2019/10/31 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
瀬戸芸も11月4日(月)で最後、今日は午後から友人と一緒に屋島にある四国村へ行ってきました。

入り口を入るとかずら橋があります。
クリックすると元のサイズで表示します
作品、大きなボトルに入った旅行鞄かな?

ミニかずら橋、結構スリルがありますよ。

次に、小豆島農村歌舞伎舞台です。
クリックすると元のサイズで表示します
2016年3月に、ぶっちゃんママと一緒に来た時以来です。
クリックすると元のサイズで表示します
あの時はお雛様が沢山飾られていました。
クリックすると元のサイズで表示します
歌舞伎も見に来たいですね。

次に移動して。
クリックすると元のサイズで表示します
A1「ビリーカーターの記憶」
クリックすると元のサイズで表示します
「A2与えられた椅子」

茶堂「遊庵」地蔵菩薩。
クリックすると元のサイズで表示します
茶堂の地蔵菩薩。瀬戸内寂聴尼によって開眼され、堂は「遊庵」と命名されました。

この堂の柱や天井板に四国霊場をめぐった遍路たちが書きのこしたとおもわれる落書があります。

続きは4トラベルにて。

今日の夕暮れは三日月と木星がスッキリ見えてうっとりでした。
クリックすると元のサイズで表示します
17:34、雲ひとつないすっきりした夕焼け。
クリックすると元のサイズで表示します
地球照が見える三日月と木星です。
タグ: 香川 屋島 四国村




AutoPage最新お知らせ