群馬の東武&上毛信&鹿島臨海鉄道乗車遠征  関東

http://red.ap.teacup.com/noritetu/49.html#readmore
さて、この旅行の続きです。プランは
4:45八王子〜5:26高麗川
5:29高麗川〜6:46高崎
6:50高崎〜7:18伊勢崎
7:32伊勢崎〜8:18館林(特急りょうもう)
8:24館林〜8:47西小泉
9:19西小泉〜9:22東小泉
9:26東小泉〜10:04赤城
10:28赤城〜11:08中央前橋
11:33前橋〜11:53高崎
12:28高崎〜13:29下仁田
14:00下仁田〜15:01高崎
15:17高崎〜17:28横浜
17:39横浜〜20:28鹿島神宮
20:52鹿島神宮〜22:10水戸
22:12水戸〜22:30大甕
23:33大甕〜0:12高萩
です。
詳しくは続きを読むをご覧ください。


この日は2時間30分しかネットカフェしか滞在しないまま旅がスタート。朝食はソフトクリームサービスを3杯。おかげでキハ110は3分の1をトイレの中で過ごしました。
さて、車窓は特記することなく高崎へ到着。
クリックすると元のサイズで表示します
高麗川駅で 1枚。
その後両毛線で伊勢崎へ。伊勢崎からはりょうもうに乗り館林へ。車窓は田園風景ですね。さすが群馬県。といったところでしょうか??
クリックすると元のサイズで表示します
太田駅で一瞬撮影。太田〜浅草間のロングラン運用。ただ長いので乗っても退屈でしょうね。うん。
その後は西小泉、赤城と乗りこなし、上毛鉄道に乗車。車窓はしつこいようですが、田園風景です。強いて言うなら上毛鉄道の前橋付近と東武の東小泉〜西小泉間が町の車窓となっているところでしょうか??
ちなみに画像はカメラ故障のためほぼ撮影することができず、じゃあ乗った証拠がないやんと言われるとだまってしまうのですが・・
クリックすると元のサイズで表示します
とりあえず、西小泉駅で撮影したものを掲載しておきます。
その後は両毛線に乗って高崎へ戻り、上信電鉄に乗車。車窓は根小屋で新幹線の高架から離れ、西山名で田園風景になり、神農原駅で山が迫って下仁田へ。こんな感じでしたね。駅員は割と配置している駅が多かったのですが、中には待合室のおんどが熱くて、座ったら熱中症になりそう的な駅もあったりしました。
クリックすると元のサイズで表示します
乗ったのは メーテル号
クリックすると元のサイズで表示します
神農原駅からはご覧のような車窓に。
そこからは特別快速で横浜へ。とりあえず2時間退屈だったので貨物時刻表を見ながらすれ違う貨物の時刻を計算。しかし石灰石貨物を含む2本の貨物撮影に失敗し・・・
クリックすると元のサイズで表示します
撮影したのはこれだけ。5775レ。牽引はEF66-130でした。
その後は横須賀線・総武快速線が誇るロングラン運用。久里浜発鹿島神宮行きに乗車。この列車は佐倉まではエアポート成田と連結しています。まあ、詳しい乗車記は淀川日記のほうで掲載します。
クリックすると元のサイズで表示します
何にもないのも味気ないので、佐倉で撮影したものを1枚。
で、鹿島神宮〜水戸間は鹿島臨海鉄道に乗車。車窓はとりあえず真っ暗ですが、一面緑のような気がしました。
そして水戸駅で下車後、大甕・常陸多賀でメロディー収録をするもフルで鳴らず、収録は翌日に持ち越しとなりました。
クリックすると元のサイズで表示します
最後に鹿島神宮駅で撮影できた京成バスの写真を掲載しておきます。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ