羽越本線&弥彦線乗車記  信州

さて、プランは
6:40新大阪〜9:10東京(のぞみ)
9:24東京〜12:38新庄
12:42新庄〜15:22秋田
6:51秋田〜8:44酒田
8:54酒田〜11:01新潟(いなほ)
12:42新潟〜13:20吉田
13:38吉田〜13:45弥彦
弥彦(徒歩)吉田
15:33吉田〜15:54東三条
15:58東三条〜16:26長岡
16:32長岡〜18:32水上
18:37水上〜19:33新前橋
19:38新前橋〜21:11小山
21:47小山〜22:50池袋
です
詳しくは続きを読むをご覧ください

クリックすると元のサイズで表示します
新大阪〜東京間は初めてN700Aに乗車。
クリックすると元のサイズで表示します
東京駅に着くと、記者が多くいました。帰省ラッシュですからね。
クリックすると元のサイズで表示します
E2とMaxのならび
クリックすると元のサイズで表示します
この日は秋田新幹線が大雨の影響で運休のため、山形新幹線に乗車。車窓からは美しい景色を見ることができました。
クリックすると元のサイズで表示します
そして、新庄駅に到着
クリックすると元のサイズで表示します
新庄駅からは701系に乗車。
クリックすると元のサイズで表示します
そして秋田駅へ移動。秋田総合車両センターには、現在運転見合わせ中の秋田新幹線の車両が多数停車していました。
クリックすると元のサイズで表示します
そして秋田駅に到着。秋田新幹線の振り替え輸送方法が書いてあり、乗車券も払い戻しを行いました。
この日は秋田こまちスタジアムで野球を観戦した後、駅前のマンガ喫茶で1夜をすごしました。

クリックすると元のサイズで表示します
そして翌朝、キハ48を撮影
クリックすると元のサイズで表示します
上浜駅では583系の弘前聖愛高校の甲子園臨と遭遇。ちなみに幕は臨時でした。
クリックすると元のサイズで表示します
酒田駅到着前には高崎線の211系とも遭遇しました。
クリックすると元のサイズで表示します
酒田からは特急いなほに乗車。9月からは新型車両に代わります
クリックすると元のサイズで表示します
多分府屋駅あたりでこのような美しい車窓が。1回車窓レポをしたので、省略。
クリックすると元のサイズで表示します
そして、新潟に到着。
クリックすると元のサイズで表示します
新潟では1時間30分あったので市内散策。仙台行きのバスがあるのはびっくりしました。ちなみに、昼食は新潟名物イタリアンを食べたのですが、これがまた最高にまずかった・・・。スパゲッティ―のソースにやきそばのめん、まずいです。
クリックすると元のサイズで表示します
そして新潟駅に戻ってきました。写真は来年えちごときめき鉄道に譲渡される予定のE127
クリックすると元のサイズで表示します
湘南色の115系。新潟では2編成しかありません
クリックすると元のサイズで表示します
弥彦線色の115系とも遭遇
この後弥彦線に乗り弥彦駅へ。吉田駅まで1時間で行った後、乗り換えて弥彦へ。吉田駅を発車後に大きい山をみえたあとは特筆はなし。
そして、弥彦駅から猛暑の中徒歩で歩き吉田駅へ戻った後、115系で東三条駅へ向かいました。燕駅を発車後に田園風景から少し住宅が増えていきました。
クリックすると元のサイズで表示します
燕三条駅は新幹線の駅があるということもあり、弥彦線沿線では一番栄えている駅でホテルもありました
で、新潟県唯一の高架駅北三条駅を過ぎ、東三条駅に到着しました。
クリックすると元のサイズで表示します
東三条駅に到着した115系
クリックすると元のサイズで表示します
1日1本のみの長岡発村上行きも湘南色でした。
で、この後長岡へ。
長岡からはまたまた115系に乗車。長岡駅を発車後はのどかな田園風景を走行
クリックすると元のサイズで表示します
そして、小出あたりから山間の景色を走行。岩原スキー場前ではロッジがありました。さすが雪国新潟
クリックすると元のサイズで表示します
越後湯沢駅では8分停車時間があったので、撮影。まずは西日本の681系と
クリックすると元のサイズで表示します
北越急行所有の2000番台
クリックすると元のサイズで表示します
そして越後中里駅付近ではスキー場が。リフトがなりよりの証拠
クリックすると元のサイズで表示します
客車も停車していましたね。
この後、ループ線を見学。土合駅に着いた時はこうふんしましたねーーーー。
クリックすると元のサイズで表示します
そして、水上からは115系で新前橋へ。敷島〜渋川駅間の景色の変わりようはびっくりですね。で、新前橋からは両毛線経由で池袋へいき、1泊しました。
以上です最後までご覧いただきありがとうございました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ