2016/6/12  19:35

第13回マウント富士ヒルクライム  イベント

昨日今日で私店長、昨年に引き続き、超有名な大会、マウント富士ヒルクライムです!
スバルラインを閉鎖し、富士山五合目まで24kmまで登り続ける大会です!
今回は8,000人以上参加と言うBIGなイベントです!
クリックすると元のサイズで表示します
お店に9名集り、富士吉田まで!現地で後、7名合流し、宿泊です。
前日受付のみです。
クリックすると元のサイズで表示します
もちや付近を通ります。
クリックすると元のサイズで表示します
会場到着。受付終了後ブースを回ります。カンパニョーロさんとピナレロさん


クリックすると元のサイズで表示します
キャノンデールさん
クリックすると元のサイズで表示します
TREKJAPANさん
クリックすると元のサイズで表示します
スコットジャパンさん。
クリックすると元のサイズで表示します
スペシャライズドさん
クリックすると元のサイズで表示します
みんなでお宿に戻ります。
クリックすると元のサイズで表示します
今年もお宿はペンション諏訪の森さんお洒落です!
クリックすると元のサイズで表示します
店長同級生K田君の会社の部課、係長さんが見つけて来てくれた素晴らしい宿です。
なんと、会場から自転車で15分
クリックすると元のサイズで表示します
チーム員で前夜祭!とても盛り上がりましたよ!
クリックすると元のサイズで表示します
二次会はお部屋で!
クリックすると元のサイズで表示します
翌日は4時起床
クリックすると元のサイズで表示します
5時より朝食です。諏訪の森さん、ありがとうございました!
クリックすると元のサイズで表示します
さあ、出発です!
クリックすると元のサイズで表示します
会場まで急いで向かいます。
クリックすると元のサイズで表示します
かなり速いT橋さん、期待してますよ!
クリックすると元のサイズで表示します
富士山をバックに!
クリックすると元のサイズで表示します
神奈川の遠藤商会さんとお会いしました!
クリックすると元のサイズで表示します
自転車を決められた場所に置きます。僕ら三人は第7ウエーブ
クリックすると元のサイズで表示します
記念写真を撮ってもらいました!
クリックすると元のサイズで表示します
さあ、移動です。緊張感が増して来ます。
クリックすると元のサイズで表示します
本当に富士山バッチリです!
クリックすると元のサイズで表示します
メイン会場には沢山の人達が!!
クリックすると元のサイズで表示します
出発直前です。頑張りましょう!
クリックすると元のサイズで表示します
登りながらのS葉さんの頑張るショット!
クリックすると元のサイズで表示します
N村さんも笑顔で頑張ります!
クリックすると元のサイズで表示します
ゴール後、Nさんとお会いしました!なんと、90分切り!!おめでとうございます!
クリックすると元のサイズで表示します
N村さんも笑顔のゴール後
クリックすると元のサイズで表示します
続々とチーム員がゴールします!
クリックすると元のサイズで表示します
惜しいタイムなS葉さん。Sさん、90分切り!!おめでとうございます!塚本先生は陽気です!
クリックすると元のサイズで表示します
TREK営業の松浦君と!
クリックすると元のサイズで表示します
みんなで記念撮影!
クリックすると元のサイズで表示します
富士山をバックに塚本先生
クリックすると元のサイズで表示します
ハプニングで出場を危ぶまれていたK田君も富士山をバックに!
クリックすると元のサイズで表示します
今回参加の女子会の皆さん。
クリックすると元のサイズで表示します
さて、下山の為の準備をします。
クリックすると元のサイズで表示します
下山が異常に寒い為、あえて、冬用のアパレルを持参しました!
クリックすると元のサイズで表示します
しかし、五合目も凄い人です。
クリックすると元のサイズで表示します
下山の規制がかかってまして、時間がかかりました!
クリックすると元のサイズで表示します
苦労して下山後、自転車をラックにかけます。
クリックすると元のサイズで表示します
そして、これを食します。
クリックすると元のサイズで表示します
吉田うどんを振る舞って頂きました!おいしい!
クリックすると元のサイズで表示します
最後にペンションに戻り、記念撮影です!お疲れ様でした!
クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに店長は目標が達成出来ず、へこんでいる事は内緒です。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ