2007/6/3

盲導犬  散歩

昨日、もこと散歩に行く途中で盲導犬を見ました。
テレビの特集で見ることはあっても
実際に見ることは少なく、もこを飼い始めてからは
初めてだと思います。
まだかなり若そうな女の人と歩いてました。

いろんなことを考えました。

視力を失くしてしまった人の気持ちと生活を想像すると
胸が痛くなります。
そして盲導犬として働いている犬も。
雨の日も暑い日もご主人様といろんな道を歩くんでしょう。
嫌いな道もあるだろうし、
気になる臭いもあるだろうけれど
ご主人様の目となって歩いて行きます。

そんなことを考えながら公園へ行って
昨日のもこです。

クリックすると元のサイズで表示します
 暑いから日陰に入り込んで動きません。
 別にもこを責める気はないですが(笑)
 同じ犬として産まれて
 こんなにもちがう人(犬)生が
 あるんだな・・・
 と改めて感じました。



でもきっとあの盲導犬も家へ帰れば
ご主人様に体を拭いて労をねぎらってもらい、
ゆっくり休むんでしょうね。
私達が「大変」と思うことも
ご主人様に頼りにされ、
目的地まで自分が誘導してあげるということが
あの犬の喜びかもしれません。
きっと強い、強い絆で結ばれた盲導犬と
そのご主人様ですから。

私になにかお手伝いできることがあるんでしょうか?

とりあえず、道で邪魔になるような自転車の止め方は
今日からやめます。
あとは無事に目的地まで着いてくださいって
心で応援するだけですが・・・


もこはうちのもこであることを謳歌してくれたらいいよ。
他人の迷惑にならなければそれでいい^^

みんなそれぞれ、いろいろな生活があるけれど
その中にきっとそれぞれの喜びがあると思うから。ね。


↓ できることから始めます
にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ 

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ