2007/12/11 | 投稿者: 讃岐おばさん

今日のランチは打ち合わせを兼ねて、映画「世界の中心で、愛をさけぶ」の舞台となった高松市庵治町まで行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
アキ(長澤まさみ)やサク(森山未來)らが通う高校の校長先生の葬儀が行われたシーンの場所あじみなと番所
さんです。
クリックすると元のサイズで表示します
ここは、築150年以上の釜場を改築して風情あふれる趣のある「いろりの間」の食堂です。

真ん中に大きな鍋がありますが、これは鯛鍋用で、要予約8人くらいがちょうどいいそう。

3年くらい前にお茶仲間の忘年会で鯛鍋をいただきましたが、天然の大きな鯛を使った鍋、インパクトがあって美味しかったし、盛り上がりましたね。
クリックすると元のサイズで表示します
本日は、穴子ちらし寿司と、
クリックすると元のサイズで表示します
祭りうどんのセットをいただきました♪

ちょっとブレてるけど(笑)、穴子は絶品!
独特のダシはイリコや鰹ブシを使ってなくて、庵治のお魚を焼いて煮込んだダシです。
クリックすると元のサイズで表示します
目の前の港には仕事を終えた漁船が泊まって、とっても絵になります。写真、写せばよかった。。。




AutoPage最新お知らせ