2007/12/23 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
枕流亭から見ることのできる、このモミジだけは毎年12月過ぎても紅葉が楽しめるという。今日もまだ綺麗でした。
クリックすると元のサイズで表示します
蓮池、枯れていても絵になります。
クリックすると元のサイズで表示します
花が咲く頃に来なくちゃねっ!
クリックすると元のサイズで表示します
群鴨池を見渡せる瞰鴨閣。
クリックすると元のサイズで表示します
花しょうぶ園、ここも咲く頃に(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
北梅林、梅の蕾がふくらんで、うっすら赤く。
クリックすると元のサイズで表示します
ほらっ、ほのかに赤い蕾
クリックすると元のサイズで表示します
商工奨励館の前にて、約30分の散策終了なり〜。

公園の梅を使った梅酒も買って。

園内、三分の一くらいの散策でしたが、知らなかった場所がいっぱいあり大変勉強になりました。
クリックすると元のサイズで表示します
おまけ、これは何の実でしょう?ボランテァガイドさんが拾ってくれた実。羽子板の羽に使われていて、更に果皮には多量のせっけん成分が含まれている実、さて分かりますか?

2007/12/23 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
国の特別名勝に指定されている庭園の中で最大の広さを持つ栗林公園、もと動物園だった駐車場から近い東門。
クリックすると元のサイズで表示します
松の緑濃い紫雲山を背景に6つの池と13の築山を巧みに配した江戸時代初期の回遊式大名庭園です。
クリックすると元のサイズで表示します
よく手入れされた松並木。雨上がりでしっとりと。
クリックすると元のサイズで表示します
さねかずら(美男葛)がびっしりと巻きついた皐月亭。かって樹皮や枝を水に漬けたり煮て出てくる粘液を整髪料に使ったことからビンツケカズラともいう。
クリックすると元のサイズで表示します
シジミがいっぱい育っているという小川を濡れないように渡って。
クリックすると元のサイズで表示します
しっとりと静かな西湖を望んで。
クリックすると元のサイズで表示します
平賀源内がオリーブの木と間違えて持って帰ったといわれるホルトの木、オリーブの実に似ている実が。

私は山桃の木と間違いました(笑)つづく

2007/12/23 | 投稿者: 讃岐おばさん

栗林公園のイベント、お正月飾りのワークショップと栗林公園散策に参加してきました。

私は「和の寄せ植え飾りコース」に参加、他には「フラワーアレンジメントコース」があり、そちらも素敵でした。
クリックすると元のサイズで表示します
材料 カラタチバナ(百両)、白龍、フキタンポポ、信楽焼鉢
用土 硬質赤玉土、化粧砂(富士砂)

まず最初に管理方法の説明を受け、育てる場所や水やり、肥料、薬剤散布の注意などを丁寧に教えてもらいました。
 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
百両の苗木の上の土を少しほぐして、信楽焼鉢の正面を決め、苗を置いてみてから仕上げにかかります。
クリックすると元のサイズで表示します
じゃ〜ん!出来上がり!
クリックすると元のサイズで表示します
我が家の玄関前にて。

フキタンポポが咲き出したら、すっごくいい感じになると思います、自己満足なり〜。
クリックすると元のサイズで表示します
隣のフラワーアレンジメント、先生の作品。
こちらもお正月らしい素敵なアレンジメントでした。

出来上がった作品を置いて、雨上がりの栗林公園散策にも参加しました。

今まで数え切れないくらい栗林公園へは来ているのですが、案内をしてもらうのは初めて。




AutoPage最新お知らせ