寝台特急北斗星乗車記  北海道

さて、管理人は野球を見に北海道へ行っていたのですが、関東までの移動手段として北斗星を使用しました。
その乗車記を公開しましたので、詳しくは続きを読むをご覧下さい。
まあ、予定の関係で列車が遅延して郡山までしか乗れなかったわけですが・・・。
17;12札幌〜8:05郡山(80分遅れ)
その後11時30分頃上野到着
8:19郡山〜10:00東京(新幹線やまびこ)

クリックすると元のサイズで表示します
さて、管理人は17時に札幌駅に到着。北海道の行き先の合間に見える上野の文字。なんだか新鮮だったり。
クリックすると元のサイズで表示します
北斗星は4番のりばに入線。札幌駅から宇都宮・大宮の文字がおどります。
入線は10分前でした。
クリックすると元のサイズで表示します
荷物を置いた後、撮影。函館まではDD51-1138号機と
クリックすると元のサイズで表示します
1142号機の重連で牽引しました。
クリックすると元のサイズで表示します
ふと反対側のホームを見ると721系と733系の並びが停車していました。
クリックすると元のサイズで表示します
こうして札幌駅には17時12分に発車しました。
クリックすると元のサイズで表示します
札幌駅を発車してすぐにテレビ塔が見えました。
そして車内放送を録音し、終わったぐらいに荷物整理をしていると気がつけば北広島駅を通過。ここでは先行の733系苫小牧行きを追い抜きました。
基本的に住宅街を走行するため、列車の本数も多く、北海道の近郊型の列車とのすれ違いが多かったですね。
クリックすると元のサイズで表示します
南千歳駅には17:45に到着。すぐにドアが締まりました。
クリックすると元のサイズで表示します
発車するとすぐに新千歳空港が見えたので流し撮り。
ここを発車したぐらいに暗くなり始め、真っ暗になった頃に苫小牧駅に到着しました。
クリックすると元のサイズで表示します
苫小牧は18:05に到着。
このあと登別にも停車したのですが、管理人は寝ていたので写真はなし。
クリックすると元のサイズで表示します
東室蘭には18:56に発車。キハ40が撮影できました。ここら辺になってくると見る列車もローカル色が漂う種別が多いですね。
クリックすると元のサイズで表示します
伊達紋別駅は19:15に停車。すぐに発車。
伊達紋別駅を発車後、気分転換にデッキへ。
クリックすると元のサイズで表示します
落ち着いたぐらいに洞爺駅に到着しました。
クリックすると元のサイズで表示します
洞爺では洞爺湖サミットがあったことで有名で、今もそのPRが残されていたりします。
クリックすると元のサイズで表示します
その後はすすきので買った牛丼につまみとお酒を飲みながら夜の流れる車窓を見物。これぞ旅の醍醐味ですね。長万部は30分ほど走行し到着しました。
クリックすると元のサイズで表示します
車窓も山あいになり、ゆっくりと走行。八雲には20;25頃発車しました。
クリックすると元のサイズで表示します
このあと森にも停車しましたが、写真はなし。
その後は函館山線と呼ばれる区間を走行。ひと駅ひと駅が秘境駅で北海道の美しい大地を見物することができました。
そして、1時間ほど走行した21:40。函館駅に無事到着しました。
クリックすると元のサイズで表示します
函館駅では機関車付替えのため8分停車します。
クリックすると元のサイズで表示します
また、駅のホーム上には函館本線の0キロポストがありました。
クリックすると元のサイズで表示します
夜の函館駅に停車するキハ40気動車。
クリックすると元のサイズで表示します
また、函館駅では北海道新幹線開業モードにつつまれていました。
クリックすると元のサイズで表示します
ようこそ!函館へ。の看板
クリックすると元のサイズで表示します
深夜の函館に停車する青い客車。うーん、なかなか旅の醍醐味を感じさせる1枚ですね。
クリックすると元のサイズで表示します
北斗星のマーク、拡大。
クリックすると元のサイズで表示します
続いて北斗星上野の幕
クリックすると元のサイズで表示します
そして函館から青森まではED79-20号機でした。
クリックすると元のサイズで表示します
函館を発車後はドアを開くのは仙台までしかないのでここでディナーへ
クリックすると元のサイズで表示します
北斗星パブタイムのメニュー。うーん、なかなか高いですね。
クリックすると元のサイズで表示します
そして値段の割に量は少なめ、なんだか食べた気が全然しなかったです。
これを食べているぐらいにお休み放送が流れ、車内は減灯しました・・・・
クリックすると元のサイズで表示します
食堂車全体の様子。日本全国で食堂車が乗れる夜行列車はカシオペアぐらいですね
クリックすると元のサイズで表示します
こちらはレストランの営業許可証
そして青函トンネルを超え、23時30分頃に青森県入りを果たしました!!
クリックすると元のサイズで表示します
青森市内の中心、青森駅。701系が留置されていました。
クリックすると元のサイズで表示します
青森駅駅名標
ここで機関車をEF510につけかえました。
そして、青森駅を発車後は青い森鉄道へ。
ここで管理人、眠気の限界が来たので就寝しましたz!!zzzzzz
クリックすると元のサイズで表示します
起きるとすぐに仙台駅に到着。
クリックすると元のサイズで表示します
青森からはEF510−512が牽引
クリックすると元のサイズで表示します
仙台駅駅名板
仙台駅を発車後、列車は一気に徐行。なぜか30分ほどおくれていました。どうやら前日宮城県内で大雨が降った影響で仙台地区の区間で徐行運転を行っている影響で遅れが発生しているようで・・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
ご覧のように仙台地区でもう空が明るくなってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
岩沼までは50分かかりました。通過ですが。
クリックすると元のサイズで表示します
そして槻木駅を通過後に加速し、気がつけば遅れは1時間に増えて福島駅に到着しました。
クリックすると元のサイズで表示します
福島駅には1時間10分遅れで到着。
クリックすると元のサイズで表示します
福島駅で見える上野の文字。これもすっかり過去の光景に・・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
そして福島駅を発車。駅近くで疎開されている211系
福島駅を発車後は朝食を食べるために並んでいてようやくあく!!と思ったら予定に間に合わない可能性が出ていたため郡山駅にて緊急途中下車・・・。
残念ながら上野までの乗車はできずかなり残念です。
クリックすると元のサイズで表示します
郡山駅を発車する北斗星。
いままで、お疲れ様でした。
クリックすると元のサイズで表示します
その後新幹線ホームへ移動。水戸黄門様が出迎えてくれます。
クリックすると元のサイズで表示します
というわけで郡山からは新幹線で都内へ移動
クリックすると元のサイズで表示します
宇都宮駅にて撮影した烏山線の気動車とEF65のならび。
こうして、10時に東京に到着したのでありました。

うーん、なんだかすごく最後のブルートレインの乗車だったためちゃんと最後まで乗車したかったので悔しいですが、仕方ないです・・・・。

とにかく、25年間、北斗星、お疲れ様でした。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ