2018/5/18

185系への道のり  鉄道模型
185系が欲しくて、ずっと探していました。
踊り子ではなく、リレー号です。緑色の帯のやつ。

カトーのは中古でも割と出ていました。
トレインマーク変換装置はあるし、特急マークは別パーツだし
ちゃんと通風口がふさがっている前面を造り分けていて、とても惹かれます。
しかし、ヘッドライト周りの造作がどうにも気に入りません。
その点、トミックスのお顔の表情は良いと思いました。
しかし、かなり品薄です。ヤフオクでもまあまあ金額が上がってしまう。

そんな折、友人がマイクロエースの出物を見つけてくれました。
前面は三社の中で一番似ている、という人もいます。
動力がサロに仕込まれているのが気に入らない向きも多いようですが
そんなことは一向にかまいません。むしろ模型らしくていいじゃないか、
たとえ音が五月蝿くても、ダーッと調子よく走ってくれればいいんだし。
そういう考えで手に入れました。2000円ちょいの破格の安さだったと思います。

そうして手許にやってきたのですが、マイクロエースの売りの塗装が良くない。
印刷自体は綺麗なのですが、肝心の前面、ヘッドライトと緑色の帯がずれていて
とても格好が悪い。
結局たいして走らせることもなく、物置の奥に押し込んでしまいました。

それがかれこれ十数年前のこと、そして去年、トミックス製品を
ようやく手に入れました。
色差しありで、さほどお買い得とはいえない値段でしたが、30年前の製品が
そこそこ綺麗な状態で手に入ったので満足でした。
動力も、問題なさそうでしたが、一応、ギヤに絡まったホコリをとって
モーターに注油をしました。スプリングウォームですが意外に音は静かで、
そしてパワフルに調子よく走ります。

車体の出来はといえば、前面窓枠や特急マークに色が入っていなかったり
前面と側面で帯がきれいにつながっていなかったり、やはり一昔前の製品
という印象。とは言っても、必要充分というか特段不満の無いレベル。
塗装がざらっとしていて厚い様子なので、現代の印刷を施せばまだまだ
イケるんじゃないかな、などと模型を眺めながらつらつら考えました。

クリックすると元のサイズで表示します

そうしたら、ここにきて、トミックスから踊り子製品化決定のアナウンス。

まさかいまさら昔の金型で出さないとは思いますが・・・
尤も、381系などもしぶとくほぼ昔のままで売り続けているので
油断はできません。
しかし、いまさら、なのかようやく、なのかわかりませんが、
久しぶりの登場です。さほど再生産にも恵まれず、気が付いたら
カタログ落ちしていましたし。

今回のは斜めストライプの踊り子だし、強化スカートではあるし、
興味をそそられる仕様ではないんですが、でもかなり気になります。
むしろ昔の金型だったら買ってしまうかも(笑)

1

2018/5/12

もうED75は買わない  鉄道模型
先日、ED75のナンバープレートの記事を書きました。
で、もう一両分のナンバーを活用するため、ED75をもう一両
手配する事をその時からずっと考えていました。

しかしトミックスの1000番台前期型は既に店頭にはなく、中古でも
なかなか見つかりません。なんでこんなに品薄なんだろう・・・?

そういえばカトーも1000番台出したんだっけ、と思い出しました。
私自身、実は1000番台にはさほど強い関心はないのです(^^;
カトーのは慌てなくても新品でも中古でも手に入りそう。
トミックスベースで1両作ったので、もう1両はカトーベースでもいいかな。
行きつけのお店に車両本体と700番台スカートASSYがあれば話が早いし。

そう思って、お店に行ったのですが、両方とも在庫ありませんでした。

無いものは仕方ありません、通販かヤフオクを活用しましょう。
ちょうどヤフオクでトミックス製が出品されているのを見つけたので、
これを落札しました。
カトーにするかだいぶ悩んだんですが、手持ちの700番台を見ていると
窓が大きめでちょっとお顔の印象が違うのです。まぁ、無難にトミックスにしましょう。
トミーテックの通販で700番台スカートもオーダーし、連休明けに無事到着。

早速スカートを交換し、ナンバーを入れて完成。

クリックすると元のサイズで表示します

これでED75はカトー、トミックス新旧とりまぜて17両になりました。
さすがにもういいかな、という気がしだしました。
コレクターではないので、市販品すべて手に入れているとかいう訳では
ないのですが、なんでこんなに集めちゃったのか(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

300番台が気にならない事もないし、多分無いと思いますが500番台が
出てしまったら買ってしまうかも知れないし、どうせなら20両の大台を
目指すべきか、とも思うのですが。

これで、さしあったって欲しいと思うものは手に入れてしまいました。
各社新製品情報を見ても、これは買わねば!というものはありません。
それはそれでさみしい気もしますが、集めるばかりが趣味ではないですからね。

1

2018/5/6

初心はどこへやら?  鉄道模型
鉄道ピクトリアル・アーカイブスの国鉄蒸気機関車、タンク機
という本を買ってきました。

ふらっと立ち寄った書店で見かけて、あ、これ俺が買う本だ、
と内容もよく確認しないでレジに持っていきました。

こんな本読んで、模型のC11が欲しくなったら困るな、なんて
思っていたのですが、案じた事は杞憂に終わって、C11ではなく
C10が欲しくなったり、河合商会のB6の存在を思い出して久しぶりに
走らせて見たり、今のところ無駄遣いではない、健全(?)な方向に
この本の影響が出ています(笑)

C11はトラムウェイのを持っていまして、残念ながら走行がいまいち
安定しない、というか、R216が通過できないのと、ポイント上でエンコ
してしまうので、普通に我が家のレイアウトを一周できる個体が欲しいな、
と思っているのです。
そう思っているのですが、カトーのC12を走らせていると、外観も走行性能も
素晴らしく、これ1両あれば充分だな、と満足してしまっていて・・・

クリックすると元のサイズで表示します

C12発売時のキャッチコピーに、レイアウトが作りたくなる
よく走る機関車を作りました、というフレーズがあったと思います。
小さなレイアウト、確かに作りたくなるのですが、小さすぎると
走らせる車両が限られてしまって、物足りなくなってしまうんです。

私自身、Nゲージを再会したとき、蒸気機関車を走らせる小さいレイアウトを
作って遊ぶ程度のつもりでした。よもや特急電車やブルトレの入ったブックケースが
積み上がっているこんな状況は想像していませんでした。

どこで道を間違えてしまったのか、と自問自答することしきりです

ちなみに、河合商会のB6、2両あるうち1両は動かなくなってしまっていました。残念(;_;)
1

2018/5/3

ED71を眺める  鉄道模型
ED71が好きです。実車にはまったく縁がありませんでしたが。
マイクロエースがばんばん新製品を出していた頃、ED71を出してくれました。
もちろん買ったんですが、どうも気に入らなくて手放してしまいました。

いつかカトーかトミックスから出て欲しいな、とずっと思っていました。
でもバリエーション展開が期待できないので、トミックスは無さそう。
ED73やED70を出してくれたカトーなら、と淡い期待を抱いて幾星霜・・・(大げさ)

そうして、ついに出してくれました。

早いうちに予約していたのですが、気が付いたら発売になっていて、
あわてて引き取りに行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

どこから見てもED71です(当たり前)。とても素晴らしい。
いや、模型を買ってはきたものの、こんな顔だっけ?と思うことがままあるのですが
これはもう、私のED71のイメージと相違するところがまったくありません。
毎日飽きずに眺めています。

どこがどう良いのかよくわからないのですが、大型一灯ヘッドライトと
ヒサシつき平面2枚窓と貫通扉の小窓の組み合わせが自分にとっての
萌えポイントなのだろうか、などと思ったりします。
そういえばNゲージを再開して最初に買った機関車はED61だったような。

で、並べてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

構成要素がほぼ同一の3形式。
でもみんな別の顔になっています。ヒサシの丸み、ワイパーの取り付け方
手すりの位置や有無、前面の傾斜などで結構表情が変わるものです。
メーカーも発売時期も違うので、もしかしたら実車とはかけはなれている
のかも知れませんけど。

クリックすると元のサイズで表示します

こうなるとだいぶ違うものになってます。
おおまかなところではヒサシが無いというだけな気がするんですが。
更にDF50ではトミックスとカトーで全く表情が違います。
トミックスのは初期型がプロトタイプ、と言われているので
そういう目で見れば問題は無いです。

クリックすると元のサイズで表示します

番外編。
ただ並べてみたかっただけです(笑)

テーブルの上に模型を置いて眺めていたら、カミさんが
屋根上の高圧配線の表現に感心していました。
そして、ひとこと。

実物はこんなにキレイじゃないよね。

そこを指摘するとは、さすがは我が妻、と言うべきでしょうか(笑)
まぁ良く出来ているとは言え、最低限の色差しはしたいな、と思うので
そのときに軽くウェザリングもしましょうか。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ