2016/10/30 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
6:50出航のフェリーにて、夫、娘と3人で小豆島へ行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
フェリー内にて朝うどん。

池田港に到着なり〜
クリックすると元のサイズで表示します
小豆島には仕事で来ている娘が運転します。
クリックすると元のサイズで表示します
8:29、一番見たかった大部に着きました。
クリックすると元のサイズで表示します
作品111「国境を越えて」

世界の国数である196名の子供は、それぞれ自分の故郷の方角に向いて立っています。

砂と泥でできた子供は太陽や雨、風にさらされ浸食されて土になっていきます。

お墓の如く、最終的には石膏で作られたバラと自分の国がかいてあるプレートしか残りません。

それでも子供たちは母である海に戻っていくのだそう。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
作品112 「小豆島の木」
クリックすると元のサイズで表示します
真っ暗な倉庫の中に大きな木の根っ子がありました。
クリックすると元のサイズで表示します
暗い倉庫は土の中をイメージして、土の中で木が根を広げていく勢いを感じた作品でした。

肥土山農村歌舞伎舞台。
クリックすると元のサイズで表示します
作品a@「わらアート」
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
続きは4トラベルに。




AutoPage最新お知らせ