2011/7/30

D51東北風味  鉄道模型
D51498が発売されたとき、迷った末に買うのをやめました。
煤けた旧型客車や黒貨車を牽かせたかったので
ピカピカの動態保存機ではちょっと違和感あるかなぁ
って思ったのでした。

動態保存機でない、素のD51が出るまで待とうかと思ったものの
先のC62でもバリエーション展開がまったく無いので
こちらも期待できそうにありません。

まぁどうせ詳しいことはよく知らないので
つや消しの黒に塗ってしまえばいいや、と再生産されたものを買ってきました。
ついでに東北っぽくイジってみることに。

東北のD51の特徴といえば

1、デフの点検穴
2、シンダエプロン
3、ギースル煙突
4、テンダーにのっかった重油タンク
5、シールドビームの副灯
6、回転火の粉止め

私はこのくらいしか思いつきませんが
1はキレイに開ける自信が無いのでパス、
2は銀河モデルのパーツがありますが、大きさが新D51に合うか
わからないのでこれもパス、
3はパーツも無いしやるにしても大変そうなのでパス
6は手持ちの皿型のパーツをあてがってみたところ
なんとなくイメージと違うのでパス

というわけで、重油タンクとシールドビームだけという
手を抜きまくりの小加工となりました。
でもテンダーは重油タンクを載せるので
かなりいじらねばなりませんでした。
製品を切ったり削ったりプラバン細工でそれらしく
でっち上げました。
クリックすると元のサイズで表示します
大体出来たところ

クリックすると元のサイズで表示します
こうして見ると石炭の粒が大きすぎますね

つや消し黒をエアブラシで吹いて、ナンバーを変えるだけで
見違えました。蒸機のウェザリングはどうも思ったようにできません。
ともかく、これで黒貨車をぞろぞろ牽かせて遊ぼうと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/7/24

発掘  鉄道模型
クリックすると元のサイズで表示します

近くにある模型屋さんに寄ったら
無造作に束ねられてショーケースの中にありました。
懐かしい茶色道床レールです。

全部ください!

って言いたかったのですが、さすがにそれはこらえて(笑)
直線レールを数本買ってきました。
いやぁ、この絶妙な茶色、やはり良いですね。
自分で調合してファイントラックを塗ってみたりするのですが
どうも良い色になりません。

昭和の鉄道模型を作るとか言う雑誌にも茶色いレールが付いてましたっけ。
生産終了後、トミーテックのサイト限定で茶色レールが販売されて
そのうちにと思っていたら終了してしまってました。
茶色レールがなくなるというのであわてて買いに走ったりしましたが
今になって新品で手に入るとは。
しかしこんなんでは商売大変だろうなぁ、と改めて思ってしまいます。
いち金欠モデラーからすると大変有難いのですけど。
0

2011/7/18

新型機導入  
PCを買い換えました。
もう1年以上前からいろいろ怪しくなっていたのですが
結構な確率で起動しない事が多くなり大事に至る前に
世代交代と相成りました。
今、通販で買える一番安いのを迷わず注文しました。
私の使い方ならこれで十分すぎるほどです。
長いことXPだったので、まだ慣れませんが
そのうち違和感なくなるでしょう。

とりあえず壁紙は変えてみました。
いつもはデフォルトで設定されているのをそのまま使うのですが
あまりにも好みでなかったので。
バックアップ用ハードディスクに入っていた画像を使ってみましたが
ちょっとうるさい感じです。
昔撮った写真でもスキャンしましょうかね。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/7/3

ブルトレ祭り  鉄道模型
ナハネフ22にダミーカプラーを付けました。
トミックスのカニ24付属のパーツと、鉄コレの
ダミー自連をゴム系接着剤でくっつけただけの
お手軽工作です。
なかなか引き締まって見えて満足しております。

クリックすると元のサイズで表示します

で、この工作のために資料を漁っていましたら
なんとなくスイッチが入り、手持ちの車両を引っ張り出して
遊んでおりました。
当然ながら「同じのばっかり何でそんなに持ってるの?」と
呆れられてしまいました
クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ