2011/11/8 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
台北に戻って、今回二回目の鼎泰豊にて小籠包を

20時頃にもなると流石に15分くらいの順番待ちでした
クリックすると元のサイズで表示します
で、これ、ほうれん草だったかなぁ〜?
クリックすると元のサイズで表示します
炒飯は豚肉入りにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
小籠包2籠と、
クリックすると元のサイズで表示します
蟹味噌入り小籠包1籠。

今日も美味しかったです、ご馳走様〜


そして永康街をぶらぶら、圓融坊さんでお買い物をして、
クリックすると元のサイズで表示します
皆さんに葱抓餅を食べていただきましょう
クリックすると元のサイズで表示します
卵を入れてもらって2個、お店の横でハフハフと

う〜〜ん、いとうまし〜〜


ではではタクシーにてホテルに帰って就寝

2011/11/8 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
赤崁樓のすぐ近くにある冬瓜茶で有名なお店、義豐阿川冬瓜茶で美味しい冬瓜茶を買いましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します
いつもは大行列だそうですが、平日でしたから。。。
クリックすると元のサイズで表示します
そして、これも近くにある大天后宮で、海の守護神かつ万能の女神とされる媽祖(天上聖母)を祀った台湾最古の媽祖廟。

次に、私がどうしても見たかった台湾で一番美しい「一」の字があるというお寺へ。
クリックすると元のサイズで表示します
台南天壇、俗に「天后廟」と呼ばれていて、祭られているのは天国の統治者玉皇大帝だそう。
クリックすると元のサイズで表示します
「一」の字の周りに注釈が書かれているそうで、これは府城の三大名扁のひとつなり〜

15時30分、神農街に着きました。
クリックすると元のサイズで表示します
青木由香さんの「好好台湾」にも載っていますね。
クリックすると元のサイズで表示します
ライトアップされたら、とってもお洒落な通りになるそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
プルメリアの花が咲いていました
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
窓から覗くと仏像を彫られていました写す許可をもらいました
クリックすると元のサイズで表示します
で、このお店で娘のお土産を買いましたとさ。

気に入ってもらったようで何よりでした
クリックすると元のサイズで表示します

ではでは神農街を抜けて、
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

車に乗って学生さんたちが沢山利用している喫茶店へ。
クリックすると元のサイズで表示します
16時50分、美味しいコーヒーを飲んだら新幹線台南駅まで送ってもらいます。
クリックすると元のサイズで表示します
17時49分発の新幹線で台北へと。

T嬢と彼氏さん、大変お世話になりありがとうございました。

2011/11/8 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
14時15分、台南で最も有名な古蹟、赤崁樓(チーカンロウ)に着きました。
クリックすると元のサイズで表示します
鄭成功に降伏するオランダ人の銅像。

鄭成功は、日本の平戸で父鄭芝龍と日本人の母田川松の間に生まれ、幼名を福松(ふくまつ)と言い、幼い頃は平戸で過ごすが、7歳のときに父の故郷福建につれてこられたそう。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
亀さんが大きな石碑を背負っています。
クリックすると元のサイズで表示します
赤嵌楼はオランダ人によって1653年に築城された旧跡で、人為的な破壊、風雨による侵食、地震による被害を受けて周囲の城壁を残すまでに荒廃し、海神廟は1875年に建築されたそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
同じく1886年に建築された文昌閣。
クリックすると元のサイズで表示します
伝統的な「歇山重簷式」という屋根の先は、生き生きと水の中を踊る鯉の造型で飾られています。
クリックすると元のサイズで表示します
海神廟の2階からの景色、入場門が見えます。
クリックすると元のサイズで表示します
窓飾りから文昌閣をカショリ
クリックすると元のサイズで表示します
この枠に入って写真を撮ると素敵なんですよ
クリックすると元のサイズで表示します
竹を模した桟が付けられた窓枠。
クリックすると元のサイズで表示します
オランダ人が赤崁樓を建てたときに掘った井戸で、伝説では底に安平古堡に通じる通路があり、オランダ人の緊急避難用だったと言われているそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
この石馬は、もとは鄭成功の墓前を守っていたそうで、鄭成功の墓が福建省に移された後に他の人が埋葬され、その墓を守ることを拒み、夜になると付近の田んぼを踏み潰すという災いを起こすようになり、怒った農民に脚を鋸で切られてしまい今の姿になったそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
今はもう奥に通り抜けることができない、オランダ統治時代の古い入り口。
クリックすると元のサイズで表示します
文昌閣(左)と海神廟(右)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
14時50分、見学終了

2011/11/8 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
1867年に建てられた徳記洋行の建物、洋行とは外国の貿易商社の事だそう。

東興洋行・和記洋行・恰記洋行・唻記洋行・徳記洋行が「五大洋行」と呼ばれ、現在は徳記洋行の建物が保存されているそうです。

その隣に徳記洋行の倉庫も現存していて、こちらは「安平樹屋」と呼ばれています。
クリックすると元のサイズで表示します
倉庫にあるガジュマルの樹齢は100年近く、樹の根っ子はごく自然に破損された屋根の上から下の方へ伸びて「樹は塀を幹とし、屋根は木の葉を瓦とする」特殊景観が形成され、樹屋と名付けられたそう。
クリックすると元のサイズで表示します
こちらも遠足の子供達が居て賑やかでした。
クリックすると元のサイズで表示します
足踏みの水車がありました。
クリックすると元のサイズで表示します
堤に上ると川がよく見えます。
クリックすると元のサイズで表示します
気持ちの良い風が通り抜けます〜
クリックすると元のサイズで表示します
安平古堡の展望台が見えてきました。

ではでは美味しいデザートを食べに行きますよ〜
クリックすると元のサイズで表示します
台湾一美味しい豆花があるという同記安平豆花です。
クリックすると元のサイズで表示します
うわぁ、美味しそう〜〜〜
クリックすると元のサイズで表示します
タピオカ、小豆などトッピングが選べます。
クリックすると元のサイズで表示します
私は緑豆をチョイスしましたが、ちょっと食べさせてもらったタピオカがもっと美味しかった。

今度台南へ来たらタピオカをチョイスしませう
クリックすると元のサイズで表示します
とっても美味しかったです、ご馳走様〜

次に私のリクエストで、
クリックすると元のサイズで表示します
東金金東蝦餅を買いに、エビの味が濃厚でサクサクッとしてとっても美味しいんです。
クリックすると元のサイズで表示します
残念、試食が無いんですって
クリックすると元のサイズで表示します
2004年に10袋、買ったことがあります。
クリックすると元のサイズで表示します
2袋、大切に手荷物で持って帰りましたが、もう、残り僅かになってしまいました
クリックすると元のサイズで表示します
お店の前にはこんな公園が出来ていました。

2011/11/8 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
安平古堡からぶらぶら歩いてお昼を食べに。
クリックすると元のサイズで表示します
こんな脇道も覗いてみたくなります。
クリックすると元のサイズで表示します
で、今日のお昼はここ、陳家蚵捲です。
クリックすると元のサイズで表示します
蚵捲(カキの巻き揚げ)と牡蠣のスープ、野菜は何だったかなぁ?

先に注文して席に着き、番号を呼ばれたら料理を自分で取りに行くシステムらしいのですが、すべてT嬢と彼氏がやってくれましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します
サクサク衣の牡蠣揚げ。

T嬢に、平日に来てくれて良かったって言われましたが、人気店でいつも混んでるそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
甘めのタレで食べる台湾版牡蠣オムレツ。
クリックすると元のサイズで表示します
完食しました、ご馳走様でした〜

ちょっと散策しましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
いろんなお店を覗くのは楽しい
クリックすると元のサイズで表示します
これ、中が空洞のお菓子です。
クリックすると元のサイズで表示します
ここは安平で一番老舗の果物のシロップ漬けの有名なお店、2004年に来た時に梅のシロップ漬けを買ったなぁ〜
クリックすると元のサイズで表示します
こんな屋台村みたいなお店もありました。
クリックすると元のサイズで表示します
愛文ドライマンゴーの試食、美味しかった〜

脇道を入って、
クリックすると元のサイズで表示します
昔の建物が残っている地区を散策します。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
珊瑚が埋め込まれています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
井戸を使った花壇かな?

迷路みたいに入り組んだ所の見学、面白かったです。




AutoPage最新お知らせ