2015/11/16

黄昏のワルツと笑顔  もこ

黄昏のワルツを聞くと
父のにやっとした笑顔を思い出す。

入院した初めの頃はいつもとあまり変わらない笑顔。

手術の次の日
朝イチに行った時は顔をグシャグシャにして泣きながらの笑顔。

退院する時は安心したようなのんびりした笑顔。

病院の看護士さんたちからも


いつも高野さんは笑顔やわ〜


なんて言われてた。

最後の笑顔は苦しそうな息をしながら笑ってくれた。


退院したらテレビ観ようね。

相撲あるよ!
時代劇観よう!
木枯らし紋次郎もあるよ!

父の笑顔をみたくて話しかけ続けた。


今、テレビで相撲をしている。
きっといっしょに観ているにちがいない。
白鵬が勝ち続けているんでごきげんかな?
今晩から木枯らし紋次郎もあるからいっしょに観ようね。

ね、
お父ちゃん!
2



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ