2009/8/31 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
日曜日に届いたレンズsmc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR(フード付)を使って練習をしてみた。

クリックすると元のサイズで表示します
海を写しに行きたいなぁ〜


おまけ、smc PENTAX-DA 50-200mmF4-5.6ED WR(フード付)に交換して、写しました。
クリックすると元のサイズで表示します
よく見たら、肉まんみたいなお月さま(笑)

2009/8/30 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
お昼前に選挙へ行って、松山に行ってる間に鳥取から届いた20世紀梨を少し実家へおすそ分けに寄りました車

梨もいろんな品種がありますが、私は昔からあるこの梨が大好きなんです。

で、実家へ行く途中、高松市御厩町500−1マサラ・インド料理店にてランチ
クリックすると元のサイズで表示します
久しぶり〜
クリックすると元のサイズで表示します
チキンカレーとポークカレー、タンドリーチキンがセットになって1250円なり〜

大きなナンがほんのり甘くて、中辛のカレーによく合います。

美味しかった、ご馳走さま〜

2009/8/29 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
沖縄から来られた観光客にまぎれて、戸無門をくぐります。

昔から門扉がないので戸無門と呼ばれ、鏡柱にも扉を取り付けた痕跡がないそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
築城の際、正木城から移建されたと伝えられる松山城最大の門、筒井門。
クリックすると元のサイズで表示します
松山市内が一望できます。木陰でちょっと休憩
クリックすると元のサイズで表示します
南北2つの峰を埋め立てて本丸の敷地を作った際、谷底にあった泉を井戸として残したといい伝えられていて、井戸の直径2m深さ44.2mで当時の技術では、通常、掘ることができない深さだそう。
クリックすると元のサイズで表示します
本丸広場には「はかま姿」の女性や「書生風」の男性がいて、一緒に写真を撮ってもらえます。

街角案内人と呼ばれ、松山市内でも見かけました。
クリックすると元のサイズで表示します
築城開始者加藤嘉明公をモチーフにした「よしあき君」が本丸広場でお出迎えです。

ではでは、大天守と小天守へ登りましょう
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
大天守から見た本丸広場。
クリックすると元のサイズで表示します
海も見えて、風が爽やかで気持ちが良い〜
クリックすると元のサイズで表示します
廊下で互いに結ばれている小天守が見えます。

そろそろホテルに帰らないと
クリックすると元のサイズで表示します
その前にとっても暑いので、宇治金時を食べなくちゃ
クリックすると元のサイズで表示します
お店にはこんなポスターがありました、坂の上の雲ブームになりそうですね。

タクシーでホテルに戻って昼食を食べ、場所を移動して13時30分からの同業他社間同士の研修会へと。

公的年金問題や遺産相続など、実例を挙げながらの研修はあっという間に16時が来ました。

温泉へも行きたかったのですが、遅くなったので寄らずに帰ってきました、お疲れさま〜

2009/8/29 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
今朝の松山市内はとっても暑そう〜

ホテルの6階から遠くの山がよく見えます。
クリックすると元のサイズで表示します
7時からの朝食はバイキング

11時30分の昼食時間まで自由時間が出来たので、同僚のHさんと一緒に松山城へ行く事に。

早速、タクシーにて松山城ロープウェイ乗り場へと。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
入口には、ぼっちゃん達が勢ぞろいです(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
ロープウェイとリフトのどちらにも乗れます、お城の入場料も一緒で往復1000円なり〜
クリックすると元のサイズで表示します
秋山好古、真之兄弟と正岡子規の物語が始まります。

とっても暑い
クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりの松山城です。

2009/8/28 | 投稿者: 讃岐おばさん

事務所へ12時前にBさんが迎えに来てくれて、途中で3人拾い、5人で高松西インターから松山へ向かって出発

石鎚山SAには13時20分過ぎ到着。

ここで高知から2名、徳島から2名、明日の研修会に参加の方と合流。
クリックすると元のサイズで表示します
早速、皆でレストラン「CHITOSE」にて人気メニューの宇和島鯛めし定食(1000円)をいただきました。

ではでは、砥部に向かって走ります
クリックすると元のサイズで表示します
15時10分過ぎに、愛媛県伊予郡砥部町五本松82番地砥部町陶芸創作館へ到着。

ここは町営なのでお安く絵付けができるそう。
クリックすると元のサイズで表示します
とっても親切に教えてもらえます。
クリックすると元のサイズで表示します
さてさて、どんな器に描こうかな?

私はイラストブックを見て、ススキとお月見を描きました。
クリックすると元のサイズで表示します
う〜〜ん、絵筆を持ったのも久しぶり、いまいちかも

2〜3週間後に出来上がった作品を配送してもらえます。

さてさて、仕上がりはどんな感じになるかな?

絵付けが終わったら、ちょっと辺りを散策。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
江戸末期に使用されていたという窯跡。
クリックすると元のサイズで表示します
塀の砥部焼きも素敵です。
クリックすると元のサイズで表示します
こんな路地にも砥部焼きが使われていました。

で、今夜泊まるホテルには17時40分過ぎに到着。
クリックすると元のサイズで表示します
19時からの懇親会まで、お部屋で休憩なり〜




AutoPage最新お知らせ