2018/2/25

Mカプラーをもう一度  鉄道模型
そんなにしょっちゅう中古車両を買うわけではないのですが
たいていの場合、カプラーが交換されています。

もちろん気持ちはわかります。
もっともお手軽なグレードアップですから。メーカーの指示どおりなら
車体に加工したりする必要もないし、ドライバーとピンセットがあれば
なんて事はありません。それでいて結構見栄えは良くなります。
私も一時期、片っ端から手持ちの車両をKATOカプラー化していた時期もあります。

ところで、自分がNゲージの何に惹かれたんだったかなぁと思い返してみるに
車輪やレールが実物と同じような形状をしているとか、室内や床下まで
作りこまれていたり、遠隔で走行をコントロールできたりということは
もちろんありますが、連結・開放が列車に触れず行えるという事が大きかった
ような気がします。
カトーカタログでケイディーカプラーを知って、いつか自分もこれを使って
大レイアウトを作るんだという気持ちでした。

残念ながら未だにその野望は果たせず、逆に世間では自動開放どころか
手で車両を掴んでカプラー同士を押し付け合わないと連結できないという
面倒極まりない連結器が一般的になってしまいました。
まぁ仕方の無い事なのだとは思います。機関車が牽引する客車列車や
貨物列車といったものが消えて行き、編成の組み替えを伴うような
入れ替え作業が身近なものでなくなってしまいましたから、
自動連結・開放というものに需要が無くなったんでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

そうしていつまでも自動開放とか言っているおっさんの心の拠り所、
トミックスのMカプラーも気が付いたらカタログでの扱いが
ずいぶん小さくなってしまいました。
悲しいことですが、そういう私もこれで遊び尽くしたかと聞かれれば
それほどでも、と答えるしかありません。
レイアウトに組み込もうと思っても、編成モノを入れ替えして遊ぶには
機回り線や引き上げ線が要るし結構なスペースをとります。
DD13あたりで小入れ替えするくらいが現実的でしょうか。

そこで、我が家のラックに設置してあるレイアウトには特に考えもなしに
アンカプラーレールが組み込んであるのですが、改めてこのギミックを
見直してみようと思いました。

ダイヤ運転とか考えるのは面倒なので(笑)
貨車をあっちこっちと移動させるだけなんですが、これが実は大変(^^;
開放してほしくない時に開放したり、その逆だったり。

クリックすると元のサイズで表示します

機関車も相手方の車両も、うまく作動するような組み合わせを
考えなければなりません。なんか本末転倒な気もしますが。
また、機関車が低速で安定して走るようクリーニングも怠れません。
ストレスなく遊ぶには、かなり調整が必要なようです。

しかし、ちょうど目の高さで機関車と貨車をあっちこっちと動かして
遊ぶのは思いのほか楽しいかもしれません。
最近毎晩、ちょっとだけ遊んでから寝る、ということが習慣になっています。

1

2018/2/17

まだまだ日本海  鉄道模型
クリックすると元のサイズで表示します

あまり深く考えずに買ったトミックスの日本海セット、買ったはいいものの
しばらくほったらかしになっていました。
どういうきっかけだか忘れてしまいましたが、実物の編成を調べてみたところ
金帯車とまぜこぜになって運用されている事がわかりました。

ネットで調べて出てきた画像を頭に入れて、近所の模型屋に行ってみたところ
お誂え向きに金帯のカニ・オハネ・オハネフがあったので購入。
これで大体それらしくなったのですが、アクセントに1両くらい
引き戸の車両が欲しいところ。
先日、出かけた折に某中古店で状態も悪くない北斗星増結用と思しき
旧製品のオハネフを見つけたので迷わず確保してきました。

特定編成を再現しようとか基本思わない、いや、例えば自分の乗車した列車を
再現してみたいと考えない事もないのですが、残念ながら私は編成記録どころか
自分の乗った車両の番号すら控えたりしないので、そんな事は考えるだけ
時間の無駄ですので徹頭徹尾それらしく、というスタンスでこの先も
やって行きたいと思います。

それにこの日本海セット、そもそもオハネ24はオハネ14で代用されているので
実車に忠実に、なんて思わせてくれないので最初から気持ちは楽です。

と、いうわけでようやくこの「日本海」セットはひと段落です。
その日の気分で組み替えて走らせて、結構楽しく遊んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/2/6

まずは冷静になって  鉄道模型
理由も無くED73が欲しくなったりしているわけですが、それと同時に
ED76をしまいっぱなしにしている事を思い出しました。
しまいっぱなし、と言っても割とすぐ手の届くところに置いてあって
ときどき引っ張り出しては眺めています。走らせてはいないけど。

お持ちの方はご存知でしょうが、トミックスのED76は中国製です。
中国製だからといって出来が悪いわけではありません。
ちゃんとED76に見えますし、走らせても静かでスムーズです。

しかし何かが気に入らないのです。
塗装はキレイだけど厚ぼったくてザラっとしている。
心なしかモールドも甘くて窓ガラスの嵌めあいなども良くない気がする。
外からは見えないのでどうでもいい事なんですが、動力のダイキャストに
手作業で削ったような追加工のような跡がある、など。
要するに仕上げが粗い気がするのです。

それでも結構走らせて遊んでいたのですが、ウェザリングがどうも
しっくりこなくて、だんだんと出番が少なくなってしまいました。
しかしオークションで売り飛ばしてしまうほど気に入らないわけでもなく
手放してKATOのを買いなおす、というほどこだわっているわけでもありません。
ずっと何となくこの模型のことが気にかかっていて、この機会に
お色直しをすることにしました。

やりすぎたな、と思っていたウェザリングは綿棒と薄め液で
ざっくり落としました。九州の車両は蒸気機関車の時代から
手入れが行き届いていてキレイなのが多いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

しかしこれでもまだ汚れすぎな気も・・・
それと、ここでやっと碍子に色を入れました。
これでだいぶメリハリが付いたような気がします。
別に大した作業でもないのですが、最近塗料を使うのが億劫で・・・
寒い所為もあるのですが、なかなかまとまった時間も取れませんし。

というわけで、先の記事に書いた、持て余している
24系銀帯車を牽かせて遊んでいます。25型100番台がよく似合います。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/2/3

結末や如何に?  鉄道模型
先日、カトーのカタログを手に入れました。

これまた3年ぶりに買ったのですが、カトーが力を入れている
ラインナップと、私の嗜好とはほぼ合致しないという事実が明らかになりました。
当面、私のフトコロは穏やかと思われますが、それはそれでつまらないという・・・

まぁそれは置いておいて、とりあえず端からもういちど眺めてみます。
そうしたら、今までまったく関心が無かった車両が妙に気にかかりはじめました。
買おうかずっと迷っているED70、の下に載っているED73。
小さい頃、図鑑で見て、子供心にも到底格好良いとは思えませんでした。
短い車体に鳩胸スタイル。改めてみてみると何というか存在感はありますね。

でもこれ買ってもなぁ。
九州の車両にこれといって思い入れもないし。
だいぶ以前、思い立って九州に行って、783系に乗ったこと、鹿児島駅で
ED76を初めて見たこと、確か有田駅でDE10の入れ替えを眺めた事、くらいしか
記憶はありません。カメラも持っていなかったので写真もないし。

ED73を買っても牽かせるものは貨物列車か14系寝台車くらいでしょうか。
そもそもED76は持っているのですが、これもほぼ走らせていない。
結局持て余すのは目に見えているんですが、どうしようかな。
模型屋のポイントを少しあるのでこれに使ってもいいかな。
在庫を調べたらまだあるようです。売り切れたら諦めようかな。

でも売り切れたらやっぱり欲しくなって結局オークションに
手を出してしまいそうな予感。
もうすこし時間をかけて考えてみることにしましょう。
こうやって迷っているときが結構楽しいんですけどね。

1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ