2012/2/9 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
15時10分、蟻の巣のように地下へと伸びる巨大地下都市カイマクルは地下8階の深さで約1万5千人の人が地下で生活できたそうです。

イスラム教徒からの迫害を逃れてキリスト教徒たちは地下へと身を隠し、生活空間や立派な教会も造られたそう。

現在見学できるのは地下4階まで、でした。

海ちゃんが指差しているのは???
クリックすると元のサイズで表示します
こんな地下に猫ちゃんが居ましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します
左の丸い石を扉のように右に動かして、外部からの侵入を防いだそう。
クリックすると元のサイズで表示します
じゃがんだり中腰でないと進めません。
クリックすると元のサイズで表示します
居室や台所、穀物の貯蔵庫、ワインを作る穴、換気口などを見学しました。

玉木宏の世界海峡イスタンブールでも、人間が執念で削った場所、ここを訪れていましたね。

16時50分過ぎ、
クリックすると元のサイズで表示します
陶器の工房へと
クリックすると元のサイズで表示します
蹴ロクロにて実演、さて何を作るのでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します
5分後、見事に砂糖壷を作りました拍手

で、工房の見学です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
そしてギャラリーでお土産の品定め


最後に、18時からはじまる旋廻舞踊を見学に。
円筒形のツバのない帽子は墓石を表し、踊る前に着ている黒いマントは“墓”や“死”を意味し、マントを脱ぎ捨てることで、死の束縛からの脱却・解放を表現しているとのこと。
右手を天に、左手を地に向けているのは、右手で神の恵みを受けとり、左手でその恵みを人々に与えることを意味しています。
そして、くるくると旋回するのは、神からのギフトが、世界のあらゆる所に行き渡るようにする為なのだとか。
繰り返し旋回することによって無我の境地に入り、神との一体化を求めます。
ラウンドスカートのような白い衣装の裾は、宇宙の広がりを表現しています。


ショーが終っても声を出したり拍手をしてもいけません。

本当のショーの時は撮影禁止で、終った後に二人のセマーゼン(踊り手)が出て撮影用に踊ってくれます。
クリックすると元のサイズで表示します
胸の上で両腕をクロスさせながら歩きます。
クリックすると元のサイズで表示します
ゆっくりと胸や顔をなでるようにしながら両腕を上に、右手の平を上向き、左手の平は下に向けて旋回を繰り返します。
クリックすると元のサイズで表示します
くるくる、ぐるぐる回ります。
クリックすると元のサイズで表示します
19時13分、最後に黒いマントを着てショーが終わりました。


ホテルに戻って夕食、そして明日の準備をして就寝

2012/2/9 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
13時過ぎ、ラクダ岩です。
クリックすると元のサイズで表示します
エリンギ岩?シメジ岩かな?
クリックすると元のサイズで表示します
三姉妹の岩。

そろそろお昼ですがその前に、鳩の谷(ピジョンバレー)が見えているうちに写真を撮りましょうと海ちゃんが。
クリックすると元のサイズで表示します
トルコの目玉のお守りが沢山ぶら下がったビューポイントには沢山の鳩さんが
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
鳩のために岩をくりぬいた巣をたくさん作り、肥料として鳩の糞を使うそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
一体何羽の鳩が居るのでしょう?
クリックすると元のサイズで表示します
トルコの目玉のお守りナザールボンジュ

ガラスで出来ていて、これが割れたときは、自分の身に降りかかろうとしていた厄災を、ナザールボンジュが変わりに引き受けてくれたのだそうです。
トルコの一般家庭の玄関ドアや車などに必ずといっていいほどぶらさげてある、ポピュラーなお守り兼アクセサリーです。

クリックすると元のサイズで表示します
鳩さん、お邪魔しました。

で、14時になりました。
クリックすると元のサイズで表示します
窓から鳩の谷が見えるレストラン。
クリックすると元のサイズで表示します
トルコで初めて、ビールをいただきま〜す。
クリックすると元のサイズで表示します
スープ。
クリックすると元のサイズで表示します
トルコ風ニニョッキ。
クリックすると元のサイズで表示します
煮込み料理だそう。
クリックすると元のサイズで表示します
デザート。

ここでも海ちゃんの読みが正解でした。

食事中に鳩の谷は霧で見えなくなってしまいました。

ではでは、次はカイマクル地下都市へ

2012/2/9 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
雪が止んでキノコ岩が見えてきました。

12時25分、カッパドキアを代表するキノコ岩が連なるゼルベの谷の観光です。
クリックすると元のサイズで表示します
大きさが分かるでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します
3個のキノコ、面白いです。
クリックすると元のサイズで表示します
ここでは伸びるアイスを売っていました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
台湾の野柳で見た女王の首みたい。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
素晴らしいキノコ岩ばかりでした。

12時57分、駐車場に戻ると、
クリックすると元のサイズで表示します
道路にたくさんのスズメが集まっていましたよ

2012/2/9 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
10時過ぎ、ギョレメ野外博物館に来ました。

ローマ帝国の迫害を逃れたキリスト教徒が隠れ住んだ場所だそうで、中のフレスコ画は雨風から守られていたためとても保存状態がよく美しいです。

撮影禁止なのが残念。
クリックすると元のサイズで表示します
団体ツアー客は5分間ごとに入れ替えで入場します。

入口の側にリンゴの木があったことが名前の由来の「リンゴの教会」や岩窟教会に入ってすぐにヘビの絵が描かれている「ヘビの教会」などを見学。
クリックすると元のサイズで表示します
あの坂、何人も滑っていました
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ここは入場料とは別料金が必要な「闇の教会」、中のフレスコ画は大変保存状態が良く素晴らしいそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ワンコがいましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します
11時10分、ワンちゃん、元気でね〜

2012/2/9 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

詳しくはデジブックで。

着陸はなんと、ちゃんと代車の上に。
クリックすると元のサイズで表示します
ゴンドラ、乗り降りが大変でした。
クリックすると元のサイズで表示します
嬉しい、シャンパンでお祝いですカクテル
クリックすると元のサイズで表示します
証明書ももらえます。
クリックすると元のサイズで表示します
8時17分、スタッフの皆さん、お疲れさまでした。

ホテルへ戻って朝食、そして観光に出かけます。




AutoPage最新お知らせ