2011/3/27 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
今日のお稽古は流し点て、主客が真正面から向き合うのは流し点てのみだそう。

客の真向かいに座って点前を行う亭主が、親しい方を一人か二人程度の客を呼び、和やかに語り合いながら茶を点て、主客とともにくつろいで楽しむお点前ですね。
クリックすると元のサイズで表示します
いつもの夢果房 たからさんのお菓子、私は吉野桜(上用製 さくらあん・花入り)、う〜〜ん、いとうまし〜
クリックすると元のサイズで表示します
チビッコちゃんは宴(うたげ 練りきり製・こしあん)、お薄に氷を入れて冷ましていただいてます。 
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
拝見をして、お稽古が終りました。

さぁ、お食事タイムです。
クリックすると元のサイズで表示します
今日も沢山いただきご馳走さま〜ゴメン

そして、すっかり恒例となったぶっちゃんママのケーキ。
クリックすると元のサイズで表示します
ヨーグルトケーキと、
クリックすると元のサイズで表示します
スコーン、いつもありがとうございます。

Fさん宅に高松三越で開かれている黄金の世界展の招待状があるからと、16時前から皆で行って来ました。

豪華絢爛、太閤秀吉の黄金の茶室や假屋崎省吾さんデザインの純金の牡丹も見ましたよ〜

で、ここでお薄をいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します
18Kの抹茶碗、お値段なんと3,885,000円なり〜
クリックすると元のサイズで表示します
大変美味しゅうございました〜

会場の隣で蘭展も開かれていて、素晴らしい蘭の数々、こちらのほうが良かったなぁ〜




AutoPage最新お知らせ