物理的に不可能となってしまいます。


最後に、私の勝手な妄想ではありますが、OM編成が「ムーンライトえちご」や「フェアーウェイ」に運用されるようになれば、ヘッドマークのロールが交換される可能性があるのではないかと考えております。
現在の183系OM編成に収まっているヘッドマークの中で、現在は使用されることの無くなった「白根草津」があり、逆に定例化しているのに準備されていない「ほくほく十日町雪祭り」や「新宿あがつま草津」など、ロール自体に変化が起きるのではないかと思うんですよね。
場合によっては、「草津」「水上」のデザインが一新されたり、「フェアーウェイ」もデザイン化されたり、何てことも考えられるのではないかと思っています。

もしこのようなことが実現すれば、逆に臨時列車としての現在設定されている列車自体も、過去帳入りする組み合わせが発生するかもしれません。

※何故かこの記事だけコメントができなくなっているようです。申し訳ありませんが、コメントがありましたら前記↓へお願い致します。

※カテゴリのコメント設定を誤っていました。コメントができるようになりましたのでよろしくお願い致します。
2

2009/2/7  15:22

「路線別さくいん」の私鉄篇を作りました  マル鉄アーカイブズ
昨日の検査結果により、病気の心配も無くなり精神的にも楽になったので、予告しておりました過去ログの私鉄・公営鉄道篇を作成いたしました。



トップページのこのバナーで索引記事にリンクしております。
私鉄篇は国鉄・JR篇と比べましてあまりボリュームがありませんが、古い懐かしい写真もありますので、是非ご活用下さい。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ