2007/11/3 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
夕方の16時すぎだというのにベストシーズンの湯布院は観光客で渋滞していました。

金鱗湖の撮影スポットも順番待ちですー。

それでも紅葉を求めて。。。
クリックすると元のサイズで表示します
湯の岳庵辺りへと行ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します
まだまだですね。。。
クリックすると元のサイズで表示します
天井桟敷さんの階段を上って。。。
クリックすると元のサイズで表示します
緑と赤のコントラストが綺麗でした♪
クリックすると元のサイズで表示します
鯉がいっぱいいるお店を覘いたりして。
クリックすると元のサイズで表示します
わぁ〜、いつ見ても、いっぱいいますねー!


さて、夕食は予約している佐土野屋へと。
クリックすると元のサイズで表示します
18時の予約でしたが30分早く着きました(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
豊後牛バラ肉はニラと一緒に。
クリックすると元のサイズで表示します
地鶏と肝、砂ずり、うずらはセリと一緒に炭火で焼きます。

お昼ご飯を食べたのが遅かったのですが、しっかり食べましたよ〜。

ではでは、保養所にチェックインしてまたお風呂に入り、お部屋でビールなどでお疲れ会をしてぐっすり休みました。

2007/11/3 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
山香温泉風の郷は源泉掛け流しで、いいお湯らしいとの情報で寄ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します
情緒のある廊下を通って。。。
クリックすると元のサイズで表示します
さぁ、美人のゆに入りましょうか♪

入浴料400円で、露天風呂や桶風呂(源泉掛け流し)などがあり、それぞれ温泉の析出物がくっついていて、天然のお湯なんだなぁ〜と納得します。


ではでは、お昼ご飯に参りましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
大分県杵築市大字守江4775-9にある魚市魚座にて。
 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
新鮮なお魚さんたちがいっぱい、旬の牡蠣も。

13時頃に着いたのですが、満席で先客2組の次ということで店内のお土産を物色しながら約30分待ち、2階の食堂へ。
クリックすると元のサイズで表示します
私のチョイスは魚市御膳(タコ飯)、1700円なり〜。

ボリュームがあってもったいないけどご飯を残しました。
クリックすると元のサイズで表示します
こちらは海鮮丼1500円。とっても美味しかったそう。
クリックすると元のサイズで表示します
お店からは守江湾が一望できますー。牡蠣の養殖が盛んみたいです。並んだサザエが可愛い♪
クリックすると元のサイズで表示します
オートキャンプ場もあるみたい。

さて、そろそろ湯布院散策へと参りましょう。

2007/11/3 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
豊後高田市田染の田原山(鋸山)山麓にある熊野磨崖仏、口元に笑みをうかべているような不動明王像
クリックすると元のサイズで表示します
そして凛々しいお顔立ちの大日如来像

この像の前に立ったときは、やれやれ、やっと来たという思いでしかなかったです。
クリックすると元のサイズで表示します
ここまで上ってくるのが本当に大変でしたー。
クリックすると元のサイズで表示します
ここまでは普通の石段でした、それでもきつかったけど。
クリックすると元のサイズで表示します
問題はここからです。この鳥居をくぐってから!
クリックすると元のサイズで表示します
この気が遠くなりそうな乱積みされた石段!

これは「鬼の石段」といって鬼が一夜にして積み上げたという伝説が残る自然石を乱積みした石段です。

99段あるというが、こんなに大小バラバラな石、バラバラな築き方で、いったいどんな計算なんだか(苦笑)
クリックすると元のサイズで表示します
杖と手摺りに頼らなければ到底上り下りはできません。

2〜3日後は絶対筋肉痛に悩まされるって思う。
クリックすると元のサイズで表示します
それでも更に上にある神社まで行ってきましたよ。

さぁ、疲れを癒しに温泉へと参りましょうか。。。

2007/11/3 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
まず最初に訪れたのは富貴寺です。10時到着。
 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
山門脇の仁王像が石造りというのが珍しい気がした。
クリックすると元のサイズで表示します
富貴寺大堂中尊寺金色堂平等院鳳凰堂と並ぶ日本三阿弥陀堂の一つで、境内に大銀杏の木があり、紅葉が素晴らしいとのことでしたが、ちょっと早かったですね。
クリックすると元のサイズで表示します
カヤの木の素木造りで、九州最古の木造建築物として国宝に指定されています。

大堂の中には榧(かや)材寄木造りの阿弥陀如来坐像、そして壁画が一面に描かれていて、彩色が剥落しているものの、その昔はさぞかし立派だったのだろうと想像できる。
クリックすると元のサイズで表示します
境内には鎌倉時代の笠塔婆や
クリックすると元のサイズで表示します
室町時代の国東塔などがあり、かつての富貴寺の繁栄ぶりを偲ぶことができます。
クリックすると元のサイズで表示します
おばあちゃんからカボスを買いましたー。

そして菱の実で作られた珍しい御守を買って。。。

2007/11/3 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
湯布院に来ています、ただ今の時刻は16時20分。

とっても爽やかないい天気ですー。



今朝といえるかどうか、夜中の2時にFさん宅集合、高速に乗り、八幡浜フェリー乗り場へは5時過ぎに到着。

途中、石鎚山サービスエリアで休憩したのですが、6時20分発別府行きのフェリー乗船まで車内でしばし時間待ち。

今回のメンバーは、お茶のお稽古でいつのお世話になっているFさんご夫婦と娘さんお二人、先生(のんの様)、ぶっちゃんママ、私と娘の合計8人。

気の合う人達と車内でもワイワイガヤガヤ賑やかに楽しく旅をしてきました。

別府港着9時、さぁ、初秋1泊2日のプチ旅行はまず最初に国東半島へ。




AutoPage最新お知らせ