2007/9/27  6:25

草津ツーリングA  ROAD

塚ちゃんレポに魅了され行って来ました。
1:00に急遽仕度を始めR52〜R141と230q車を走らせ小諸市へ。
【7:00小諸〜車坂峠〜嬬恋〜草津〜渋峠〜笠ヶ岳〜須坂〜菅平〜鳥居峠〜嬬恋〜地蔵峠〜19:00小諸】
先ずは「日本のラルプデュエズ」と称される車坂峠(1973m)へチェリーパークラインを登ります。

クリックすると元のサイズで表示します
コーナー毎にNo.が書いて有りやる気にさせます。何より景色が素晴らしい!雲の間から八ヶ岳まで見える。

クリックすると元のサイズで表示します
山向こう(嬬恋側)へ下ると何と未舗装!しかも雲が留まってて霧と雨が!
濡れたなこんな路面をロードバイクで7qも下る事に…ずっとスタンディングでパンクこそさせないがリジットなので手が痺れました(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
下り切ると霧雨は止んだが寒い(13℃)し景色は望め無いだろうから止めよか迷ったが
せっかく来たのでとりあえず草津入り…でお約束写メ。

クリックすると元のサイズで表示します
さすが日本一の温泉(6つの源泉を持ち自然湧出量が毎分3万リットル超)は良いですね!入って無いけど…
ここから志賀草津道路で渋峠(2172m)へと登ります。
山を見上げると完全に雲の中、100%雨だろ…

クリックすると元のサイズで表示します
強烈な硫黄の匂いが立ち込める「殺生河原」は硫化水素ガスが吹き出している為、駐停車禁止の看板が…まさに地獄絵図。

クリックすると元のサイズで表示します
まだまだ先は長い…のか??さっぱり見えんや無いかい!
遠くの景色は見えないが雨も降って無いし隣り合う山肌は見えるから良いか。
轢かれ無い様に前後ライトを点滅し坦々と登る。

クリックすると元のサイズで表示します
数分後2000m辺り迄登ると雲を超え快晴!白根山をバックに。
ここからは眺望抜群!豪快で荒々しく素晴らしい景色を楽しみ登れて感動です。
クリックすると元のサイズで表示します
霧の中黙々と走ったので草津から80分で到着…
本当に地味で人がたまってなきゃ危うく通り過ぎそうな所でした。
「ちょっとオバチャン!写真斜めってるやんけ…しかもなんか指長くね???」
クリックすると元のサイズで表示します
頂上県境に建つ「渋峠ホテル」税金はどうしてるんだろ…やっぱり半分づつか?
クリックすると元のサイズで表示します
向こうには笠ヶ岳(2076m)が見えます。「あの山も高いなぁ(矢印が笠ヶ岳)」まさかこの後に……

クリックすると元のサイズで表示します
暫く下ると「シュゴ〜〜」と大きな音をたて地中から蒸気を吹き出す平床大噴泉公園が。
ここから志賀草津道路をそれて近道なはずの県道66号で須坂市へ下る?

クリックすると元のサイズで表示します
近道なはずが細く淋しい林道を400mも登り返し渋峠から写真を撮った笠ヶ岳に!(矢印が渋峠)
ここからやっと本当に下りだけ。

クリックすると元のサイズで表示します
松尾芭蕉の記念碑。
人頭大の馬糞が散らばる山田牧場の下りで糞を避ける事に集中し過ぎ?で
深いコーナーで止まり切れずコースアウト!薔の木に突っ込み血を見ちゃいました(泣)
「SUGI行けや止まれず飛び込む薔の音」

クリックすると元のサイズで表示します
難とか須坂市まで下りこれまた近道なはずの国道406号へ。
これがまたキツかった、菅平まで1000mも登る事に。こうなりゃヤッてやるぜ!
で県境の鳥居峠から嬬恋へ下り地蔵峠を登る事を決意。

クリックすると元のサイズで表示します
嬬恋では辺り一面に広がるキャベツ畑で迷子に成りタイムロスしたが18:30に地蔵峠(1732m)に到着(↑ライトで照らした地蔵)。
こんな暗闇の中、小諸まで15qのDH。
道が広く路面が綺麗だったので今日1番楽しい下りでした(ちょっと視界が悪かったけど速いよ)。

クリックすると元のサイズで表示します
19:00に駐車場に到着し帰路へ(清里で仮眠し朝方帰宅)。
【走行Data】Dst 184q、Asc 5030m、Sp 18.0/64.2q/h。
志賀草津道路は本当に景色が素晴らしいので生きてる内に一度は走っておくべきです!
今度は草津に泊まりのんびり行きたいかな…
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ