2021/7/3 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
娘の送り迎えでレクザムホールにて、13時からのコーラスへ。

17時前に終わって、お迎えが来る間にお隣の県立ミュージアムでの特別展を覘いてきました。

「空間に生きる画家「猪熊弦一郎」ー民主主義の生活空間と造形の試み」、まず最初にお馴染みだった三越の包装が置かれていましたよ。

作品1,三越包装紙≪華ひらく≫ 1950年クリスマス用、51年中元より常用だそう。

此処だけは撮影OKでした。

今はもう使われてないですが、とても親しみのある包装紙でしたね。

もうすこしゆっくり観覧したかったけど、意外に早くお迎えが来たので中断して帰りました。

スーパーで買い物をして帰宅すると、黄桃が届いていました。
クリックすると元のサイズで表示します
娘の友人のお父さんが作られていて、有難い事に毎年頂いています。

甘くてとっても美味しかったです、ご馳走様でした。




AutoPage最新お知らせ