2010/1/22 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
14時30分、予定通り、信貴山 朝護孫子寺へ到着。

遷都1300年祭で、信貴山が白虎(中国の伝説上の神獣で、東西南北の守護のうち西方を守護する神獣)の位置づけとされたそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
ではでは、お参りいたしましょう
クリックすると元のサイズで表示します
石段があってきついですよって言われていたのですが、金比羅さんの石段に比べると大丈夫
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
巨大な張り子の寅、世界一福寅。
クリックすると元のサイズで表示します
あんなところに本堂が見えます
クリックすると元のサイズで表示します
参道沿いの奥に古そうな寅の親子トラトラ
クリックすると元のサイズで表示します
本坊、建物入口には張り子の寅が置かれています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
本堂へ上がる石段。
クリックすると元のサイズで表示します
本堂には毘沙門天王を祀っていて、七福神のなかでも、商売繁盛、金運如意、開運招福、心願成就の得を最も厚く授けてくださる福の神だそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
こんなところに百足の彫刻、左右にありました。
クリックすると元のサイズで表示します
本堂は舞台造りとなっており、大和平野が一望でき、霞んでいますが素晴らしい眺めです。
クリックすると元のサイズで表示します
世界一福寅も見えてま〜す

ではでは、ここでお守りを買って、下ります
クリックすると元のサイズで表示します
かやの木稲荷、樹齢1500年の榧の木だそう。
クリックすると元のサイズで表示します
馬に乗る聖徳太子の像。

まだまだ見るところはたくさんありましたが、15時30分、そろそろ帰ります〜


クリックすると元のサイズで表示します
17時過ぎに淡路SAにて夕食用にパンとホットココアを買って、一路讃岐へと

我が家へ帰ったのは19時20分でした、お疲れさま〜

2010/1/22 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
12時12分、ドライブイン関を通過

バスガイドさんが「関西と関東、どこで別れるのか?」って問題を出されて分らなかったのですが、ここ、関だそう。

関から西を関西、東を関東、なるほどね〜〜〜
クリックすると元のサイズで表示します
12時35分、上野ドライブインに到着。
クリックすると元のサイズで表示します
さすが忍者のふるさとですね〜
クリックすると元のサイズで表示します
あっちにも忍者君が
クリックすると元のサイズで表示します
ランチは伊賀牛のすき焼きかと思ったら、沸いたらトロロをかけて食べるそう。

う〜〜ん、まろやかな味になりました、ご馳走様ゴメン

ここで、くのさんに教えてもらったモクモクファームのウィンナーなどを買って、いよいよ最後の訪問先、信貴山 朝護孫子寺へと

2010/1/22 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
8時からの朝食、しっかり歩いたのでたいへん美味しくいただいて、9時から内宮の正式参拝に出発

正式参拝なので、男性は背広にネクタイもしくは礼服、女性はできるだけ礼装に近いものを。

バスは約1分で、内宮に到着。
クリックすると元のサイズで表示します
手水舎にて、手を洗い、口をすすいで。
クリックすると元のサイズで表示します
お神楽奉納の予定もありますが、先に正宮参拝です
クリックすると元のサイズで表示します
薄暗いときに歩きましたね
クリックすると元のサイズで表示します
ここから先は撮影禁止です。

2列に並んで、左脇から正面の白い幕の内側に入り、皆さんと一緒にお祓いを受けました。
クリックすると元のサイズで表示します
参拝が終わり、お正月用の臨時の通路を下っていると、右側に正宮の式年遷宮御敷地が見えます。
クリックすると元のサイズで表示します
平成25年から20年間は正宮がこちらに。
クリックすると元のサイズで表示します
ではでは神楽殿のほうへ参りましょう
クリックすると元のサイズで表示します
神楽殿では、お祓いが行われ、雅楽が奏でられる中、御神札と神饌が供えられます。次に祝詞(願い事)が御神前に奏上され、続いて綺麗な巫女さんにより典雅な舞(神楽・舞楽)が捧げられます。そして、再び雅楽が奏でられる中、お供えが下げられて、終了いたします。

神楽殿に着いて出るまでに、順番待ちの時間を入れて約1時間かかりました

それにしても巫女さんの優雅な舞い、そして面をつけた舞人の踊りと装束、さすが、素晴らしかったです拍手

撮影禁止だったのが残念
クリックすると元のサイズで表示します
あら、鶏さん、朝お会いしましたね〜
クリックすると元のサイズで表示します
ではでは、宇治橋を渡って
クリックすると元のサイズで表示します
朝来た時はよく見えなかった五十鈴川、綺麗な流れ〜
クリックすると元のサイズで表示します
川上からの流木から橋下駄を守るという柱もよく分ります。
クリックすると元のサイズで表示します
集合時間までにちょっと時間があったのでおかげ横丁を歩いてみました

静かだった朝の風景とは大違い、活気がありますね〜


次は昼食場所の上野ドライブインへ

2010/1/22 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
6時30分に宿舎のロビーに集合、早朝参拝をしながら係りの女性に案内をしていただきました。

伊勢神宮は、社殿を造り替える20年に一度の大祭、「第62回式年遷宮」を平成25年に迎えるそうで、平成17年から第62回式年遷宮の諸祭・行事が進行中とのこと。

内宮へは宿舎から歩いて3分
クリックすると元のサイズで表示します
夜明け前の神宮内は空気が凛として、こころが洗われるようでした。
クリックすると元のサイズで表示します
手水舎での作法、まず柄杓に水を汲んで左右の手を洗います。次に左の掌に水を受けて口をすすぎます。

神社に参拝する時に、手を洗い、口をすすぐのは、川や海の中に入って禊(みそぎ)をし、心身を清めていた行事を簡略化したものだそう、なるほど、ですね。
クリックすると元のサイズで表示します
五十鈴川沿いにある滝祭神はお水の神様を祀っています。
クリックすると元のサイズで表示します
第二鳥居が見えてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
神楽殿を通り過ぎると、忌火屋殿(いみびやでん)があり、切妻造の二重板葺のこの建物では、神さまにお供えする神饌(しんせん)が調理されます。
クリックすると元のサイズで表示します
こちらは鮑を調理するところ。
クリックすると元のサイズで表示します
7時6分、いよいよ正宮参拝です。ここから先は撮影禁止。

垂仁天皇26年にご鎮座されてから、2000年。4重の御垣に囲まれた一番奥にあるご正殿に、天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)がお鎮まりになられています。
クリックすると元のサイズで表示します
参拝を終えたところの左側には平成25年に正宮となる御敷地があります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは御稲御倉(みしねのみくら)、穀物倉庫だったかな?
クリックすると元のサイズで表示します
荒祭宮(あらまつりのみや)、ご祭神は、天照坐皇大御神の荒御魂で、格別に顕著なご神威をあらわされる御魂のおはたらきを、「荒御魂」として祀られているそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
こちらは左側に式年遷宮の御敷地が用意されています。
クリックすると元のサイズで表示します
賑やかに出迎えてくれた鶏さん達、おはよう〜
クリックすると元のサイズで表示します
五十鈴川に架かる宇治橋(日常の世界から神聖な世界へのかけ橋)を渡って、宿舎へ戻りましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
川上に立っている、これは何でしょう?

洪水などが起きて川に流木が流れてきた時に、これに当たれば流木が縦に流れるようになり、宇治橋を傷つけないように考えられたものだそう。素晴らしい先人の知恵ですね。
クリックすると元のサイズで表示します
7時40分、参拝される方もちらほら見かけるようになり、ようやく明るくなってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
おかげ横丁を通って宿舎へと




AutoPage最新お知らせ