2020/3/8 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
月に一度のお茶のお稽古、今日は「流し点」です。
クリックすると元のサイズで表示します
「流し点」は、特殊点前の一つで、侘びた趣のある点前で、季節を問わず炉の時期にも風炉の時期にも行なわれる点前です。

炉の場合、炉正面に居前を決め、水指は炉の右側に置き、棗と茶碗を普通点前の時に棗と茶碗を置く場所に斜めに流した形に置き合わせます。

本日のお菓子は菜の花と蝶々です。
クリックすると元のサイズで表示します
粒餡が入っていてとてもお茶に合いました。
クリックすると元のサイズで表示します
客の真向かいに座って点前を行う亭主が、親しい方を一人か二人程度、客を呼び、和やかに語り合いながら茶を点て、主客とともにくつろいで楽しむ点前です。
クリックすると元のサイズで表示します
お父さんと一緒に来られた中学生の娘さんが初めてのお稽古です。
クリックすると元のサイズで表示します
袱紗捌きを個人レッスン、初々しくて良いですね。


で、お稽古の後は、皆さんで賑やかにお昼を頂きます。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

食後のデザート、生徒さんの差し入れで夢果房 たからのいちご大福とコーヒーを。
クリックすると元のサイズで表示します
大きなイチゴが入っています。
クリックすると元のサイズで表示します
とっても美味しかったです、ご馳走様でした。




AutoPage最新お知らせ