瀬戸芸@小豆島

2013/10/31 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
小豆島に着くと、オリーブをモチーフにした太陽の贈り物と、
クリックすると元のサイズで表示します
可愛いブイブイ人形がお出迎えしてくれますよ。

昨日は小豆島に上陸したものの、乗り継ぎで豊島ー犬島と渡ったので、小豆島の作品を見ることができなくて。

6島周遊乗船2日券を買っていたので、やっぱり小豆島へ。
クリックすると元のサイズで表示します
小豆島1日フリー乗車券(1500円)を買って、最初に肥土山(ひとやま)地区へ行き、武蔵野美術大学わらアートチームの巨大オブジェ2点を見ました。
クリックすると元のサイズで表示します
近くで見るととっても迫力がありますよ。

そして肥土山農村歌舞伎舞台を。
クリックすると元のサイズで表示します
国重要有形民族文化財指定だけあって素晴らしいです。

次は、中山地区へと。

7月に高松市内で開催されたアート・オブ・台湾トークイベントで台湾出身の現代アーティスト王文志氏のお話を聞いて、ぜひ作品を見たいと思っていました。
クリックすると元のサイズで表示します
私はパスポートを買ってないので入場料300円なり〜
クリックすると元のサイズで表示します
竹で編みこまれた通路を通って中へと。

ここは撮影可なんです、嬉しかった〜
クリックすると元のサイズで表示します
中は結構広い空間です。
クリックすると元のサイズで表示します
寛いでいますね。

ここを訪れた人たちは皆さんが絶賛していましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します
窓(?)からは棚田が。

見上げると、
クリックすると元のサイズで表示します
丸い天井に大きな穴が開いて陽が差し込み、右下に陽の光が不思議な感じです。
クリックすると元のサイズで表示します
夜のライトアップは更に素敵なんだそう。
クリックすると元のサイズで表示します
棚田とよく調和して素晴らしい作品でした。

続きは4トラベルにて。。。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ