2018/10/21

こんどはキハ58で悩む  鉄道模型
急行、非冷房、長編成と3拍子揃うとロマンを感じますね(?)
ただし模型に限ります。
別料金払って冷房も無いボックスシートに座らされるなんて
今となっては思いもよらない事です。

トミックスのキハ57の台車を振り替えて、キハ58の非冷房車を作りました。
台車を換えただけなので、作る、というほどのレベルではないですけど。
最新製品はどうだかわかりませんがこの以前のキハ57、細かく突き詰めると
いろいろと辻褄が合わないところがありまして、今ならエラーだリコールだと
大騒ぎになってしまうかもしれません。

私はキハ58にはそこまで強いこだわりも思い入れもないので、それでも
別段不都合は無いのですが、それより問題なのは非冷房のキハ28が無い事。
それは程なくして一応は解決しました。
トミックスさん、まさかの冷房準備車を発売してくれたので。

喜んで予約して手に入れたのですが、売れ行きは良くなかったんでしょうか、
在庫処分で投売りされているのを見かけたことがありますし、いつしか
カタログ落ちしてそれきりになってしまってます。

さて非冷房のキハ28は手に入ったものの、これはパノラミックウィンドウ
のタイプでして、これはこれで良いのですが、平窓のタイプも欲しい。
しかしトミックスが出しそうな気配はまるでありません。

そうこうしているうちに、キハ58をフルリニューアルしたKATOが急行
いいで・ざおうを発表してきました。これはちょっと意外でした。
KATOって東北方面にはあまり興味がないような印象があったもので。

それはさておき、一瞬「おおっ!」と腰を浮かせかかけたものの、
セットのみで単品発売はない模様。
最近の傾向ですと、ASSYはかなり割高ですし、しかしセットは7両で
2万円超え。そこまで出す気にはなれないかな・・・

そこで考えを新たにして、キハ58とキハ28の冷房車を何両か手に入れ、
手持ちの非冷房車と組み合わせて1980年代の東北急行を最小限の投資で
再現することにしました。
で、この際、KATOの新キハ58を買ってみようかな、と。

ずっと気にはなっていたものの、他の系列と連結するにはカプラーを別売品に
交換しなくちゃいけないとか、スノープロウも付いていなかったりと
なんだか色々と面倒くさそうで・・・、まぁそんなことはどうにでもなる事です。
キハ58とキハ28を1両くらいづつ買おうと思ったところが、キハ58T車のみ
異常に品薄であることがわかりました。なんじゃそりゃ
キハ28だけ買っても(個人的には)あまり意味はないし。
あれやこれや妄想していたことがすっかりおじゃんです。せっかく
気分が盛り上がってきたのに・・・

クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/10/8

50系客車と悩ましい日々  鉄道模型
違うメーカーの車両を混結すると、違和感を覚えることがあります。

カトーとトミックスのどちらがいいか、とかいう不毛な話ではなく
同じメーカーの同じ車両でもロットで色調が変わったりしますし、
車体の成型プラや室内パーツの色、サッシの銀色の光沢の具合だったり…。
話がそれますが、カトーの客車セットではベンチレータが別パーツなのと
そうでないのが混ざっていたりして、そもそもメーカーが気にしていないのか
世間はそういう仕様の差異には無関心なのか、自分が気にしすぎなのか??

細かい事は気にしない派なのですが、50系客車に関しては気になりました。

カトーのベンチレーターに色差しをして、少しは立体感が出たような気がしました。
去年の記事です。

だいぶ間が空きましたが、こんどはトミックス。
車体表記もなにもない赤一色の車体。さすがに寂しいので、買ってまもなく
市販のインレタで表記類はいれてありました。

カトーと混結するようになって、ドアレールの印刷が無いのが
物足りなく感じるようになりました。なにかないかと調べたところ
レボリューションファクトリーに各種ドアレールインレタを発見。
50系用、と銘打ってあるものが見当たらなかったので40系気動車用を
転写してみました。

クリックすると元のサイズで表示します

光沢が強いので、カトーのとはまた印象が違うのですが、
だいぶメリハリが付いて来ました。とても格好良くなった気がします。

クリックすると元のサイズで表示します

ようやく目が慣れてきたのか、色調の違いも気にならなくなってきました。
というわけで楽しく走らせています。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ