2015/3/5  22:05

スペシャライズド エアロバーリコール  リコール
スペシャライズド・ジャパン合同会社は、2012年から2015年モデルのカーボン・エアロバー・ウィズ・エアロステムとハイドロフォームド・アロイ・エアロバーのエクステンション・クランプボルトが潜在的に破損するおそれがあることが判明したため、該当製品のリコールを発表いたします。
大変恐縮ではございますが、該当製品をお持ちのお客様はただちに使用を中止し、ご購入店もしくは正規ディーラーへご連絡ください。
この度は弊社のリコールに関しまして、ご愛用者のみなさまに多大なるご心配とご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。製品の一層の品質・安全性向上を目指して参りますので、今後ともスペシャライズド、及びスペシャライズド製品へのご愛顧を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。
当リコールに関する詳細は以下URLよりご覧いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。
http://bit.ly/1zMm7cC
【続報】「エアロバー・リコール」
「A. 対策部品の到着を待つ場合」でご案内しました対策部品が、3月第4週にディーラーへ出荷できる見込みとなりました。くわしい情報につきましては3月10日に発表いたします。ライダーのみなさまにおかれましてはご不便をおかけしまして大変申し訳ございません。
当リコールに関する詳細(既報)は以下URLよりご覧いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。
http://bit.ly/1zMm7cC
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/4/1  20:09

RSYS交換品  リコール
リコールでご迷惑お掛けしています、MAVICRSYSの代替品の最初のお客様Kさん分が入荷致しました!
多分、61番目だと思います。
順番での入荷となります。
ご迷惑お掛けしてます、お客様、もうしばらくお待ち下さい。m(_ _)m
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/3/27  23:16

スペシャライズド.リコール情報  リコール
当店では販売しておりませんが、お知らせ致します。
スペシャライズド・ジャパン株式会社は2009年モデル自転車の一部に装備されているハンドルバーを対象にリコールを発表致します。当ハンドルバーが装備されている自転車を走行中、ハンドルバーが破損し転倒する可能性があることが判明したため、該当する自転車をご購入されたお客様に、ご購入されたスペシャライズド正規販売店を通じてハンドルバーの無償交換を実施いたします。
<リコールの対象となるハンドルバーが標準装備されている2009年モデル>
日本展開のバイク
ROCKHOPPER COMP 29○2008年7月43(\160,000)
ROCKHOPPER ROCKHOPPER (SLX)○2008年10月43(\120,000)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/1/19  10:27

【重要】R-SYS前輪に関する安全対策通知  リコール
mavic r-sysのリコールのお知らせです。
詳しい事は店長までご連絡ください。今後の流れに付いてご説明させて頂きます。
ご迷惑お掛け致しますが、宜しくお願い致します。

メーカー文章

※このお知らせは、Mavic R-SYS前輪使用者を対象にしたものです。

顧客安全対策の一環の下、Mavicは本日、安全予防措置としてR-SYS前輪を自主的にリコールすることを発表いたします。
MavicはR-SYS前輪のチューブ式炭素スポークが、ある特殊な状況下で破損する可能性があると判断しました。これにより、使用者がバランスを失い転倒し、けがをする可能性があります。
Mavic R-SYS前輪の全てのモデルがリコールの対象になります。(R-SYS・R-SYS test・R-SYS Premium・R-SYSフロントスポークセット) これらの商品を別々にあるいは自転車のパーツとして購入した場合も全てが対象になります。ただちに使用を中止して下さい。

ご使用のお客様はただちにR-SYS前輪をMavicの正規取扱店に返却して下さい。その代品として、新しくグレードアップされたR-SYS 前輪が無料で提供されます。 代品の手配は2009年3月31日より、順次開始を予定しております。 またお客様が最終的な交換車輪を入手されるまでの間、 引き続き自転車を使用していただく為に、 Aksium車輪一セットをご用意致します。尚、最終的に交換車輪をお受けになった後もAskium車輪を返却する必要はございません。

リコールに関してのさらなるご質問があります場合は、Mavic正規取扱店にお問い合わせいただくか、以下のマヴィック・ヘルプライン国際フリーダイヤルにお問い合わせ下さい。またはマヴィック・ホームページをご覧下さい。www.mavic.com


国際フリーダイヤル 800 234 788 75

(日本時間9:00−17:00 ※土・日・祝を除く)
(※ご契約されている携帯・固定電話会社によりかけ方が異なります。つながらない場合がございましたら恐れ入りますが、ご契約先の電話会社にお問い合わせください。) 

Mavicはこのリコールによって生じたご迷惑に対し、深くお詫びを申し上げたいと思います。何卒ご理解の程、よろしくお願い致します。そして、これからも世界市場で更にグレードアップされた最高級の車輪を供給できるよう努力して参ります。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ